美少女ゲーム > Yatagarasu > 闇夜に踊れ −Witch wishes to commit the Night−

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ストーリー
—序章
其れは『力』であり、ただ存在する……。
其れは偶発的なモノであり、善も悪も無い、ただ『力』としてのみ存在する。

世界は『力』と『力』による循環により、安定している。
故に『魔女』と『魔法使い』は戦い続けている……。
彼らは戦う事により、『力』を循環させ、お互いを傷つけ合う事でしか解りあえる術を知らない。

人々が暮す世界とは隔離された時間の狭間にて、長い時を過ごし、戦う彼ら……。
他に方法など考えられようも無いほどに長い永遠の時を刻んでいた……。

■登場キャラクター
●刻路望 (CV:古河徹人)& 刻路希(CV:鈴音華月)
普通の生活を送ってきた、冴えない浪人生。
両親や家族はおらず、辛い幼少時代の過去を持っている。
田舎育ちで、やっと都会暮らしにも慣れてきたところに
『魔女』と『魔法使い』の戦いに巻き込まれ、非日常の生活に足を踏み入れる。
人柄的には、好んで前に出るような事はせず、割と控えめなタイプ。
押しに弱く、ついつい流されてしまう傾向にある。
基本的には幼い頃に習った特殊な格闘技をベースに戦う。
能力は構造変化、『力』を様々な事に使える。
プレイヤーの育て方次第で『力』を様々なスキルとして扱えるようになる。
※主人公は男性(刻路望)と女性(刻路希)から選択できます。

●関津綾華 (CV:藤森ゆき奈)
『魔女』と共に『来訪堂』で生活をしている女の子。
過去に家族を目の前で殺害されるという過去を持ち、『敵』に対して、大きな憎しみを持っている。
明るく、思いやりのある『来訪堂』におけるムードメーカーであるが、
反面、寂しがり屋で、1人でいる時は気分が沈みやすい。
空間を操る『力』を持ち、重力を弾丸にし、銃で撃ち出す。
遠距離攻撃を得意としている。

●木島野倖子 (CV:宮沢ゆあな)
『来訪堂』を溜り場としている、超豪邸に住むお嬢様。
過去に友人を『力』の所為で失っている過去を持ち、『魔女』の協力者の1人。
思っている事をハッキリと言い、自分に正直だが、若干、空気を読むのが苦手なのか失言も多い。
思ったら、どこまでも突っ走れる真直ぐな性格でもある。
物を堅くする『力』を持ち、リボンを剣や鞭のようにして戦う。
近接から中距離をカバーしながら戦える。

●六堂翠 (CV:杉原茉莉)
『来訪堂』に長く住んでいる女の子。
古くから『魔女』の協力者として続く旧家の娘で、修行の一環として『魔女』に協力している。
厳格な口調で話し、堅物な人物である。
性根は優しく、とても乙女だが、自らに似合っていないと思っている為に、
そういった面を表に出すのは恥ずかしいと思っている。
代々続く剣術家の娘で剣の腕前は天才的、近接攻撃では『力』を使わずとも『敵』を粉砕する。
『力』は治癒で、仲間達の支援役でもある。

●城月ハクア (CV:上田朱音)
『来訪堂』の店主にして、世界の均衡を保つ管理者である『魔女』。
『魔法使い』と長い年月戦い続けている。
明るく、細かい事を気にしない、さっぱりとした性格で、口調は軽く、どこか真剣味に欠ける時がある。
実際何を考えているのか良く解らない、謎多き人物である。
『力』を操る事が出来る。
『力』をエネルギーに変え、放つ。
遠距離から近距離まで万能にこなす。

●アンジェラ (CV:滝沢アツヤ)
『魔女』の良き理解者であるが、その行動には謎が多い人物。
外見的には非常に見目麗しい美女であるが、その実は男である。
普段は冗談めかしたオネェ言葉で話す。
特殊な格闘技術を持ち『力』を使わずに『敵』を倒すことが出来る。
『力』を持たず、格闘技術だけで戦う。
気功により、回復や支援も行える。

●成蘭殿葵 (CV:秋野花)
物静かで感情があまり表に出すことの無い女の子。
遥か昔、『魔女』と『魔法使い』が作り出した『人形』。
永い眠りについていたが、ある日、目覚める。
性格の全く違う双子の妹がいる。
凍結の『力』を持ち、氷の壁を作り出したり、氷の弾を射出したり出来る。

●成蘭殿愛 (CV:水純なな歩)
怖いくらいに無邪気な女の子。
遥か昔、『魔女』と『魔法使い』が作り出した『人形』。
永い眠りについていたが、ある日『魔法使い』によって目覚めさせられる。
性格の全く違う双子の姉がいる。
燃焼の『力』を持ち、どんなモノでも焼き尽くす。
炎の壁や火の玉を放つ。

●碓田統吾 (CV:風見トーリ)
偶発的に『力』を身につけ、『力』を行使する事を楽しんでいる狂人。
数年前から世間を賑わしている『惨殺魔』とよばれる殺人犯の正体である。
自意識過剰で自分の都合の良い物事の考え方しか出来ず、
自らを『ヒーロー』と呼称し、大きな自信を持っている。
具現化と怪力の『力』を持ち、巨大な剣を具現化して戦う。
その剣の大きさは周囲をなぎ払っていくが、その切れ味はとても鋭利。

●シルヴィオラ・パーピュア (CV:柚木サチ)
オリエンタルな魅力を醸し出す少女。
碓田統吾に付き従う少女、理由は不明だが、彼女にとって統吾の存在だけが唯一無二である。
両手にナイフを持っているが、お飾り程度。
支援的な『力』を持っている。
統吾の回復役としても付き従う。

●魔法使い (CV:来栖川勇 )
世界の均衡を保つ『魔法使い』。
『魔女』と長い年月戦い続けている。
知的さと冷酷さを持ち、すべてを悟った口調で話す。
この世界において、自分自身の存在を個として確立する事に執着している。
『魔女』と同じく『力』をエネルギーへと変換し戦う。
自らの研究で『力』をさらに様々な方法での使い方を知っている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ006203
ファイル名/ファイル容量
総計 1.36GB
VJ006203.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ006203.part2.rar / 626.65MB (657086322Byte)
CPU
Pentium4 2.0GHz以上 / Pentium4 2.7GHz以上
メモリ
1024MB以上 (Vistaは 2048MB以上)
VIDEO
VRAM 128MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0005752D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005752D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「闇夜に踊れ −Witch wishes to commit the Night−」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件