美少女ゲーム > TECH GIANアーカイブ > chill out

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年09月23日
シナリオ 穂高望
イラスト 神宮寺りお
声優 一色ヒカル / 榊原ゆい
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■□■ストーリー■□■
山中の古い洋館。
親の遺産で無為に暮らす男。
この家にはただふたりのメイドしかいない。
彼女達は、自分のすべてを主人に捧げている。
若い主は、日毎夜毎にふたりを取替え、ひたすら弄ぶ。
男は、暗鬱な日々を紛らわす手立てを他に知らなかった。
娘達は、自分こそが彼にとって唯一の存在であると信じていた。
その故に、ふたりはこの場所を離れて生きる事はできない。
たとえ彼がそうであるように仕向けたのだとしても。
彼は、娘達に自分の無為のありかを問い続ける。
娘達は、自分の居場所の為にただ彼に尽くす。
そして、この家では誰もが哀れだった。

■□■キャラクター紹介■□■
●亜里紗 CV:一色ヒカル
長年、主人公の家に仕えているハーフの女性。
主人公の昼間の世話を担当する。
幼い頃の主人公を知っている為に、彼の生活ぶりを窘めたりもするが、
メイドとして主人の言いつけに逆らう事はない。

●茉莉香 CV:榊原ゆい
身寄りをなくし、主人公に引き取られた娘。
主人公の夜間の世話を担当する。物静かで口数が少なく、あどけない雰囲気を多く残している。
その愛らしい風貌とは裏腹に、娼婦のように躾けられている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ006158
ファイル名/ファイル容量
VJ006158.zip / 85.04MB (89169804Byte)
CPU
PentiumII 400MHz以上
メモリ
256MB以上
VIDEO
VRAM 8MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 3以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「chill out」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

れびゅー

2015年01月13日  

このレビューは参考になった×0人

雑誌付録の作品だと言う話だったので、前編と後編に分かれています。
 大雑把に内容を述べると、二人のヒロインのHシーンが交互に、Hシーンの〆の選択使があります。シーン自体はオーソドックスなのですが主人公とヒロインの関係については人によっては気になる点があるかもしれないですが、それこそが作品の醍醐味なのかなと。
 購入動機になった味のあるイラストと、それによくマッチしたゲーム内の雰囲気、独特な台詞回しは内容の短さを感じさせないほどです。
 システム部はセーブ数が少なめな点と、シーン回想がないのでそこが気になりました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]