美少女ゲーム > Littlewitch > 白詰草話 -Episode of the Clovers-

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年07月22日
シナリオ 古我望 / 大槍葦人
イラスト 大槍葦人
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / FFDアドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■ストーリー
過去の記憶、追加された24対目の遺伝子──

2008年、東京——。
絶大な政治力を背景に超法規的な活動を行いながらも、その実態、目的が謎に包まれた研究機関『古痕』。
各分野の傑出した人材が集まるその組織の中でも、ひときわ異彩を放つ研究者がいた。
彼の名は津名川宗慈。遺伝子工学に長け、戦闘用アンドロイドの研究を行う彼の知識の深さと鮮烈さは、
まるで『はじめから答えを知っている』かのようであった。

その研究段階で作り出され、エマ、沙友、透花と名づけられた三人の少女達は、
追加された24対目の遺伝子ゆえに『エクストラ』と呼ばれていた。
表面的には穏やかに見えた彼と彼女達の日常は、
研究所に侵入してきた正体不明の軍事ロボットとの戦いを境に変化する。

それぞれの思惑、そして深まりゆく謎———

さまざまな事件を乗り越え、徐々に明らかになっていく計画の全容とそれぞれの真の目的、
エクストラに関わる人間たちの悲しい過去。
エクストラの兵器としての性能を知り、暗躍を始める軍部。
独自の正義に基づいて動く、公安のナンバーレスエージェント『荒山鳥人』。
津名川にライバル意識を燃やすもう一人のエクストラ開発者『高宮エレン』。

交錯する人々の思惑の中で深まり行く謎。
……『古痕』、『オリジン』、そして『バベル』とは……。
行き場のない幾多の軋轢がドミノのように加速し、
物語はすべてを巻き込みながら終焉へと昇りつめていく……。

■FFDシステム
フローティングフレームとは、図形・文字・吹き出し・静止画・アニメ・動画等の
視覚的効果を伴う小さなフレーム(コマ)のことである。
「フローティング=浮動」という名前のとおり、このフレームは画面上を自在に動き回ることができる。
移動・拡縮・回転はもちろん、変色・変形等の特殊なエフェクトを伴うこともあるのだ。
フローティングフレームディレクターシステム(略称FFD)は、
このフローティングフレームを画面上に複数配置することにより、
複雑かつ鮮烈、そして優美な情景の描写を可能とする画期的システムである。
一見すると漫画のコマ割のようにも見えるが、それはこのシステムの一面でしかない。
FFDは従来の漫画や映画、アニメーションともまた違う、まったく新しいメディアなのである。

コマ割りされた画像には、総作画監督である大槍蘆人氏の強みを生かした、
漫画的なテクニック(効果線、擬音、吹き出しなど)が効果的に利用され、
音楽と巧みに融合したフローティングフレームの明滅は、単に見る物を飽きさせないだけでなく、
今までの単調なAVGでは不可能であった数々の演出を可能にするだろう。
本作品では、システム画面等の一部の画面を除き、
すべてのストーリーがこのフローティングフレームディレクターシステム上で展開される。
フローティングフレームによる息もつかせぬシーンの連続は、
今まで総じて静的な物であったアドベンチャーゲームの概念を根底から覆し、
プレーヤーの心を激しく揺さぶるに違いない。

■登場キャラクター
●津名川 宗慈 (Tunakawa Soji)
本編の主人公。
非合法の科学研究を行う秘密組織『古痕』に所属する科学者。
遺伝子工学の権威で、優秀な脳外科医でもある。
古痕の中でも突出した 技術者であり、ヒトゲノム解析とそのプログラムを応用した、
人工生命体『エクストラ』の研究・開発を行っている。

「たとえそれが間違いだとしても、僕はもう一度この結末を選ぶよ」

●エマ (Ema)
人工生命体『エクストラ』の一人。
金髪碧眼、ゴージャスな素材の服が良く似合う、本物志向のお嬢さま。
飽きっぽく、奔放、楽しいことが大好き。
欲望に忠実で、自分を楽しませてくれる人はみんな好き。
先天的に心臓に疾患を抱えており、現在も不整脈に苦しんでいる。

「心臓が壊れるくらい燃え上がっているときが、一番死から遠ざかれるんだ」

●透花 (Toka)
人工生命体『エクストラ』の一人。
理知的で思慮深い性格。
その落ち着いた容貌と大人びた性格から、三人の中でお姉さん的役割を引き受けがち。
明るい二人と比較して、自分の性格にコンプレックスを抱いて、ますます控え目になる。
感情表現は下手だが、それだけに内に秘めた気持ちは純粋で一途。

「でも、きっとそれは手に入っちゃいけない。手に入っちゃったら、もっと貪欲になっちゃう」

●沙友 (Sayu)
人工生命体『エクストラ』の一人。
能天気と呼べるほど明るい、天然系の女の子。
脳にかなり手が入っているためか、感覚器官が不安定で、舌足らずな幼い話し方をする。
感情の起伏が激しく、ロマンチストな甘えん坊。
その無防備な明るさは、周囲の者の気持ちを優しくする。

「そうかぁ〜、せんせいすごいな〜」

●品藤 聡美 (Shinahuji Satomi)
若くして古痕の頭脳とも言える情報部部長を務める才媛。
個人主義で、人に束縛されることを嫌うタイプ。
過去に津名川と交際していたが、現在はなんとなく距離をおいている。

「100年も100日も変わらないのよ。終わりの日を考えて生きれば、痛いほど今の大事さがわかるの…」

●高宮 エレン (Takamiya Ellen)
津名川と同様に古痕で『エクストラ』の研究を行っている女性。
津名川とはライバル関係にある。
人工の「神」をつくりたいという理想を持っている。

「あの子達は形なのよ。目に見える、わかりやすい価値」

●グラハム・ヘゼル (Graham Hesele)
予言的で人の心を見透かしたような発言をするカリスマ的人物。
『古痕』の創設者として、組織内に暗然とした影響力を持っている。

「“経験に勝る信仰なし”と言うやつだ」

●荒山 鳥人 (Arayama Torihito)
一切の記録に残らないことを保証され、そのことのみを条件に動く、
国家公安委員会のナンバーレス・エージェント。
自らに肉体改造を施して、比類なき強さを誇っている。

「正義は勝ってこその正義だ。俺は間違っているかい、津名川…」

●スパッド (Spad)
某国軍の兵器開発部に所属する少佐。
「スパッド」という名はコードネーム であり、本名は不明である。
己の理想に執着して、古痕の持つ先端技術を利用しようと画策する。

「平和(ピース)さ」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ005942
ファイル名/ファイル容量
VJ005942.zip / 756.71MB (793462877Byte)
CPU
Pentium 166MHz以上 / Celeron 400MHz以上
メモリ
32MB以上 / 64MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX 6.1以上
ソフ倫受理番号
受理番号0004487D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004487D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「白詰草話 -Episode of the Clovers-」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

謎のSF

2016年06月27日  

このレビューは参考になった×1人

何だかわからないけどアニメオープニングが流れる衝撃。出来映え云々の前に、吹き出し付きの漫画のように進むシステムが素晴らしいです。ピリオド辺りではすでに鳴りを潜めてしまった独特の表現ですが、一見の価値があると思います。
タイトルや雰囲気からは想像しにくいですが、ロボットと何か強い人工生命(少女)とかとの戦いのシナリオです。なかなか雰囲気が良く、楽しんでプレイできました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]