美少女ゲーム > 裸足少女 > 素直くーる

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

素直クールを極める!

幼馴染が素直クール。
先輩が素直クール。
そして、後輩も素直クール。
なぜかクールで周囲を気にしない女の子ばかりに好かれる主人公に安息の地はない!!

【素直クールって何?】
素直クールとは、インターネット上で発生した単語です。
簡潔に言うと「自分の思ったことを素直に表現するが、
いつもクールである」タイプのキャラクターを指します。
愛情表現がストレートで、相手を一途に愛します。

【全員「素直クール」だとキャラが被らない?】
素直クールといっても、
母性的な素直クール(先輩)、
理知的な素直クール(幼馴染)、
淫乱な素直クール(後輩)
と性格は細分化されていますので、キャラクターはまったく被りません。

■□■ストーリー■□■
友人同士のポンジャラで大負けした主人公・木塚 智也(きづか ともや)は、
勝者の選んだ女の子に告白するという罰ゲームを背負わされる。
玉砕する様子を見て楽しもうという趣味の悪い主旨だ。

選ばれた相手は、高嶺の花と評判の先輩と、近寄り難いと評判の同級生。
各学年でトップの成績を誇る2人だった。
企画の趣旨から行くと、妥当な選択だろう。

しかし、その同級生の方は、今は疎遠になってしまったが、小さい頃から家が近くで知り合いで……
いわゆる幼馴染みという関係だった。

平々凡々とモテない人生を歩んできた主人公にとっては、
それだけでも十分に無理難題だったが、そこにどこからその話を聞きつけたか
『今からお前に告白するから、受けたことにすればその罰ゲームしなくて済むかもしれないぞ?』などと
ぶっ飛んだ交渉を持ちかけてくる後輩まであらわれて、智也の周りはにわかに騒がしくなってくる。

いろんな意味で周囲など気にしない、何を言っても動じてくれない、
素直でクールな女の子たちに振り回される主人公。
その運命やいかに…。

■□■登場キャラクター■□■
●梓川あざみ (CV:飯田空)
駿林学園の3年生。主人公の一年上の先輩。
母性的で素直クール。
高嶺の花で学園の才女。成績優秀、眉目秀麗。
先天性の盲目を患っていて、目が見えない。
しかし、視覚以外の五感が優れていることもあって、日常の行動はあまり盲目であること感じさせない。
他の学生と同じように駿林学園に通って、ごく普通の学園生活を送っている。
性格は優雅で寛容、ちょっとお茶目。

体型は、ぼん・きゅっ・ぼん。
特にバストの大きさは100人の男のうち95人は思わず見つめてしまうであろうほど。
処女。

●高岡緑 (CV:かわしまりの)
駿林学園の2年生。主人公と同学年の幼なじみ。
理知的で素直クール。
クールで鉄面皮な態度で学校では有名。
クラスでは委員長を務めている。
自身の感情を差し挟まない、論理的な言い回しをし、結構辛辣な言葉も悪意を含ませず言い放つ。
主人公とは親同士が友人で、小さな頃はよく一緒に遊んでいた。
しかしお互いが成長し、異性を意識するようになる過程で、いつしか関係は疎遠になっていた。
最近までは……。

体型はスレンダーなモデル体型。
だが、出るところはしっかりと出ている。
処女。

●神原瑞樹 (CV:倉田まりや)
駿林学園の1年生。主人公の一年下の後輩。
淫乱で素直クール。
変わった人、とその学年では名が知れている。
態度・言動ともに尊大で妙に時代がかっていて、周囲の反応にもひたすらクールで気にする様子なし。
「人一倍、エロい」と自認している淫乱っ娘。
加えて、「人が恋愛する以上、性交はあって当然なモノ」という考えのため、
性愛に対する羞恥心がまったくない。
あたり構わず下ネタをぶちかまして周りの居心地を悪くさせるが、本人は至って真面目に言っている。

発育が悪く、義務教育中に間違われることもしばしば。
処女。

●木塚智也
主人公。
駿林学園に通う男子学生。2年生。
ちょっとぶっきらぼうなところがあるが、心根はやさしい。
来るものは拒まない高い包容力がある。
成績は中の上。運動はそれなり。
駿林学園に上がる前は剣道部に所属。現帰宅部。
趣味は寝ることとB級グルメ探索。
ファッションにはあまり興味がなく、整髪料や脱色剤は使っていないざんばらに梳いただけの黒髪。
童貞。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ005932
ファイル名/ファイル容量
総計 3.55GB
VJ005932.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ005932.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ005932.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ005932.part4.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ005932.part5.rar / 583.4MB (611742119Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 1.0GHz以上
メモリ
64MB以上 / 128MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 5.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0004316D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004316D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「素直くーる」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

おすすめ!みんな素直で良い子

2016年01月27日  

このレビューは参考になった×0人

素直クール属性と明言されてるだけあってヒロインたちはみんな素直で良い子たちです。しかしクールとは言ってもHシーンではどの娘も乱れ、感情を押し出しているのでとてもエッチ。そのHシーンも多岐にわたるシュチュエーションが用意されており大満足です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!タイトルに偽り無し!!

2015年02月10日  

このレビューは参考になった×0人

友人たちとの罰ゲームで女の子に告白することになった主人公。
しかし、それをきっかけに本当の恋人同士になり、物語は進んでいきます。
恋人なってからのヒロインの行動には脱帽ですね。「素直くーる」のタイトル通り、
主人公への好意を素直に表し、人目を気にせずいちゃついたり、時にはHなこともしてきます。
もちろん三人のヒロインは、性格やHのプレイ傾向が違うので、それぞれの魅力を存分に楽しめます。
純愛系を突き詰めた作品と言ってもいいかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ちょっと珍しいジャンルではありますけど。

2014年02月23日  

このレビューは参考になった×0人

主人公は悪友二人に嵌められて無茶苦茶な賭けに負けた罰ゲームとして学園でも高値の花のマドンナ二人のうちどちらかに告白することを強制されます。

普通に考えればこれはただのイジメですが、実は悪友二人は主人公の事を真剣に案じていて今回の行動を画策していたのです。

そこへ何故かあまり面識の無い後輩の女の子まで首を突っ込んできます。

追い詰められた主人公は果たしてどんな答えを出すのやら。

そんなOPで始まるのが本作品、素直くーるです。


素直でクールなヒロインって意外と少ないんですよね。

あっても殆どサブヒロインの立ち位置ですし。

しかしこのゲームではヒロインが全員素直でクール。

おっとりとした優しい先輩、冷静沈着な幼馴染、時代錯誤で世間知らずな後輩・・・三人とも素直でクール。

素直でクールだから理路整然と考えて自分にとって意味や価値のある事だと判断したら迷わずどんな事でもやってくれるんですよねww

だから主人公は冗談のつもりでも全然通じない。

冗談と説明しても構わずそのまま実行しちゃう。

冷静沈着に考えてあさっての方向に結論を出しちゃって、主人公(とプレイヤー)の想像の斜め上の行動をしちゃう。

挙句に冷静で迷いが無いから妙な行動力まである始末ww

だもんで終始主人公はヒロインに振り回されっぱなしです。

ただ、彼女達性格もとっても可愛いんですよね。

尽くすタイプで思いやりもある。

しかもそれぞれちょっと妙な性癖も抱えててそれが主人公との関係で開花されちゃって・・・おっと、ここから先は是非プレイして確かめて見て下さい。

素直でクールでとても優しい彼女達の魅力をきっと貴方も気に入ると思いますよ。

おまけですがハーレムルートのミニストーリーもあります。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ここまで変わるものか

2011年09月14日   投稿数 : 7位

このレビューは参考になった×0人

普段はしとやかだったり、理知的だったりと近づけないような
雰囲気だけど、好きになったら一直線で周囲も気にせずアタックしてくるギャップという面白さを味わえる。
コスプレHやハーレムといったHシーン、音声といったボリュームは多めで盛り上がる。
純愛で展開するので幅広く楽しめる。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!孕ませ系の卑語にハァハァ ボテ腹SEXもあり

2011年07月27日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×3人

メガネっ娘の「縁」については『メガネあり』or『メガネなし』もあらかじめ選択できるので再生時にストレスがありません。コスプレ要素も充実しています。
自分が気に入ったシチュは、縁とのイメージプレイ。『脂ぎった中年教師(主人公)×脅迫されて、いやいやSEXに応じる女子校生(縁)』という設定です。主人公による「嫌々いいながら、パパ並に年の離れた教師の赤ん坊を孕みたいんじゃないのか?」などの言葉責めもあれば、逆に縁による「このまま中年教師の赤ちゃん孕んじゃうなんて、恥ずかしくて(略)」、「変態教師の子種を妊娠する恐怖に、いつも怯えてっ」など、自分の境遇を嘆くセリフもあり。「変態好みの淫乱にされて、劣等遺伝子の子供出産するなんてっ、わたし何のために生まれてきたのかっ」というセリフにはハァハァでしたw
 上記で挙げたセリフはごく一部を抜粋したに過ぎず、エロシーンでは、主人公のよる言葉責めと、縁の嘆きのセリフが交互に、バンバン繰り返されます。縁とのボテ腹SEXは、ネコ耳でのコスプレ系で、オス猫×メス猫プレイですw
 ロリ系ヒロイン・瑞樹においては、『父(主人公)×娘(瑞樹)の近親相姦』というイメージプレイが印象的でした。瑞樹が「他の男の子なんんかとエッチしないから、一生パパのデカち○だけでいいのぉ」、「(前略)瑞樹のま○まんに入っていいのは、パパだけなの」などと言うセリフに興奮。瑞樹と最終的に結ばれたときの、ウェディングドレス姿での受胎懇願と、何度も何度も繰り返される膣内射精には大興奮でした。
 なお、瑞樹のエロシーンの特筆すべきもの、『おチ○ポ歯ブラシ』を挙げておきます。斜め横からチ○ポを加えて口を閉じ、歯を磨きますw そして亀頭の辺りを、頬の上からぐにぐにと口内へ押しつけますw 瑞樹とはバニー姿でのボテ腹SEXが楽しめます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!Cool in Life, But Hot in Love

2011年07月22日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×1人

全員が徹底して「素直クール」という作品はかなりレアという感じがしましたね。
3人のヒロイン達は、普段の口調や主人公・智也への接し方がクールである分、エッチイベントの際に内側に秘めた情熱を、まさしく「行動で表してくれる」という感じでした。
ゲーム展開は本シナリオで「告白を受け入れられてから貫通エッチを経て公然の仲になるまで」をプレイし、それによって開放されるアフターストーリーにおいてボリュームたっぷりのエロを堪能するという形になります。尚、選んだ選択肢によって違うバージョンのエッチイベントが発生する為、全て回収すると一人一人のボリュームがかなり凄いです!!その凄さは、是非プレイして確認して下さい!!ちなみに、僕は緑と瑞樹が「おしっこアリ」だったのが高評価でした。
尚、個別だけでもかなりの高ボリュームなのに、ちゃんと複数エッチやハーレムまであります。
また、本作品に搭載されている“あらすじ機能”は、「ストーリーのどこに新たな選択肢が出現したか」というのが一目で分かるスグレモノで、これを有効活用すれば全てのエッチシーン回収も容易という、ユーザーに優しい機能です。
あと、高岡緑は“メガネッ娘”ですが、ストーリー中の選択肢の選び方によっては“メガネ無しVer.”も堪能する事が可能なので「1人で2通りオイシイ」というヒロインです。
「普段はクールで素っ気無い感じの憧れのあのコが、エッチの時はこれでもかと情熱的に」というギャップ萌えな方にも堪らないと思われますので、是非ともプレイをオススメします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]