({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2011年07月08日
シナリオ 嵩夜あや
イラスト のり太
声優 神村ひな / 木原泉 / あおいひとみ / 木村あやか / 松永雪希 / 佐本二厘 / 草柳順子 / 一色ヒカル
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■□■ストーリー■□■
梅雨の合間、少し控えめな日差しが桜並木を縫って湿った石畳を優しく照らしている。
昨夜の雨に濡れた桜の青葉が雫をきらきらと光らせながら、鮮やかな緑色を透かして揺れている。
校舎までの短い桜並木に、少女達の黄色い笑い声と軽い靴音が弾むように響いている。
その光景は、とても清純で美しく、清々しい。

でも…どうして男(ボク)が通わなきゃいけないのっ?!

鏑木財閥の御曹司で、文武両道・天稟の才があるけどちょっと気の弱い男の子。
そんな瑞穂のもとへ、ある日顧問弁護士が訪れる。

『先だって亡くなられたお祖父様の遺言です』

そう言って渡されたのは、なんと女学院の入学案内。
幼なじみ・まりやの趣味で女装を強要させられたあげく、無理矢理転入させられた女学院では、
なんの間違いか全校生徒の憧れの的『エルダー・シスター』に選出されてしまう。

突然嵐のように降って湧いた、お嬢さま学院での大騒動!!
瑞穂は一体どうなってしまうのか…?!

■□■キャラクター紹介■□■
●宮小路 瑞穂 (みやのこうじ みずほ)
CV:神村 ひな
身長:173cm
5月12日生まれ
牡牛座
血液型:A型

美少女顔の主人公。
祖父の遺言で女子校である聖應女学院に転校させられることになる悲運な人間。
財閥の御曹司で子供の頃から勉強はもとより、礼儀作法や各種稽古事、
果ては護身術代わりに武道まで身につけているというちょっと気弱な男の子。
美形で文武両道、並ぶ物無しと来て、学院随一の「お姉さま」になってしまうのだが…。
本人は自分を情けないと思っている。

●十条 紫苑 (じゅうじょう しおん)
CV:木原 泉
身長:173cm
3月21日生まれ
牡羊座
血液型:AB型

瑞穂のクラスメイトになる壮麗な女性。
元華族である十条家の一人娘だが、そう云ったことを鼻に掛けるような素振りは全く見せない。
穏やかで神秘的…かと思うと突然びっくりするようなことを云って瑞穂を驚かせたりする。
気さくな性格で、ピンチになった瑞穂をよく助け舟を出してくれたりする。
が、ちょっぴり意地が悪い。
瑞穂と不思議な友情をはぐくむ。

●御門 まりや (みかど まりや)
CV:あおい ひとみ
身長:161cm
6月8日生まれ
双子座
血液型:O型

瑞穂の幼なじみで、瑞穂に女装させることに生き甲斐を見出している女の子。
瑞穂の祖父の遺言を盾にとって女子校編入を企てた張本人でもある。
陸上部所属。
強気でお調子者、ムラのある性格で瑞穂を好き勝手に引っ張り回し、後先考えていないように見えるが、
これで結構瑞穂の性格を熟知していて、瑞穂にとっての良き参謀役というポジションにいる。

●周防院 奏 (すおういん かな)
CV:木村 あやか
身長:140cm
8月26日生まれ
乙女座
血液型:O型

身体が弱く引っ込み思案で、本や演劇、映画を鑑賞するのが大好きな寮での下級生。
演劇部所属だが、持ち前の上がり症と、生来のおっちょこちょいでなかなか役が付かないのが悩みの種。
寮の仕来りで瑞穂の面倒を見ることになり、お姉さまが出来たと喜ぶ。
「なのですよ」というちょっと変わった口癖と、頭に付いた大きなリボンがトレードマーク。
実は努力家。

●上岡 由佳里 (かみおか ゆかり)
CV:松永 雪希
身長:152cm
2月18日生まれ
水瓶座
血液型:A型

いつも元気で前向きな性格。
まりやの後輩に当たる陸上部員で、奏と同じく寮に住む下級生の一人。
一般家庭の子で外部編入組で、聖應の生徒たちのような立ち居振る舞いに憧れる反面、
自分には向いていないんじゃないか、と疑心暗鬼に陥ることもある。
だが実は芯の部分では他のどんな女の子たちよりも女の子らしい所を持っていたりと、
意外と底の知れない女の子。

●厳島 貴子 (いつくしま たかこ)
CV:佐本 二厘
身長:165cm
11月16日生まれ
蠍座
血液型:B型

生徒会長を務める才女。
瑞穂が転校してきて以来影が薄くなっており、反駁心からことある毎に瑞穂と対立する。
家庭の事情から男嫌いになっていて、実は無意識に瑞穂に男性を感じているのかも…
若干の被害妄想癖があり、いきなり自分モードに入って考え込んでしまうことも。
また、まりやとは幼い頃から仲が悪く、それも話をややこしくする原因の一つを担っている。

●高島 一子 (たかしま いちこ)
CV:草柳 順子
身長:154cm
11月24日生まれ
射手座
血液型:B型

表情がころころ変わる可愛らしい女の子。
猪突猛進型で想像力過剰、自分の世界に突入すると有ること無いこと喋り出して留まる所を知らない。
とある事情で瑞穂たちの寮に現れるが…いつも明るい性格の裏に繊細でロマンチストな面を持ち、
人の気持ちを思いやることが出来る優しさを持っている。
何があってもめげないところとオーバーなリアクションがチャームポイント。

●梶浦 緋紗子 (かじうら ひさこ)
CV:一色 ヒカル
身長:168cm
1月8日生まれ
山羊座
血液型:AB型

学院長から瑞穂の世話を任される担任の女教師。
古典担当。
いつもにこやか…というかぼんやりしているように見えるのだが、
割とイージーな性格をしていて、その唇からは時折危険な単語が飛び出したりする。
物事を俯瞰で眺めてしまえるようなその落ち着き振りの裏には、
なにやら彼女の過去が関わっているらしいのだが…。

作品情報/動作環境

ファイル容量
総計 1.73GB
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 800MHz以上
メモリ
128MB以上 / 256MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.0以上

処女はお姉さまに恋してる 普及版の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「処女はお姉さまに恋してる 普及版」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

制服(3) 学校/学園(3) 少女(2)
おすすめ!元祖女装ゲー

2018年02月21日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

これをやらずして女装キャラを語れないだろうと思い購入を決意。主人公が結構しっかりと美少女になりきれているため、想像より百合っぽい雰囲気だなあと思いながら進めました。
なにやら遂に3も発売されるようですが、予習がてらにこちらもどうでしょう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!本編もおまけも大満足です

2017年02月10日  

このレビューは参考になった×2人

『おとボク』はテレビアニメの『乙女はお姉さまに恋してる』から入りました。
成人指定ゲーの原作と全年齢向けのアニメで声優さんや一部の内容は異なりますが、自分は両方とも非常に気に入っています。
特に主人公の宮小路瑞穂が良いですね。
アニメだと堀〇由衣さんの演じる『男の子っぽい男の娘の声』が印象に残っていますが、原作だと神村ひなさんの演じる『女の子っぽい男の娘の声』の為、あらゆるシーンが本格的な“百合”のように感じられます。
加えてヒロインの大半は瑞穂を『女』と認識している状態から恋愛感情を抱きますので、本当にNLよりもGLに近い空気を放っています。
だがそれが良い――。

ヒロインの中では紫苑様が最も好みでした。
ただ紫苑様のルートは、物語としてのシリアスの度合いが少々他のキャラよりも深めでして、正直に申し上げますと、先に他のルートを攻略した後で入ることをお勧めします。
でないと多分、先に紫苑様の秘密を知ってしまうことで、他のキャラのルートに入った時に「はたしてこの場合、紫苑は幸せに成れるのだろうか……?」と不安になるからですね。
他のキャラでは貴子様のルートも素晴らしいです。
特に夕陽が差す中、疲労した瑞穂と向かい合って立つシーンは感動しました。

本編以外にも、特定のルートをクリアした後で解放されて行く『おまけシナリオ』が四本ありますが、この中の一つである『まりやとかが見てる』はかなり面白いです。
中でも一子ルートは、某レトロゲームを模した内容となっていますので、知っている人は初見でまず笑ってしまうかと思います。
一方で地味に高い難度に焦ることでしょう――。
自分も、何度もゲームオーバーになって、クリアするのに時間がかかりました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!憧れの女子校

2012年09月17日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

アニメで知ってから購入。
主人公が男の娘というのも珍しいが、やはり女子校の中だけで展開されるのが面白い。
やっぱ女子校の中って憧れです(笑)
ただ主人公が男と言ってもすごく女性らしいので全体的にユリっ気が強いです。
ですのでユリが苦手な方には向かないのかな…

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]