美少女ゲーム > FlyingShine黒 > CrimeRhymeParadox イナホノミライ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ストーリー
それが——
すべてのはじまりだった。

ある日突然、見ず知らずのメールが届くことがある。
悪戯メールや存在意味を持たないスパムメール。
ただ、消去されるだけのメール。
気にとめる事さえ無いそれらのメールたち。
そんなメールの中で、生徒たちの間で話題になっているメールがあった。

「送信者不明」
「メールは7日間に渡り届く」

という、未来を暗示するメール。
その不思議メールには、近い未来受信者に起きる出来事が予言されている。
それだけなら単なる悪戯メールにすぎない。
だが、そのメールが話題となりえた決定的な要素、
それは、メールに書かれたいたことが、実際に起こるということだった。
そのメールで「チャンスを手に入れ成功した」とか、「おいしい経験をした」とか、巷では噂されていた。
しかし、この噂にはまだ続きがあった。

メールの予言が外れたとき、
それは、
メール受信者の死を意味する。

稲穂は母校『坂ノ下学園』に帰ってきた。
いつの頃からか心の中で温め始めた夢、「教師」になるために。
その一歩目となる教育実習がこれから始まるのだ。

憧れの櫻先生や、級友の沙月とも一緒。
懐かしい人達に囲まれ、担当クラスには弟の洋麻、その幼なじみの来瑠実もいる。
懐かしい人達に囲まれ、これから、充実した学園生活が幕を開ける……

しかし、
幕を開けたのは、

予想だにしないクライミライだった。

イナホノミライニ
ミエルモノハ……何?

■登場キャラクター
●建部稲穂 (CV:草柳順子)
正義感が人一倍強い、マジメな性格。
過去、陸上部で鍛えた体や培った性格は、明るく活発で面倒見が良いところに表れている。
そんな、みんなに慕われる性格は憧れている櫻によく似ている。
考え事や気持ちが顔に出てしまうため、隠し事は出来ない。
稲穂が無意識に選ぶ動きやすい洋服は、生徒たちが目のやり場に困ってしまうのだが、
それに本人は気づいていない模様。
担当クラスに弟の洋麻がいるため、いつも以上に張り切っているようだ。

●是政沙月 (CV:山内花梨)
柔和で、おっとりとした性格の沙月は、「温室育ちのお嬢様」を思い起こさせるのだが、
特に裕福なわけでもなく、普通の家庭で育った(結構マイペースな)女性。
人を信じやすく、周りの人をハラハラさせる事もしばしば。
強く恋愛にあこがれている反面、異性に対して全く免疫がない。
それは、露出の少ない服を好むところからも窺える。
本が好きで、学生の頃は文学少女そのものだったようだ。
運動音痴はいまだに健在。

●立川来瑠実 (CV:桜川未央)
明るい性格で、同性からも慕われる面倒見のよい性格。
クラスではリーダー的存在と、優等生な彼女。
だが、本当は寂しがり屋で、普段の姿からは分からない彼女の一面もある。
洋麻に思いを寄せているため、仲の良い稲穂にちょっと嫉妬している。
洋麻に振り向いて貰うために、稲穂の様な女性を目指していたりする。

●美甘櫻 (CV:吉川華生)
明るく元気で、頼りになる、園内でもダントツで人気の高い英語教師。
部活動も積極的に受け持ち、現在は水泳部顧問。
男性女性を問わずに慕われる姿は、教師というより学生に近い。
「坂ノ下学園のお姉さま」を、思わせる人気ぶり。
稲穂や沙月が教師を目指すきっかけになったのは、そんな櫻の姿を見てのこと。
ただ、年齢の話題だけは禁句……らしい。

●建部洋麻
建部家長男で、稲穂の弟。
部には所属せず、物静かな雰囲気。
かっこいい中にも、かわいらしさを持つ顔で、クラスの女子の中ではそれなりに人気がある。
しかし、姉という女性の魅了を身近に感じているせいか、浮いた話に発展することがない。
要するに、ちょこっとシスコン。
実習で姉が自分のクラスを受け持つと聞き、最近は少し落ち着かない様子。

●分倍河原灯台
教師暦はそこそこ長く、産休の先生に代わり、稲穂たちと同日付で学園に帰ってきた数学教師。
以前、坂ノ下学園で教鞭を執っていたこともある。
稲穂と沙月がまだ坂ノ下学園に通っていた頃を知っている人物。
表情に変化が少ない分、暗い印象を強く感じさせる。
パッとしない印象も手伝い、生徒たちからの評判もあまり良くない。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ005889
ファイル名/ファイル容量
VJ005889.zip / 819.61MB (859426553Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 800MHz以上
メモリ
256MB以上 / 384MB以上
VIDEO
VRAM 4MB以上 / 8MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1以上
ソフ倫受理番号
受理番号0004589D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004589D)

CrimeRhymeParadox イナホノミライの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「CrimeRhymeParadox イナホノミライ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

着衣(2) 学校/学園(2) 陵辱(2)

ミライシリーズ外伝

2013年12月31日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

アカルイミライを発端とするミライシリーズの外伝的な位置づけで間違いでないであろう作品。
クライミライ2などに登場する建部稲穂をメインに繰り広げられる陵辱劇、というのが本作の大まかな内容。基本的に出てきた女性は酷い目にあうのだという認識で間違いない。
個人的にはシリーズ一作目から登場する数名の女性徒たちが出てこないのが残念。まあ、だからこその外伝的な作品なのですが。

そういえば、ミライシリーズの中でも一番の年上属性率になるのだろうか? というか、女教師ばっかりだしね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

無題

2013年08月09日   投稿数 : 5位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ミライシリーズ。

今回は脇役だった建部稲穂にスポットを当てたファンディスクのような内容になっています。

稲穂を陵辱する。
登場人物は基本的にこれを考えていると思って間違いないです。
(女性の場合、陵辱されるようもっていく、ですが)
理由は様々ですが、堕とすのではなく、それぞれの目的の為の手段として陵辱しようと考えています。
もちろん稲穂以外のキャラも、憂さ晴らしに稲穂の代わりに陵辱されたりだとか、ただ単に巻き込まれて陵辱だとか、陵辱の雨あられです。
この為、シチュ自体は(ミライシリーズとしては)少ないですが、ボリュームは十分だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]