美少女ゲーム > FlyingShine黒 > クライミライ4

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ストーリー
薊学園新聞部は廃部の危機に立たされていた。
理由は簡単。学園に貢献をしないどころか、いつも学園に迷惑ばかりかけているから。
さらに部費という名目の使途不明なお金まで動いている。
と言うことで、学園理事会では廃部の方向で検討を進めているらしい。

それを知った新聞部の部員たち(英田柾、神目楓、八束桧、奄美花梨)は、
自分たちのたまり場である新聞部を守るため、ある方法を思いつく。

学園への貢献というのはすぐに出来ることではないけど、
問題視されている部費さえ自分たちでなんとかできれば、
学園理事会から干渉を受けることもないんじゃないか、と誰が言い出したことやら…。
とにもかくにも、全員でアルバイトを始めようということになった。

ただし、部の活動を完全に止めてしまえば、またなにを言われるかわからない。
ということで、活動していることもアピールしなければいけない。
みんなで話し合った結果、交代でバイトを行い、バイトに行かない残りのメンバーは部活動を行うことに。
顧問の建部稲穂先生もその提案に賛同。
かくして新聞部は一丸となって廃部阻止のため動き始めたのだった。

でも、その事を知った佐伯綾目は、これを機会に柾を「コレクション」に加えようと考え行動を開始する。
すべては自分より人気の高い、閑谷紫苑を貶めるため。
そのためには、柾の取り巻きで、邪魔者でもある新聞部のメンバーをまずは排除しておく必要がある…。
綾目は、彼女たちに割の良いバイトがあると近づき、
自分が手中に収めているファミレスやメイド喫茶を紹介する。
当然、そこで行われる「行為」についてはいっさい触れないまま…。

様々な思惑が絡み合い「クライミライ」への扉が再び開く…。

■登場キャラクター
●奄美花梨 (CV:カンザキカナリ)
気怠い毎日を送る、いかにもな女の子。
身長は普通。
スタイルもごく普通だけど、どこか色気を感じさせる雰囲気を持っている。
性格的にはツインテールが似合う感じの子じゃないけど、そのギャップが良い。
自分の本能に素直な娘。
エッチに対してはどん欲で、気持ち良ければわりとなんでもOKらしい。
人気者になりそうな要素は数多いが、本人にとにかくやる気がない。
とても可愛い顔をしているが、素顔は気だるく面倒くさそうな表情という困った子。
性格はひねくれている。頭は悪くない。
自分が興味を持った人と話をするのが好き。
でも興味を持つまでが大変な子。
どんなこともこの子にとってはすべて退屈しのぎ。
なので暇つぶしのつもりで、いつの間にやら新聞部員となった。

●神目楓 (CV:榎津まお)
新聞部のじゃじゃ馬ポニー。
身長はかなり高く、平均的な男の子より少し高い。
ルックスはモデル体型で、細身ですらっとしてる。
胸はそこまで大きくない。
髪は腰くらいまである赤毛を束ねてポニーテールにしている。
新聞部に所属し、ウワサを聞き付けては特攻する野次馬根性丸出しな性格。
そんな活発な男勝りの行動、外見とは裏腹に、中身はかなりの乙女。
素直になれない性格がボーイッシュな行動をとらせるらしい。
基本的に頭は悪い。
そういったところ全てが魅力なキャラ。
同じ新聞部の英田柾の事が気になるが、親友でもある閑谷紫苑の気持ちを知っているだけに、
身動きが取れずやきもきする毎日。

●八束桧 (CV:かわしまりの)
新聞部所属。
ベリーショートの似合うスタイリッシュな女の子。
身長は楓に次ぐ高さで、ボーイッシュに見えるが、実際はお淑やかな女性。
胸は普通で楓と同じくらい。
かなりいい女だけど表情や感情に起伏があまりなく、自分からは余り目立とうとはしない。
性格的には楓と対極的。
必要以上に余計な事は喋らないため、外見で判断されがち。
冷たいイメージを持たれるが、実は責任感が強くて心配性で母性本能が強い。
根が真面目ゆえに、天然な部分も。
人の話を聞くのが好きで、自分にない知識を持つ人間を尊敬する。
逆に興味のない人間は視界にも入らない。

●建部稲穂 (CV:草柳順子)
「青春」と「愛」が口癖の新任教師。
顧問のいなかった新聞部の顧問をしている。
日々大人社会でストレスに苛まれながらも問題児達を温かく見守っているつもり。

●御津撫子 (CV:金田まひる)
気が弱くて、いつもおどおどしている女の子。
柾には恋愛に近い感情を持っており、柾の為にいろいろと頑張ろうと思っている。
典型的巻き込まれキャラで、本人になんの落ち度も無いのに襲われてしまう薄幸少女。

●小笠原茅花 (CV:早乙女綾)
琴浦三姉妹の三女。
すでにアメリカの大学院を卒業している天才少女。
なにを思ったか薊学園へ転入している。
みんなよりも年下だけど薊学園三年生で先輩。

●佐伯綾目 (CV:大波こなみ)
茶屋町水蘭の異母兄妹。
茶屋町家の嫌な性格をそっくりそのまま受け継ぎ、見てくれだけは母親の遺伝子を継いだ最強の女の子。
複雑な家族関係から、自分が一番になるということに強い執着心を持ち、
そのワガママっぷりは花梨をもしのぐ。
自分が一番になるためにはどんな卑劣な手段でも使うため、手に負えない。
自分が可愛いということを誰よりもよく理解しており、それを武器にトップになろうとする執念は凄まじい。
表向きは健気な妹キャラを演じ、性根はデビルの立派な分裂症。
茶屋町を御輿に写真部を実質支配し、男たちを手足のように使う。
欲しいものはどんな手を使ってでも手に入れる性格。
気に入った柾を手に入れ、学園で一番になるために、策略を巡らす。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ005886
ファイル名/ファイル容量
総計 1.32GB
VJ005886.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ005886.part2.rar / 584.86MB (613267635Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 800MHz以上
メモリ
256MB以上 / 384MB以上
VIDEO
VRAM 4MB以上 / 8MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1b以上
ソフ倫受理番号
受理番号0004574D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004574D)

クライミライ4の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「クライミライ4」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

いわゆるwet & messy +コスプレもの

2017年11月02日  

このレビューは参考になった×0人

シリーズ4作目ですが、プレイする分には前作をやっていなくても大丈夫です。
罠に嵌められて嫌々ながら墜ちていく…というわりとオーソドックスな凌辱ゲーです。最近では時節柄あまり見なくなったジャンルなので、キャラデザと輪姦シチュが好みならアリかと。

一部風俗堕ちやAV墜ちがあるので、そういった傾向が好きな人にもお勧めできると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

悪意の罠に呑まれてゆく少女たち。

2016年05月23日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

平和そのものの新聞部に魔手が伸び、犯されゆく
コスプレ輪姦作品の第4弾である。
定番の人気キャラから、懐かしのあのキャラまで、
シリーズファンには嬉しい顔ぶれがそろっている。

ゲームの進め方は選択肢+マップ内アイコンの選択と、
趣向を凝らしているが攻略の易しさは変わっていないから、
シーン回収にてこずることなくエロに集中して楽しめる。

エロは若干コスプレの種類が少なくなった感はあるものの、
ヒロインの屈辱感や絶望感、快楽に耐えきれず喘ぐなどの
凌辱劇をたっぷり引き立てる描写は健在である。


このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!無題

2013年08月09日   投稿数 : 5位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ミライシリーズ、外伝を含めれば6作品目。

今回は奄美花梨がメインのはずなのですが、神目楓の方がシチュ的にはAVに出演させられたり、風俗店で評判の風俗嬢として主人公と再開(しかも主人公は別の人と結婚)といった感じに(ミライシリーズ的には)美味しい場面を持っていってしまってる気がします。
(私は楓が好きなので問題なしですが)

ラブラブも1回くらいありますが基本は陵辱。
陵辱好きな方にオススメ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

女性を、精神的にも肉体的にも徹底的に『蹂躙』し尽くす名作

2011年07月13日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×3人

【肉体的】に蹂躙するだけではなく、【精神的】にも徹底的に蹂躙します。
 個人的に気に入っているシチュ、シーンをいくつか挙げると、まず『楓にAV出演を強制する』シーン。1回目と2回目があり、シーン回想登録においても「AV女優である楓がスタンバイ」しているシーンから再生されます。監督や男優たちからいろいろ声をかけられて、憎まれ口をたたきつつ、内心は怯えている〜という情景に興奮させられます。
 そして撮影がスタートすると、3人の男優によって口・膣穴・尻穴に挿入される = 3本挿しという、ハードなプレイを強要されます。「こいつらも、こんなビデオを見て喜ぶ奴らも許さないっ」という、楓の内心の描写にニヤリとさせられました。
 しかも、男優たちはやがて、楓の名前を呼ぶことなく、「肉便器ちゃん」と呼ぶようになりますw 

 『茅花メイド喫茶第二段階』というエロシーンもお気に入りです。凌辱者たちが、「3日も風呂に入ってない」とか「1週間ヌキ続けていながら風呂に入ってねぇや」などと、【自分のチ○ポの汚なさ】を自慢しあいながら、フェラを強制 → 妊娠の恐怖に怯える茅花の気持ちなど考えもせず膣内射精を繰り返します。『茅花メイド喫茶第三段階』においては、フェラを強制しながら「孕んだらさぁー、堕ろせばいいじゃん」、「カネは払わねーけどさ、フハハ!」、「中絶がイヤだったら産めばいいじゃん、どーぞ御自由に」と言いたい放題w

 『楓・桧・撫子調教SEX』においては、後背位で3人を横並べにして犯します。楓を犯している男が「まだ乳首がピンク色だ」と感嘆しつつ、「黒い乳首を拝みたい」と言い出し、「乳首がすぐ黒ずむ方法があるんだよ?」、「(前略)母乳が出るようになると(後略)」と、黒乳首を見たいという目的のためだけに孕ませようとしますw

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]