美少女ゲーム > FlyingShine黒 > アカルイミライ Wet And Messy 2nd time

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■□■ストーリー■□■
私立薊学園では、数年前から学校に出没する幽霊が噂になっていた。
そんな学生達の噂を聞き付けた新聞部員・英田柾は、真相を探るために調査をしていた。

そんなある日、あるきかっけから過去の時間に存在する少女・美甘櫻と
話すことが出来るようになった主人公。
しかし、その少女は現在には既に存在しなかった。
彼女は過去、何者かによって殺されていたのだ。

主人公は彼女を救うため、彼女の過去を変えようと努力するが、
そんなおり校内で一大勢力となりつつある 『心療クラブ』 というサークルが、
アロマテラピーを用いて女子学生になにやら
怪しいことをさせているという文書が流れてくる。

どうやらすべての事象は櫻のいる過去に繋がっている様なのだが……。
二人は時を超え協力し事件を解決しようとする……。
彼らに待っている未来は、アカルイミライ?それとも……

■□■キャラクター紹介■□■
▼美甘 櫻 (みかも さくら) CV:吉川華生
明るく前向きな水泳部女子。
外見はボーイッシュな女の子だけど、中身はしっかり女の子している。
がんばり屋さんな性格もあって、水泳はなかなかの実力。
でも本番ではいつも巧く行かず、プレッシャーに弱い一面も。
妄想癖アリ。
憧れの先輩とのファンタスティックドラマを年がら年中、高速再生中。
物事をいい方に捕らえようとして失敗するタイプ。
そのせいで空回りすることもあるけど、それでも前向きに頑張る女の子。

水泳部だけあって引き締まった体に、ばいーんとアンバランスな大きな胸。
膨らみっぱなしの胸に、密かに危機感を抱いていたりする。
自分以外の評価は非常に高いが、本人は気付かない。

▼琴浦 椿(ことうら つばき) CV:楠鈴音
女子水泳部の部長。
厳しい性格だけど、ちゃんとフォローも忘れない人。面倒見がいい人。
水泳の実力は全国レベル。学力も高く、なんでもそつなくこなすことから、
男子からは好かれ、女子からも尊敬されている。男女からの恋愛対象だったりもする。
通称「お姉様」。
趣味はアロマテラピー(という言葉は当時無かったので、香油集め)。
自分では気付いていないが、かなりのお節介。
普通ならうざったいが、周りみんなが肯定派なのでそれが表に出ることはない。

水泳で鍛えたスタイルは抜群。
背が高い。胸は大きくなく、ほどほど。水泳部の選手らしからぬ、長髪だったりする。
それを束ね水泳帽の中に入れた際のうなじがたまらん感じです。

▼閑谷 紫苑(しずたに しおん) CV:乃田あす実
主人公の幼馴染み。
普段はものすごーく大人しい子。しかもどこか天然入ってます。
でも、主人公相手にはよくある幼馴染みになる。
やかましいというか、お姉さんぶってるというか。
他人からの評価は、外見と一致する、大人しい感じ。
でも、主人公の評価は“口やかましい女”。
主人公、柾のことを希に幼馴染み用語「まー」と呼ぶ。
何でも気が利き、面倒見がよく、大人しい外見はどこかのお嬢様って感じ。
嫁にしたい少女。
そんなだから男子にとても人気があるが、本人の自分評価は低し。

なかなか巧く行かない主人公との関係に、やきもきしてる。
それも、うまくいかないのは自分が悪いと思ってる可愛そうな子でもある。

▼神目 楓(こうめ かえで) CV:榎津まお
主人公の同級生。紫苑の親友。
新聞部(部員2人)に所属しており、学園非公認の新聞(有料)で
在ること無いこと学校の機材をつかって配布する(自称)女性ジャーナリスト。
探求心は強く、考察は人より劣っている困った人。
性格は明るいというか、男勝りです。ボーイッシュではないです。
将来の志望はもちろんジャーナリスト。
しかし同じ新聞部の部員である主人公が、陰で色々フォローしてあげて
いるのに気付かない、三流ゴシップ記者だったりするので前途は多難。
行動力だけが頼り。

何でも思ったことを口にする性格で、よく他人と言い争いになることも。
愛用の超小型デジカメで、他人のプライバシーを記録するのが趣味
という変態チックな一面もある。

▼御津 撫子(みつ なでしこ) CV:金田まひる
主人公達の後輩。
どこから見てもいじめられっ子オーラがプンプン出てる子。
心療クラブなる、アロマテラピー普及の奇妙なサークルに
所属しており、その勧誘をさせられている使いっ走り娘。
容姿が露骨な上、劣情を掻き立てるおどおど態度に騙される男子が
多いので非常に役立ってはいるが、
不幸を標準装備した人生なのでトラブルも多い。

性格はやっぱり大人しく、そして気が弱い。
自分の意志でどうこうする事はなく、
誰かに求められると否定できない性格。
そんな彼女の性格に付け込む人間も……

▼成羽 菫(なりわ すみれ) CV:児玉さとみ
薊学園三年生で、主人公達の先輩。
綺麗だけど、妙な噂が絶えない人。
妙な噂とは、部の女子全員を喰ったとかっていうレズな噂を
聞いたかと思えば、後輩の男子を摘んでいる等々。
そんな艶聞の噂を断固として否定しない意志の強い人物。
アロマストラップなる 『香油入れ』 を常に持ち歩いている。
(中身は人を貶めるための睡眠薬だとか媚薬だという噂)
登場する女性キャラのなかで、一番大人のキャラ。
とかく性に対しては無邪気という困った人。

普段のおっとりした感じからは想像も出来ない
びっくり官能ハードトークには定評がある。
主人公の事を密かに(本人はそう思って)狙っている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ005885
ファイル名/ファイル容量
総計 1.82GB
VJ005885.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ005885.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ005885.part3.rar / 334.66MB (350913104Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 800MHz以上
メモリ
256MB以上 / 384MB以上
VIDEO
VRAM 4MB以上 / 8MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1b以上
ソフ倫受理番号
受理番号0004586D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004586D)

アカルイミライ Wet And Messy 2nd timeの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「アカルイミライ Wet And Messy 2nd time」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

中出し(2) 輪姦(2)

無題

2013年08月09日   投稿数 : 5位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

いつもと違い、ラブラブ比率多し。
(といっても半分以上陵辱ですが)
今回は外伝という事もあり、ストーリー的にもミライシリーズのパターンを外しているのが面白いと思います。

おまけシナリオもあるのですが、こちらはエロは控えめですけれど分岐とかもちゃんとあったりして、かなり楽しめました。

ただ、神目楓のHシーンがありません。
楓ファンにはそれだけが残念かも。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!マニアックな責めがてんこ盛りの作品

2011年07月05日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×4人

『アカルイミライ』というタイトルなのに、強姦・陵辱・輪姦・脅迫、さらに卑猥でマニアックなシチュ(ヒロインたちにとって屈辱的なシチュ)でのSEXなどを多数描いた作品になっております。ただし、すべてが陵辱系というわけではなく、ラブラブのエロシーンもあり。
 シーン回想登録をみるとわかりますが、『クライミライ』シリーズの原画家である相川先生によって描かれたヒロインたちのエロシーンは、「1」〜「4」の大きなカテゴリに分かれており、各番号のなかに6つのエロシーンがあるので、6×4=24個のエロシーンがあります。他に、番外編というか、おまけとして、「マリンの香り」のようにタイトル名がついたカテゴリが5つあり、各カテゴリ内に2〜6つのエロシーンがあります。
 これら番外編(おまけ?)のエロシーンは、複数の原画家さんが担当しています(相川先生が描いたエロシーンはありません)。

 『クライミライ』のヒロインたちが登場するほうのエロシーンは、シーン回想登録において詳細な銘銘がなされていて、シーンを再生するときにとても便利です。(例:『琴浦椿・恩原に脅され、初めて屈したプールサイド』、『成羽菫・体育館で後輩30人を相手に……』など)。
 ラブラブのシーンで気に入ったのが、『御津撫子・インクまみれでお兄ちゃんと……』。
主人公のことを「お兄ちゃん」と呼んで慕う御津撫子が、いろんな色のインクで体をベタベタにした状態でフェラ → 精飲 → 正常位でSEXするシーン。挿入されるときには、先ほど飲み損ねた精液が、口の周り、あご、首筋などについたままw

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]