美少女ゲーム > Vanadis > 魔物娘たちとの楽園~蜘蛛と鳥と◎と~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ストーリー■
人と魔物が争っていた時代の最中、蜘蛛姫・アラーニェは非常に退屈していた。
余計な争いから隠れるためとはいえ、人里離れた神殿でただひたすら同じ日常の繰り返し。
付き人の鳥娘・ルピュアと一つ目鬼娘・スィークに無茶難題を吹っかけてみても、
まるで心が満たされることがない。

「えぇい退屈じゃ退屈じゃ! 妾にもっと面白いことをもってこんか!」
「そうは言いましても姫様……このような地で面白いことなど、とてもとても」
「……戦争が終わるまでジッとしてるの。それが一番なの」

付き人二人の説得も虚しく、アラーニェは今にも暴発してしまいそう。
そんなアラーニェの脳裏に電流が走る。

「そうじゃ、召喚じゃ! 妾の力を持ってすれば、異界の扉を開くことなど造作もない!」
「ちょ、姫様! やめましょうよ。きっと碌でもないことになりますってば!」
「姫の閃きは厄介ごとしか持ち込まないの。勘弁して欲しいの」

止めに入る付き人二人だが、アラーニェは聞く耳もたず、異界の扉を開き召喚を強行する。
さて、何が現れるのか……期待に胸を弾ませるアラーニェ、不安に押し潰されそうな
ルピュア、呆れてものも言えないスィーク。

「ってぇ……なんだよいったい、いきなり爆発とか……って、なんじゃこりゃぁっ!?」

現れたのは、ヒビキという人間の男性。
突然の出来事に目をパチクリさせるヒビキを余所に、アラーニェは非常に楽しそう。
この出逢いが何をもたらすのか、三者三様の思いを抱きながら、四人の共同生活が……

「ふざけんな! 帰せよ!」
「無理じゃ。召喚は一方通行、これは常識じゃぞ常識」
「そんなバカな話があってたまるかーーー!!」

四人の共同生活が始まったのだった。
はてさて、どうなることやら。

■登場キャラクター■
●アラーニェ(CV:宮沢 ゆあな)
身長:中くらい  体重:意外と重い
スリーサイズ:B そこそこ/ W 細い/ H 計測箇所不明

人里離れた山奥の神殿で、戦争から隠れるように生活している蜘蛛姫。
古めかしい喋り方をする傍若無人な女の子。
姫と呼ばれるだけあって気品はあり、見ているだけなら非常に愛らしい。
退屈を何より嫌い、ワガママ放題、周りに無理難題を押しつける。
しかし、一線を越えることはしないので、なぜだか憎めない。

●ルピュア(CV:榛名 れん)
身長:大きめ  体重:見た目に反して軽い
スリーサイズ:B 乳女/ W 細い/ H 安産型

アラーニェに付き従う黒い翼を持つ鳥娘の付き人。
呪われた黒い翼を持つことで、一族から放逐されたところをアラーニェに拾われる。
真面目で誰よりもアラーニェのことを考えているが、少々融通が利かない面も。
そんな性格のためか、アラーニェのワガママに苦労させられっぱなしの可哀想な女の子。
主人公とは苦労人同士、妙に波長が合う。

●スィーク(CV:秋野 花)
身長:小さい  体重:軽い
スリーサイズ:B ぺちゃんこ/ W スラリ/ H 小ぶり

アラーニェに付き従う一つ目鬼の女の子。
自分のことと食に関して以外は、ほとんど興味を持たないマイペースな女の子。
基本的に他人のすることに口出しをしないが、自分が被害を被ることは嫌う傾向。
小さな身体からは想像もできないほどの大食らいで、常に何かを食べている。
自分を怖がらない主人公に、なんとなく懐いている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ005800
ファイル名/ファイル容量
総計 1.61GB
VJ005800.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ005800.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ005800.part3.rar / 127.01MB (133183615Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / Pentium4 1.5GHz以上
メモリ
256MB以上 / 512MB以上
VIDEO
VRAM 8MB以上 / 16MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0004544D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004544D)

魔物娘たちとの楽園~蜘蛛と鳥と◎と~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「魔物娘たちとの楽園~蜘蛛と鳥と◎と~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

俺も召喚されたい

2017年09月01日  

このレビューは参考になった×0人

この作品をやり終えて思ったのは「俺も人外娘に召喚されてぇ...」でした。
蜘蛛娘が大好きなので、主人公には羨ましいを通り越して嫉妬するレベルです。
いいですよね蜘蛛娘。上はある程度普通なのに下半身は蜘蛛そのままで足もたくさんあって...

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

魔物娘ゲームの至高

2017年03月27日  

このレビューは参考になった×0人

全キャラかわいい。どの娘もほどよく人間味がありつつ、かつ魔物らしさを兼ね備えており、人外系が初めての方でも気軽に楽しめると思います。魔物の特性を生かしたプレイが魅力です。ストーリーもそれぞれのキャラの葛藤や特性を生かした良いストーリーでした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!スィークの可愛さにメロメロ

2016年01月27日  

このレビューは参考になった×0人

一つ目なんて可愛くないだろうって思って時期がありました。
そんな自分をぶん殴ってやりたくなるほど、スィークが可愛い。
単眼舐めてました。ごめんさない。
スィークの可愛さは周知の事実なのは勿論だけど、他の二人も十二分に魅力的でありました。
魔物娘たちとイチャイチャしたい、特に単眼の魅力が分からない方には是非プレイして頂きたいです。
ハマりますよ?単眼。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!魔物っ娘いいね!

2014年02月24日  

このレビューは参考になった×0人

色々なゲームをやってきたけど魔物娘は初めてでした。
シナリオも私好みで画面のクオリティーも高くて気に入りました。
たまにはこういった嗜好もいいのではないかと思います。
初めての人も是非やってみてくださいな。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!和風な景色とともに・・・

2013年09月22日  

このレビューは参考になった×0人

Vanadiesさんの魔物娘シリーズです♪
他の方のレビューにあるように、数少ない1つ目っ娘がヒロインの中にいて珍し目です
作中でもまんま言われてますが、容姿は違うけれど人と同じような感じであり、あまあまな展開になります 正直1つ目…といった方もいるでしょうが、体験版とかで確認してみれば予想以上に気にならない、むしろ好感がもてるぐらいかと思います
今作は同サークルさんの学園モノをする上で足がかりとなるようなならないような作品ですので今作をきっかけにして楽しむというのも1つの楽しみ方となります ということでぜひ♪

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

モンスターヒロインハーレム

2013年01月14日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

暇つぶしの召還術によって、異世界につれてこられた一般人な主人公。
モンスターヒロイン3人になぜか好かれて…、というハーレムラブコメディ(?)
こちら一般人、あちら女の子でもモンスターなので、とにかく振り回されまくります。

モンスターとはいっても基本可愛い女の子なので、モンスター物がはじめての人でも安心です。
ちょっと「変わっている」押しの強い女の子に振り回されたい人へお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]