美少女ゲーム > マリン > おしかけスクランブル「あの子とわたし、どっちを選ぶの・・・?」

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 マリンフォローする
販売日 2011年05月27日
シナリオ マリ田マリ夫 / おおやぎしんいちろぉ
イラスト 譲治亜
声優 青山ゆかり / 茶谷やすら / AKIRA
音楽 スタジオ・ミオ
その他テーマソング『よろしく☆マイダーリン』 唄:KIRIKO
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / おしかけ娘愛好者対応迫り迫られ学園性活ADV
その他
ジャンル

作品内容

■□■ストーリー■□■
主人公である吉田孝弘(よしだたかひろ)は、地方に転勤した親元を離れ、
ひとり暮らしの貧乏生活を満喫している学生だ。
そんな彼の生活は、ある日を境に一変することになった。

「吉田孝弘様のお家をご存じですか…?」

登校中、見るからに礼儀正しく、清楚な雰囲気が漂う女の子に突然訪ねられる。
自分の名前が出たことにびっくりするも(こんな綺麗な子が?何かの間違いだろ)と思った孝弘は、
その場は知らないと言って切り抜ける。

その日の放課後、朝のことを思い出し
(あんな綺麗な子が、俺を探してたのなら嬉しいよな……でもまぁ何かの間違いだろうなぁ)
と考えながら歩いていると、突然角から飛び出してきた、
見るからに生意気そうな女の子とぶつかってしまう。

「いったいわねー、気を付けなさいよ!」

口論となるも、「とにかく気を付けてよね。私、急いでるから」と一方的に悪者にされ逃げられる。
「俺が何したってんだ」という思いを抱えたまま、孝弘は帰宅するのだった。

そして夜。インターホンに出てみると、そこには朝の女の子がいた。
「貴方が孝弘様だったのですね。ふつつか者ですが、宜しくお願い致します」
「南城ちづる」と名乗った女の子は、俺の許嫁として育ち、
このたび俺に嫁ぐために実家を出てきたのだという。
何が何だかわからないが、夜遅くに追い返す訳にも行かず、一晩泊めることに。

翌日。
ちづるの事で悩みながら帰宅すると、そこには見たことのある顔が。
「あーー、あんたは!!」
部屋には、昨日ぶつかった、生意気そうな女の子「霧村 陽子」が上がり込んでいた。

こうして、男一人の静かな暮らしは終わりを告げ。
おしかけ美少女二人との、ドタバタあわただしい日々が幕を開けたのだった。

■□■登場キャラクター■□■
●吉田孝弘(よしだ たかひろ)
ごく一般の、どこにでも良そうな学生。
勉強も運動もそこそこで、クラスでも浮かず目立たず、特徴のない存在。
親と同居していたが、親は地方に転勤、引っ越し、転校等が嫌だったので一人暮らしを始める。
部屋は1LDK、広さの割に家賃もそこそこの見つかったのが奇跡的な物件。
学費と家賃だけは親が払ってくれているが、それ以外の仕送りは一切無し。
バイトで光熱費と食費を稼いでいる。
バイトは、商店街のファミレス(接客ではなくキッチン)、たまに裏でつまみ食いしたりしている。
しかし、二人の美少女と出会った日を境にそんな生活が一変することになる。

●霧村陽子(きりむら ようこ)
CV:青山ゆかり
その外見に合わせて上品に振舞い、周りからもそういった印象を持たれやすい陽子だが、
根は意地っ張りで、負けず嫌いな頑固者。
口がかなり悪くなる一面も。
世間知らずな為に、一般常識に疎く、成績は優秀だが、いまいち考えが浅はかで拙い。
家事全般不得意。
可愛い、愛くるしい物(ぬいぐるみなど)が好き、特に自分のパジャマはお気に入り。
ピアノが趣味の母親の影響で、物心ついた時から陽子もピアノを始め、
現在でもピアノは趣味のひとつ。

「もう、あたし、お嫁に行けないわよ!アンタ、責任とりなさいよね」

●南城ちづる(なんじょう ちづる)
CV:茶谷やすら
口数も少なく、引っ込み思案でおとなしい性格だが、
しっかりした目標、目的がある場合は達成の為、積極的に行動する。
しかし、変なものが好きで、他の人と多少ずれた所があるのがたまにキズ。
成績優秀、スポーツ万能、家事も得意。
しかし、実は授業中居眠りしてたりする一面も。
そして表情があまり顔に出ないため、周りからは変わってると思われたりする。
顔に出ないと言っても、出ないだけで内心は動揺している。
実家は華道の家元で、本物のお嬢様。
ちづる自身の華道の腕前も相当な物。
その他、護身術として、合気道も嗜んでいる。

「ふつつか者ですが、よろしくお願い致します」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ005763
ファイル名/ファイル容量
VJ005763.zip / 1.02GB (1090233130Byte)
CPU
PentiumII 400Hz以上 / PentiumIII 500MHz以上
メモリ
512MB以上 / 1GB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1以上
ソフ倫受理番号
受理番号0004493D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004493D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「おしかけスクランブル「あの子とわたし、どっちを選ぶの・・・?」」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

ご都合主義を言うのは野暮?

2014年05月19日  

このレビューは参考になった×0人

おかげで、展開が速く楽しめますし。

魅力は、シチュエーションとコスチュームの多彩さ、個人的にはスクール水着で片乳、バニーガール姿で両乳ポロリ、辺りがツボでした。
贅沢を言えば、ちづるは妊娠中だけどハードプレイ、陽子は金髪ポニーテール(体操着姿で)が、欲しかったかも。

システム的には、三種の二択の兼ね合いで九つのエンディングに分岐する、手軽にストーリーとエロを楽しめるタイプです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

見たことがあるような

2011年06月16日   投稿数 : 7位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

何かどこかで見たことがあるような2人の女子高生にいきまり押しかけられ迫られのHしまくる作品。
どちらに進んでいるかがわかる好感度天秤システムで調整できたりとかもいいし、コスプレとかハーレムもありでボリュームも豊富。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!個性的な女子校生2人とSEXしまくり → 孕ませボテ腹SEX

2011年06月07日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×2人

メインヒロインは2人。従順・清楚・温和で、ご奉仕精神に溢れた「大和撫子」系のヒロイン・「ちづる」と、ツンツンした性格ですが、つっけんどんな物言いの底に、実は主人公に対する強い愛情を持っているヒロイン・「陽子」です。
 個別ルートおよびハーレムルートにおいて、『妊娠 → ボテ腹SEX』あり。
 「大和撫子」系のヒロインですが、意外にも、ちづるは学園の校舎内(それも、理科室、図書室などあちこちで)でのSEXや、公園での青姦、庭での青姦などのエロシーンも多いです。庭での騎乗位においては、パンティを脱ぎ捨てているのに、(学園の制服である)スカートは脱がずに口で咥えているCGに興奮させられましたw
 また、バニー・(ふつうの)着物・巫女装束・袴などコスプレ要素も豊富。
 ツンツンした性格の陽子は、言葉遣いこそぶっきらぼうですが、なんだかんだ言いつつ、主人公にご奉仕したり、主人公の求めを受け入れてしまったりしています。スクール水着・体操服&ブルマ・チアリーダーなど、ちづるに負けずコスプレ要素も多いです。
 体操服&ブルマでのSEXは青姦で、部活(陸上部)に行く直前に校舎の片隅でSEXしています。膣内射精したあとは、その精液が膣内に溜まったまま、部活に出る陽子(ちなみに、射精後、チ○ポを抜くときには、2人ともブルマに精液がつかないように、慎重に抜いていきます)。精液を膣内に溜めたまま部活に行こうとする陽子が「大好きな人の分身がお腹の中に入ってるって、すごく楽しかったりするのよ」というシーンには、陽子の健気さ、主人公への愛情の強さを思い知らされましたw
 また、本作品においては、ENDでいきなりボテ腹SEXではなく、『妊娠を打ち明けるシーン』もあります。そういう付加価値が素晴らしいと思いました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!正反対だけど魅力的なヒロイン達との、ラブラブ同居ストーリー

2011年06月07日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×1人

突然押しかけてきた2人のヒロインに挟まれながらも、最後はハッピーエンドを迎える一つ屋根の下イチャラブストーリーです。
攻略ヒロインはちづると陽子の2人だけですが、何通りも攻略パターンがあり、エッチイベントのボリュームも多く、また、それでいてストーリーにも深みがあるので感動的要素も味わえます。
2人のヒロインの好感度は[好感度表示]での上皿天秤の傾きによって知る事が出来、「全力で片方に傾倒」「チョットだけ片方に傾倒」「最初の釣り合った状態から動かない」「双方にチョットずつブレながらも、最終的に釣り合う」のどれかによってエンディングが4通りに変化し、更に、特定のエッチイベントで「中出し」を選択すると最終的にヒロインが妊娠し、腹ボテエッチも堪能出来ます。更に、展開次第ではちづるの姉・松ヶ崎紗(人妻)とのエッチまで堪能可能です。
エッチイベントはノーマルだけでなく3Pも多く、コスプレエッチも[メイド・ナース・巫女・バニー]など種類も多いので、コスプレ好きな方も満足戴けると思われます。更には着衣・半裸でのエッチ率も高かったりします。
どちらか片方のヒロインとラブラブもしくは爛れた関係になるか、それとも3人でハッピーエンドを迎えるか、更には孕ませるか否か、全てはアナタの行動次第です。個人的にはトリプルハッピーエンドが好きです。ちづると陽子の裏事情を知った上で、尚且つ3人で幸せになるという展開は感動的でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]