美少女ゲーム > アリエルーフ > 鬼神草紙

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年04月29日
イラスト 中村錦
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■■■ストーリー■■■
──東京。
兵藤一矢に突然知らされた父親の死。
しかも、事故や通り魔的なものなどではなく怨恨的な殺されかただと知らされる。
母親の死後、親子の仲が悪くなっていたとはいえ他人に殺されなければ
ならなくなるような人物ではなかった。
なぜそんなことになったのか、一体誰が父を殺したのか。
警察の対応だけでははっきりしないと感じた一矢は独自に犯人を探すことを決意する。

──京都。
最近連続している猟奇的な殺人事件。
”キャリア”が疎まれ捜査に加えてもらえないでいる神井早紀は面白くない。
今日もお目付け?と一緒に警備の仕事だ。そんな折、付近で新たな犠牲者が発見される。
もう我慢も限界だ!半ば脅すような口調で上司に談判し捜査に加わわる。
絶対に私が見つけてやる!お目付け?と共に捜査に乗り出して行く。

■■■登場人物■■■
▼兵藤一矢(ひょうどう・かずや) 21歳・男
ライター志望の大学生。心霊や超常現象をネタにした雑誌の編集部で、
雑用係としてバイトしている。
父親はT大の教授。唯一の肉親であるその父に反発して別々に生活していたが、
彼が何者かに殺されたことで原因を探る決意をする。
同じ密教に関心を持った者として、そうすることで父を越えようという思いもある。
対人関係ではやや意志が弱いというか、相手に流されやすい一面を持つ。
性根は座っているので、一度決断するとぶれることは少ないのだが…
要は、お人好しなのだろう。

▼神井早紀(かみい・さき) 25歳・女
キャリア組の女刑事。階級は警部補。京都で起こった連続猟奇殺人事件を追う。
悪は徹底的に追及すべしという強い信念を持っており、捜査活動においては
少々暴走しがちである。とはいえ、決して猪突猛進といったタイプではなく、
その行動は彼女なりの計算に基づいてはいる。
プライドは相当高い。いや、むしろ負けず嫌いと言うべきか。
日頃は強気な反面、気になる異性に対しては照れくさくて自分からアプローチ
したりはできない、そんな古風な一面もある。
別れた恋人からもらった指輪を処分できずにいる。

▼上条圭(かみじょう・けい) 21歳・女
一矢の通う大学の付属女子短大に通っていた女性。
東京にいた頃は、一矢とは恋人同士だった。現在は京都にある
新聞社で事務職についている。
好奇心旺盛で、サバサバしている性格。異性の友人も多いタイプだが、
男っぽいというわけではなく、自分のオンナとしての魅力はよくわきまえている。
大胆で色気のある会話もできるが、いざとなるとうまくかわすことができるといった感じ。
基本的に頭が良いのだろう。一人でいるときは普段とはうってかわって、
じっと考え事をしていることが多い。

▼安部理恵子(あべ・りえこ) 18歳・女
密教マニアのミーハー。
全国模試でも一、二を争う秀才だが、少々ぶっ飛んだところがある。
好奇心旺盛で、常に瞳をキラキラさせている。
対象を目の前にすると並外れた知性もなんのその、軽率な行動を取ってしまう。

▼望月由加里(もちづき・ゆかり) 32歳・女
一矢の父の教え子で、現在はK大文学部助教授。
知性溢れる美人といった感じ。理性と理論を重んじるタイプで、知的好奇心は
旺盛だが常識と異なる事実に対してはなかなか受け入れられない性格。
穏やかで優しそうな物腰だが、そのためどこか冷たい印象を与える。

▼立河結城(たちかわ・ゆうき) 25歳・女
特ダネを写真誌などに売り込んで生活しているフリーのカメラマン
(というかトップ屋というべきか)。
京都で起きた猟奇事件に目をつけ嗅ぎ回る。
目的のためなら手段を選ばずといったタイプで、そのために被害者の身内を
傷つけるような事態となっても(少なくとも表面上は)平然としている。
他人の意見など、どこ吹く風。
仕事でなめられないためにか、ワイルドで男っぽい言動を心掛けている。

▼戸田香織(とだ・かおり) 21歳・女
一矢の父が出入りしていた戸田骨董品店の一人娘。T大の学生。
父親の失踪でショックを受け寝込んでしまった母親に代わって、応対に出る。
パッと見で目を引く日本的な美人。物静かでおとなしい感じだが、芯は相当
しっかりしているといったタイプ。

▼葦名朋子(あしな・ともこ) 24歳・女
京都市にある図書館の司書。
兵藤教授(一矢の父)と「鬼の伝説」について文通していた。
人生において確固とした目的を持たず、無気力に、ただ流されて生きている
といったタイプ。あまり喜びの感情を表に出すことがない。
妻子ある男性と不倫関係にあり、それをネタに結城から脅されるが、
嫌々ながら何度か付き合っているうちに彼女の魅力の虜になってしまう。

▼各務沙妃(かがみ・さき) 19歳・女
葛城山付近の○○村に住む、早紀と同じ名を持つ女性。

▼兵藤教授 47歳・男
一矢の父親でT大文学部教授。
修験道について調べているうちに「杖」を手に入れ、それがもとで
奇怪な殺され方をする。口ひげを生やしている。

▼神井良介(かみい・りょうすけ) 47歳・男
早紀の父親で著名な小説家。
20数年前に行方不明になった妻をいまでも熱心に捜している。
一見したところは、穏やかで知的な紳士といった感じだが、話すと少し精神の
バランスがずれているのではないかと感じる一面もある。

▼仲邨(仲村)和彦(なかむら・かずひこ) 33歳・男
ノンキャリアの刑事。階級は巡査部長。
数年前までは将来を嘱望された優秀な刑事だったが、恋人の死をきっかけにして
昼行灯に転じた。今では輝かしい過去を知る者も少ない。
早紀のお目付役を押しつけられ、コンビを組んで捜査にあたる。
意識的に仕事をサボタージュしているわけではないが、自由時間を割いてまで
捜査にあたるような熱心さは失われている。が、早紀に引っ張り回されるうちに
昔の情熱が蘇ってくる。
「……やれやれ」と頭を掻くのがくせ。見た目は悪くない。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ005712
ファイル名/ファイル容量
VJ005712.zip / 364.8MB (382523486Byte)
CPU
Pentium 133MHz以上 / Pentium 166MHz 以上
メモリ
32MB / 64MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX 5.0以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「鬼神草紙」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

懐かしく感じる作品

2014年10月23日   投稿数 : 10位

このレビューは参考になった×0人

発売されたのが、1999年とかなり前の作品のため、システム周りや絵などけっこう古さを感じると思います。また、この時代のゲームをしてるか、してないかで結構評価が分かれると思います。

作品の雰囲気はこの時代ならではの独特な猟奇的な雰囲気が色濃くでています。また、ストーリーが進むにつれてかなりグロや猟奇の部分が強調されますので、免疫のある方用です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]