({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

■■■ストーリー■■■
仙石大学で民族学研究サークルに所属する折原菜々子(おりはら ななこ)は同じ
サークルに所属する先輩、猪狩義彦に心惹かれていた。
自分と同じように苦学しながら法律の道を進もうとしている彼も同じような思いを、
義彦を同じ思いを抱いてくれているとばかり思い込みながら、ほっこりとした
幸せな日々を過ごしていた。

だがそれは、菜々子の勝手な思い込みだったらしい。
ある日突然、義彦から掌を返されたような態度を取られショックを受ける。
更に追い討ちをかけるように、義彦の幼なじみだと言う摩耶という美少女が現れる。
義彦とのあいだに漂う秘めやかな空気は、ただの幼なじみ以上の関係を感じさせる。

菜々子のそんな疑問と妙な焦燥は、義彦の姿が、その翌日、忽然とキャンパスから
消えたことでさらに膨張する。
しかも、義彦のことを自分以上に知る彼の友人たちに聞いてみると、義彦は、
『多田根村(ただねむら)』という村の出身だという。

『多田根村』
民族学を学ぶ者でさえ、その村については多くを知悉する者は少ない。
だがディープな知識を持つ民族学マニアの間では『謎に満ちた伝説の村』として
密かに知られるマニアックな村だった。
折原菜々子は大学内の文献やネットで多田根村について情報を集め、民俗学を
専門にする学内の著名な教授にも教えを請う。

そして物語は、東北の人里離れた山奥の谷間にある、謎に満ちた伝説の村へと
移っていくのだった。
その村で、女たちはいったい何を見、何を体験し、どんな風に『狂っていく』のか———

多田根村──別名『種憑け村』。
濃い霧の中に存在する、この世から忘れられた不気味な村を舞台に、
今、伝説の秘祭──多根憑祭事(たねつけさいじ)の幕が開く。

■■■登場人物■■■
●折原 菜々子 (おりはら ななこ) CV:有栖川みや美
年齢:19歳
身長:164cm
スリーサイズ:B84cm(Dカップ)/W59cm/H84cm
今時珍しい、品行方正で利発な女子大生。
民俗学の勉強のため東北の大学へ進学。しかも大学には、全国的にも著名な
民俗学研究サークルがあったため、そのサークルに入ることも目的で進学した。
今は割りと女性らしい身体になってきたが、高校ぐらいまで胸も小さく、
「男ボディ」とイジメられていた。
今もマッサージを怠らないほどコンプレックスになっている。
自分より大きな胸の女性を見ると、萎縮してしまう。

●小森 リカ (こもり りか) CV:榎津まお
年齢:22歳
身長:166cm
スリーサイズ:B86cm(Eカップ)/W61cm/H89cm
若くして成功した女社長。
渋谷で遊んでいた素行不良のギャルだったが、ギャル仲間を募って
モデルの会社を立ち上げる。
それが大成功し、カリスマギャル社長として雑誌のインタビュー
などに度々登場している。
極度のブラコンで結ばれることのなかった兄への屈折した思いをズリネタに
オナニーすることが多く、大人のオモチャを愛用し、いつも密かに隠し持っている。

●猪狩 美里 (いがり みさと) CV:野々村紗夜
年齢:32歳
身長:162cm
スリーサイズ:B92cm(Fカップ)/W63cm/H91cm
健康食品販売会社の社長を務めている猪狩孝介の妻。
実は、他の男性と不倫をしており、借金まみれの夫の世話に
疲れていたとき昔の男と再会し焼けぼっくいに火がついた。
小便等の「トイレで用を足すという行為」に敏感で、お店などでも、
いちいち他に誰か居ないか確かめてからでないと用を足せず、
誰かが居るときは我慢したりしている。

●猪狩 摩耶 (いがり まや) CV:春日アン
年齢:18歳
身長:150cm
スリーサイズ:B93cm(Gカップ)/W58cm/H85cm
村で生まれ育ち、ほとんど村から出たことのない娘。
なかなか祭事に戻ってこない義彦に痺れをきらした村長が祭事で
重要な役割のオババの補助をしている摩耶を使いに出す。
多田根村の女性にはある程度の年齢になると村の男性の精液を
飲まなければならない因習があり摩耶もその因習に倣い村長や
村民男性に奉仕し、飲んでいる。

●お告げ様 (おつげさま) CV:紫苑みやび
「お告げ様」と呼ばれているミステリアスな女性。
種憑け神社に住み、村で行われる各種の祭事を取り仕切る最高の神官。
多田根村では何か問題や決定事項があると、必ずお告げ様に報告し、
お告げ様の意見をもとに事を進めることになっている。
氷のように冷たい印象で、感情をほとんど表にださない。

●猪狩 義彦 (いがり よしひこ)
多田根村の現村長の息子。
このままいくと次期村長になる予定だが、子供の頃から自分の生まれ
育った村に違和感を持ち、閉鎖的な村から出たいと願っていた。
苦学しながら法律を学ぶ法学徒。
司法試験を目指してがんばっている。
温厚で生真面目な性格で、他人を思いやる気持ちを持っている。

●猪狩 義允 (いがり よしみつ)
多田根村の現村長。
若い頃は息子の義彦同様、苦悩する生真面目な青年だったが、
今は多田根村そのものが生き物のように持つ遺伝子を後世に
伝えることを使命と考える、ある種の狂気に憑かれている。
温厚そうに見える性格の背後で邪悪な奸計を巡らせることも厭わない。

●猪狩 孝介 (いがり こうすけ)
義彦の従兄。
東京に出て独立し、年上の妻までもらったが、事業にたびたび失敗。
その都度、叔父である村長に金を無心に来て金を借りていた。
年上の美人妻、美里が唯一の逃避場。
彼女につらい思いはさせたくないと頑張るが、借金が借金を生み
悶々とする毎日を過ごしている。

●猪狩 哮 (いがり たける)
村長の養子縁組した息子。
村で生まれたが赤ん坊の頃、両親を事故で失い、それを村長が引き取った。
幼い頃に片目を失い、眼帯をしている。
義彦とはそりが合わず、俺が村長になるから村を出るならとっとと出ろと思っている。

作品情報/動作環境

ファイル容量
総計 1.6GB
CPU
PentiumIII 1GHz以上 / Pentium4 1.3GHz 以上
メモリ
256MB以上(Vista/7は 512MB以上)
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.0a 以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0004459D)

種憑け村 ~白濁神、念仏講ノ儀~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「種憑け村 ~白濁神、念仏講ノ儀~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

たまらんね

2016年05月06日  

このレビューは参考になった×0人

ひたすら輪姦、というのが好きな人向け。
輪姦系はどうしても単調になりがちなので水着や制服・ブルマのコスプレさせるなどしていろいろしているのは評価できます。
肉欲に溺れる女性達の乱れように興奮すること間違いなし

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]