美少女ゲーム > TRYSET > ろーるぷれいんぐがーる Windows10対応版

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

深夜、自宅でパソコンをいじっている一郎。
目前に控えた夏休みを前に、パソコンを強化していたのだった。
スペックアップをしたマシンで積み上げたエロゲーを一気に制覇するぜと
意気込み早速最初のゲームをはじめたところ…不自然な振動が一郎の部屋に襲う。
次の瞬間眼前が真っ暗な闇に襲われ、気を失ってしまう一郎。
目覚めたときには翌朝になっていた。
あれは夢だったのだろうか?

ベッドの中でまどろんでいる一郎を幼馴染みの若葉が起こしに来る。
普段から夜型のオタクである一郎を起こしに来るのは
一郎が一人暮らしを始めて以来彼女の日課となっている。
初めての一人暮らしを心配した彼の母親が、
親交のあった若葉の両親の営むアパートに彼を住まわせた挙句、
彼女に面倒を見てやって欲しいなどと頼んでしまった結果である。
まだ眠気の覚めない一郎は文句を言うが、登校時間はもう目の前でありしぶしぶと彼女に従うハメになる。

学校で授業を受けていていた一郎は気分を悪くして保健室の世話になる。
普段の生活が不健康だという友人たちの言葉を苦笑する一郎だったが
そんな普段の生活のわりには病気とは無縁だったために少々不審に思うのだった。

若葉やめぐるに心配されながら帰宅した一郎。
昨日のゲームの続きをプレイしていて気がつくと深夜になっていた。

そして…再び不自然な振動が一郎の部屋を襲う。
昨日の出来事はやはり夢ではなかったのか、と緊張感を高める。

そんな一郎の腹部を突然開いた机の引き出しが直撃する。
不意を突かれて悶絶しながら一郎が振り向くと、開いた机の引き出しから不思議な光が溢れ出す。

この展開は…ネコか?ネコ型ロボットがでてくるのか!?
という一郎の期待を裏切って
現れたのはファンタジーモノのゲームから抜け出して来たかのような服装をした3人の美少女だった。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ005669
ファイル名/ファイル容量
VJ005669.zip / 739.6MB (775530949Byte)
CPU
PentiumIII 450MHz以上
メモリ
256MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0004462D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004462D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ろーるぷれいんぐがーる Windows10対応版」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件