美少女ゲーム > Rosebleu > Tiny Dungeon~BLESS of DRAGON~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 Rosebleuフォローする
販売日 2011年03月25日
シナリオ あごバリア
イラスト 観音王子 / / 久遠樹 / すずめみく
声優 北都南 / 五行なずな / 遠野そよぎ / 桃井いちご / 青山ゆかり / 佐々留美子 / 真中海 / 角川竜二 / 城樹翔 / 夏野こおり / 桜川未央 / 緒田マリ / 湖月紅れ葉 / 木村あやか
音楽 内藤侑史&山田屋カズ(BAL)
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 未来を選択するAVG
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

2010年6月に発売した「Tiny Dungeon 〜BLACK and WHITE〜」の続編となります。
前作が魔族「ヴェル=セイン」を中心とした話だったのに対して、
本作は竜族「ウルル=カジュタ」を中心とした物語となります。
前作に比べ、ギャグやパロディをふんだんに盛り込んだ内容となり、
前作ではサブヒロインだった「オペラ=ハウス」「フォン=テルム」の2キャラをメインに加え、
さらにパワーアップしたドタバタコメディ(ちょっぴりシリアス)な作品です。
ストーリーとしては前作の続きではなく、同じ主人公、同じ世界による、別の未来を描いています。

■□■ストーリー■□■
力を育てるために作られた学園トリニティ。
白鷺姫は、かつての戦争を引き起こした種族である人族として多種族に蔑まれながらも、
他人を守れる力を得るべくこの学園の生徒として通っていた。
魔族のヴェル、伸族のノート、竜族ウルル。各世界においても最強クラスの力を
もつ少女達に認められ、クラスメイトであるデイルとも剣を交えて友人となり、
少しずつ、けれども確実に周囲を変えていく姫。
そんなある日、竜族の王女ウルルは、ローブに身を包んだ怪しい人物と学園内で接触。
これを撃退する。怪しげな言葉を残して立ち去ったローブの人物。
そして数日後、魔族の少女が一人、トリニティへと編入してくる。
『フォン=テルム』。そう名乗った少女に小さな不安を感じたオペラは、
ウルルにも言わず、ある願いを姫へと告げた。
それが金竜ウルルと過去との対峙に繋がることを、まだ誰も知らない……。

■□■登場キャラクター■□■
●ミヤ(CV:真中海)
トリニティ内でたまに姿を見る少女。
明るく素直で可愛らしい少女だが、トリニティの制服は着ておらず、
かといって誰もその少女のことを知らないという謎の人物。
姫を気に入っているのか、姿を見かけると嬉しそうに駆け寄ってくる。

●ウルル=カジュタ(CV:北都南)
竜族王最後の生き残りにして、最強の力を受け継ぐ最後の金竜。
外見的には小さく、一言で言えば『ロリ』そのものだが、竜族の寿命は人族のおよそ十倍。
これでも160歳の恐るべし合法ロリ。
とはいえ竜族的にはまだまだ若く、その内面も十分に子供っぽい。
『白鷺姫』をにいさま、と呼んで慕っているが、その感情が『家族』としてなのか
『男女』としてなの、そこが問題だ。

●ヴェル=セイン(CV:五行なずな)
魔界における最強にして希少な種族『魔王の血族』にして、現魔界をすべる女王の一人娘。
トリニティはおろか、魔界全土においても最上位クラスの力を持つが、
その力は基本、『白鷺姫』のために使われる。
興味を持たない相手には素っ気ないが、一度心を許した相手には義理堅い。
また内面的には一途で健気な純情乙女である。
かつて『白鷺姫』によって救われたことがあり、それ以降すべてを『白鷺姫』に捧げるために
準備してきた。その甲斐あって、掃除・洗濯・食事などはなど花嫁修業は充分。
一途で健気な純情乙女でもあり、どこに嫁に出しても恥ずかしくない美少女である。
なお、よく周囲の人物からはツンデレだ、等と称されるが、これはまったくの間違い。
姫を相手にするヴェルに対し、ツンなどは存在しない。100%デレのみなのだから。

●ノート=ルゥム(CV:遠野そよぎ)
神界王家の長女であり、神界の切り札。
神界においては神の銀の含有率が、その魔力の強さを表わしているが、
完全銀髪という数百年ぶりに現れた逸材である。
その類い稀な美貌と最上位の力に神界においての人気は高いが、本人は気弱で
大人しいために、今一つ踏み込めない。
また、基本スキルとして『どじっこ』『いじられ役』などを結構なレベルで
保持しているために、日常生活では結構素敵な失敗もみせる。
なお、その失敗の大半は『白鷺姫』へのサービスとして、
彼におおいなる役得をもたらす場合が多い。

●白川 紅(CV:桃井いちご)
トリニティに在籍するたった二人の人族。それが『白鷺姫』と、彼女である。
この世界の人族に対する扱いは決して良いとは言えず、女性でありながらも
『白鷺姫』と同じ寮の同室で生活している。
生真面目な分、戦士としての成績は優秀。
ただし少々詰めが甘く、女として『白鷺姫』にらっきーすけべを与えることは数知れず。
その度に自らの甘さを悔いている。

●オペラ=ハウス(CV:青山ゆかり)
ウルルに仕える従者にしてメイド。
家事はもちろん戦闘技術に至っても最上位クラス。
また、ありえないようなマジックアイテムをどこからか調達してきたり、
彼女に不可能は本当の意味でないのでは、と言われる不思議人物。
ウルルのためならどのような苦労も厭わず、その命すら投げ出せるが、
その一方で容赦無くイタズラしたりいじり倒す危険人物。
竜族は、基本ウルルのためならたとえ火の中水の中、であり、
あまりの忠誠心に時々変態扱いされることがある。

●フォン=テルム(CV:佐々留美子)
若いながら、現魔界の女王である『トリア=セイン』にも信頼される力を持った、
次期魔界のNO.2を確実視される少女。
全世界においても珍しい魔族と竜族のハーフであり、その二つの特性を併せ持った
戦闘力は、ヴェルにすら匹敵する。
一見礼儀正しい美少女だが、力のないものに浴びせられる礼儀正しい悪口雑言の
数々は、その精神をたやすく破壊する。
もっとも、あまりの破壊力から新しい世界への扉を開いてしまう者も多数いるらしく、
最近では「もっとなじって下さい」などといい始める輩に対し困っているもよう。

●アミア=ルゥム(CV:夏野こおり)
神界王家の第二王女。ノートの妹である。
髪の銀の含有率はかなり高く、魔法の腕は一流。
更に言うなら重度の魔法オタクでもあり、効率の悪さや使い道の無さから
使い手のいなくなったような古い魔法を自ら調べ、多数憶えている。
また、魔道師でありながら接近戦を好むという突撃娘。
姉をこよなく愛するシスコン娘でもあり、そのスカートをめくることで愛情表現を
示すという困ったちゃんだがよくやった、な少女である。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ005619
ファイル名/ファイル容量
総計 2.58GB
VJ005619.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ005619.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ005619.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ005619.part4.rar / 348.06MB (364971354Byte)
CPU
Pentium4 1GHz以上
メモリ
512MB以上
必要解像度
1280*720
DirectX
DirectX 9.0c以降
ソフ倫受理番号
受理番号0004411D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004411D)

Tiny Dungeon~BLESS of DRAGON~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Tiny Dungeon~BLESS of DRAGON~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!面白かった

2011年06月07日  

このレビューは参考になった×0人

相変わらずあごバリアさんのシナリオは素敵過ぎる。ここまで笑える作品っておっちゃんがやった中ではほとんどなかった気がします。
とはいえコメディーパートだけでグダグダにはならずにシリアスパートもありしっかり作品にめりはりをつけておりのめり込むことが出来ました。

さていよいよ次の作品がクライマックスになるのかな?おっちゃん発売が楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]