美少女ゲーム > ルネ > 小公女・シャルロット 「ご主人様の処女人形」

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 ルネフォローする
販売日 2011年02月25日
シナリオ りりあん嬢 / 髪の毛座
イラスト スカイハウス
声優 澄白キヨカ / かわしまりの / 桜川未央 / 瀬良木若菜 / ももぞの薫 / 青葉りんご
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / いじめて系メイド弄りまくりADV
その他
ジャンル

作品内容

◆ストーリー◆
1889年———。
時は産業革命時代。舞台はヴィクトリア朝の英国。

数年前に両親を馬車の事故で失い、一人ぼっちになってしまった大富豪の青年が主人公。
愛する家族もなく、自堕落で退廃的な人生を送っていた。

広大な屋敷にはたくさんのメイド達が働いているが、そのほとんどが青年の財産を目当てに
親戚たちが送り込んできた子飼いの女たちである。
こと有る事に誘惑をし、手切れ金としてまとまった金銭を要求するために「お情け」と称して
子種を欲しがる彼女達に辟易してはいたものの、やり場のない焦燥感を彼女達の体に吐き出していた。

そんな中、一人の少女が新しいメイドとして、その屋敷にやってくる。
寡黙な上、引っ込み思案だが一生懸命仕事を覚えようと働いているその姿を見た青年は
ほかのメイド達と違った清楚さをその少女に感じ、ある種の親近感を持ちかけていた。

しかし、ある晩、青年の寝室を寝間着姿で訪れた彼女が「……お情けを下さい」と言ってしまった事で、
運命は変わってしまう。

「この女もほかの女たちと一緒だ! 私の財産が目当てなんだ!」

それから青年は昼夜を問わず、彼女の体を弄び悦楽の極みにつれていこうとする。
彼女の名前は『シャルロット』、蕾からその美しさをほころばせ始めたばかりの少女であった———。

◆登場人物◆
●シャルロット・アデレイド・モーリッツ
ウィルの屋敷に新しくやってきたメイド。
人見知りが激しく他人とはめったに口をきかない。
何か悩み事があっても自分の内に閉じこもってしまうタイプ。
虚弱体質で気が弱く全体的に控えめなとっても地味な性格。
主人公に特別扱い(身の回りの世話、性的奉仕も含む)されてからは
他のメイドたちからいじめを受けることも。

●メアリー・アンダーソン
ウィルの非常識ぶりに父親時代の使用人たちが次々辞めていって、最後に残った古株のメイド。
仕事熱心で心優しいメイド長で、ほかのメイドからも一目置かれて慕われる存在。
実は主人公の初体験の相手。
思春期になったウィルに、手慰みのように抱かれ、それ以来度々身体を重ねている。
たとえまったく報われなくても、単なる欲望のはけ口でもいいから、
主人公と二人だけの時を過ごせることを喜ばしく思っている。

●ウルミラ・ムジャヒルディーン
病気で身体を壊した祖父の代わりにターナー家にやってきた有能な男装執事。
前の家を去った理由は、そこの主が自分に手を出しそうになったから。
執事としてではなく、女として見られていたことに、屈辱を覚えた。
一方で、女として見られて嬉しく思った自分がいて、それにも憤ってしまう。

●エミリア・ソフィー・キングストン
上流貴族の子女で、淑女としての教育を受けてきた。
感受性が強く聡明な美人だが、階級意識が強く下流の人間をナチュラルに見下すところがある。
本来は素直な娘で、階級意識は両親の躾によるもの。
厳格な両親の前や社交場ではものすごく上品なレディとして振舞うものの、
心を許した相手(兄弟)にはわがままな甘えん坊になる事も。

●マティルダ・メアリ・カーネル
ピカデリーサーカスで花売りをしていたときに、
主人公に自分を押し売りしてやってきた、はすっぱで勝ち気なメイド。

●ベアトリス・エルンスト・ルートヴィヒ
ドイツ出身だが、家族と生き別れて今の屋敷に拾われて働いている。
「餌付け」と呼んで台所の余りもので、動物や浮浪児などを馴らすのが得意。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ005468
ファイル名/ファイル容量
VJ005468.zip / 1018.19MB (1067650944Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / Pentium4 1.2GHz以上
メモリ
512MB以上 / 1GB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003969D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003969D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「小公女・シャルロット 「ご主人様の処女人形」」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 4件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

メイド(4) 着衣(3) 調教(2) むちむち(2)

ピックアップ

おすすめ!無題

2013年08月26日  

このレビューは参考になった×5人

レビュアーが選んだジャンル :

ルネお馴染みの夜の調教システムがあるADVゲーム。
調教できるのは1人だけだが、逆に今作のように軽めの方がいい。
同ブランドの「戦乙女シリーズ」と比べて、シナリオやヒロインの人物背景も
しっかりあり作業ゲーにならず楽しめた。
Hシーンは圧倒的にシャルロットが多い。
タイトルに名前が入っているのでそれは仕方がないが、
贅沢を言うならもう少し他のヒロイン・サブキャラのシーンも増やして欲しかったと思う。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!メイドさん調教

2017年11月24日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

メイドさん調教ものです。
調教ものに定評のあるルネの作品なだけあって、文句なしのクオリティでした。
最初はたどたどしかったメイドさんが次第に積極的になっていく様はひどく興奮しました。
メイドさんの調教ものが好きな人は間違い無いと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

なかなか

2013年08月19日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

当時は澄白キヨカ女史のヒロインに飽きていた事もあってスルーでしたがこれは、もみじ「わたし…人形じゃありません…」の正常進化版といった所で、個人的には某戦乙女や姫騎士よりも好きです。館・メイドモノ、が好きならご一考を

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

世界観

2011年04月08日  

このレビューは参考になった×4人

舞台は産業革命時期のヨーロッパ。
特権階級である貴族達と、それ以外の平民。
それらの絶対的な『差』等の、世界観が丁寧に書かれていて、そのころの時代が好きな人にはすんなり物語に入っていけるのではないだろうか?
私は、所謂ただの『メイドという存在が好き』なだけの人間なので、そのあたりを絡ませたストーリーはあまりピンとこなかったというのが正直な所。

しかし、非常に実用的。

声優さんもいい仕事をしているし、システム面でもストレスは感じない。
(但し、システム面の修正でメーカーからパッチが出ているので、忘れずに充てて下さい)

絵が好み。
メイド好き。
エロ目的。

いずれかに該当する諸氏ならば、お薦めできるものと思う。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]