美少女ゲーム > ninetail > Venus Blood -EMPIRE-

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

◆◇◆ストーリー◆◇◆
魔の帝国『バルドル』の前線指揮官フリード。
彼の使命は、敵対する光の女神達の軍を退け、守護する『善の五国』を陥落すること─。

「全て手に入れてやる。人も、国も、そしてお前たち女神もな─!」

激しい戦いの末に捕らえた女神たちは、魔具『ドラウプニル』の持つ
触手の力で「堕ちた女神」へと強制転向し、その力すらも取り込んで、
フリード軍は急成長を遂げていく。

彼の軍がもたらす戦果に湧き上がる帝国陣営だったが、それがやがて本国をも
巻き込む大戦の引き金になることを知る者は、いまだ少ない─。

◆◇◆登場キャラクター◆◇◆
●帝国遊撃師団長フリード
本編の主人公。
バルドル帝国遊撃師団の軍団長。好戦的で野心家。
自分自身で集めた少数精鋭の部隊を率いて戦場を駆け回っている。
武力と才覚に恵まれ、部下からのみでなく、女王からの信望も厚い。
今回、フィーリアスの五国攻略の命令を受け、前線指揮官として出撃。
与えられた権限の中、フィーリアスに己の国を建てるべく進軍を続ける。

【大地の女神 アリアンロッド】 CV:香澄りょう
●守護の戦神 アリアンロッド
大地と守護を司る女神。
フィーリアス北西の平原国家『アルテミシア教国』に加護を与えている。
真面目で一途、騎士のような性格であり、戦の女神として献身的に戦場に赴く。
しかしながら、慈愛と優しさも持ち合わせており、民や信者からも慕われている。
女神達の中では戦闘・戦術に長けており、国力において他国より乏しいとされる
アルテミシアにおいて、魔族の侵攻を阻む大きな要因となっていた。
戦いと医術・農耕を司るが、時に激しく荒れ狂う“激昂”の側面も持つ。

★(悪堕ち後)魔剣の姫神 アリアンロッド
戦に敗北して捕らわれ、徹底した触手快楽責めの果てに堕落したアリアンロッド。
フリードを主として認め、彼に敵対する者には容赦しない。
戦いの高揚とともに、快楽を覚えるほど、淫蕩で邪悪な神気に満ちている。

【光の女神 イルダーナ】 CV:紫苑みやび
●秩序の主神 イルダーナ
光と秩序を司る女神。
フィーリアス北方の大国『ハルベルズ王国』に加護を与えている。
丁寧で温和な口調・物腰で包容力もあり、善の五国の女神達の中でも中心的な存在。
最も強い神力を持つ善の女神であり、従属神でもあるアリアンロッドとは関係も深い。
正義と法・秩序を司るが、時に断罪執行の“非情”さの側面も持つ。
徐々に結界が弱まる現状を憂いており、維持するために手を尽くしているが……。

★(悪堕ち後)解放の女神 イルダーナ
徹底した倒錯アナル責めの果てに、公衆の面前で民達から輪姦を受け、
秩序の女神としての存在に揺らぎを与えられて堕落したイルダーナの姿。
抑圧された秩序を捨て、自由と解放を旨とする女神として生まれ変わった。
女としての全てをフリードにさらけ出し、捧げることで変わりない忠誠を誓う。

【水の女神 ツクヨミ】 CV:朝倉奏美
●豊穣の女神ツクヨミ
水と豊穣を司る女神。
フィーリアス南東の水の国・八州皇国(はっしゅうこうこく)に加護を与えている。
性格は飄々としたもので、いつも酒瓶を片手に上機嫌。
口調もどこか人を食ったような喋り方をするが、所々に冷静さや含蓄が多分に含まれる。
はるか昔に、遠い東洋の地からフィーリアス地方に来たとされる外来の女神。
商売と海運・伝達を司るが、時に変革を厭う“停滞”の側面も持つ。

★(悪堕ち後)陶酔の女神ツクヨミ
フリードとの戦いに敗れ、その身も心も、触手責めによって快楽の虜にされた。
好物は酒と精液といわんばかりの、ザーメン狂いとなる。
自らの主人として認めたフリードの精を、今日も愉悦交じりにその身に受け止める。
堕落したその心は、彼女の持つ神具の刀にも禍々しい変貌を与えることとなった。

【火の女神 マリス】 CV:榎津まお
●発展の鍛冶神マリス
火と発展を司る女神。
フィーリアス南西の工業国『ローヴェリア共和国』に加護を与えている。
快活そうな少女のようにも見える、鍛冶と工業、そして発明の女神でもある。
鍛冶屋の娘のようないでたちだが、その力は他の女神に比べても遜色ない。
きっかけを与える事で自ら進歩していく人間のことを好いており、
国民も女神から与えられる技術のきっかけを非常に大切にしている。
鍛冶と工業・直観を司るが、時に火の如く全てを飲み込む“強欲”の側面も持つ。

★(悪堕ち後)兵器の女神マリス
戦に敗れたマリスは、自らの国の機械によって一昼夜延々と開発され続けた事で、
淫欲を求める女神へと成り果てる。
性に対して貪欲になった事が鍛冶にも影響を与えているのか、
堕ちたマリスが造り出す“武器”は“兵器”とその名を変えて戦場で猛威を奮う。

【風の女神 ジルニトラ】 CV:沢代りず
●叡智の竜神ジルニトラ
風と叡智を司る女神。
フィーリアス中央の山間の連合国家『ユートラント連邦』に加護を与えている。
幼げな容姿に、寡黙で多くを語らないクールな性格。
竜の血を宿す女神ともいわれ、その姿の各部位には竜の眷属のようないでたちがみられる。
基本的な術理概念が異なる法術と魔術の二つの力を高いレベルで行使することができる
図抜けた神力と魔力を同時に宿す特殊な存在。
魔術と知識・伝承を司るが、時に知識収集のための“狡猾”さの側面も持つ。

★(悪堕ち後)魔導の竜神ジルニトラ
フリードに敗れ、徹底した触手調教を受けて悪に堕ちたジルニトラ。
彼女に襲いかかる激しい性欲の高ぶりは、冷静な少女を立派な雌竜へと変化させる程。
そして魔と人の知識を融合させる事により、更なる高みへと達した彼女の魔術は
フリードの害敵を排する牙となって荒れ狂う。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ005441
ファイル名/ファイル容量
総計 2.38GB
VJ005441.part1.exe / 762.94MB
VJ005441.part2.rar / 762.94MB
VJ005441.part3.rar / 762.94MB
VJ005441.part4.rar / 153.13MB
CPU
PentiumIV 1.2GHz以上 / PentiumIV 1.5GHz 以上
メモリ
1024MB以上 / 2048MB以上
VIDEO
VRAM 16MB以上 / 32MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c 以上
ソフ倫受理番号
受理番号0004358D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004358D)

Venus Blood -EMPIRE-の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Venus Blood -EMPIRE-」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

触手(2)

悪堕ち好き必見

2017年09月01日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

古いゲームではあるが、悪堕ち界では名の知れたゲーム。悪堕ち好きは是非プレイするべきであると思います。シュミレーションゲームとしても高い評価があり、戦略を練って女神をどのように堕とすか計画するのも楽しめます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

Venus Blood 第4弾

2012年11月05日  

このレビューは参考になった×0人

悪堕ちといえばVenus Blood と思い浮かぶほど名の知れたシリーズの第4弾。今回も前回同様女神を堕落させ軍団の一員にする。また洗脳や改造で一気に落とすのではなく、エッチによって女神たちを使命などから解放し欲望に素直にさせる。と、わりと王道な流れでその相手が魔族だから結果的に堕転し悪堕ちという形になるだけである。
シミュレーションとしてもしても高く、難易度も選べ、3種のメインエンド後に出るカオスモードもありそれにも難易度があるのでいつまでも遊べる作品と思う。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]