美少女ゲーム > スタジオカメ > シキタリ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■あらすじ
古の昔から、時の権力者に女を差し出すのをシキタリとすることで生き残ってきた村。
そうとは知らず、妻とともにワナに落ちた俺は、蔵座敷の檻の中、
囚われの身のままで、妻、そして一人の少女と、連中の片棒を担ぐかたちで性行為に耽ることになる。

甘い草の香りに、恥ずかしがりの妻が、何も知らなかった少女が、
その心と身体を淫らに溶かされていく中、俺はそんな二人をただのメスに仕込んでいく。
妻との激しいセックス、少女の処女姦通から始まって、
口唇奉仕、3P、集団姦、潮吹きに放尿、拘束したままの強制プレイ……
仕込みがエスカレートしていくに従い、性欲に開花した二匹のメスは、
誰のモノでも見境無く、男性器にむしゃぶりつくようになっていく。

そんな二人を犯し、犯されながら、それでも俺は、村からの脱出の機会を窺いつづける。
その時、連れ出すのは、淫らに熟れた妻か、性の悦楽だけを知ってしまった少女か、
それとも……

■登場キャラクター
●主人公
不況で現在失職中。
学生時代から付き合っていた彼女(ユミ)と結婚したばかり。
妻の仕事に付き合うというカタチで、今回のことに巻き込まれる。
村の連中に脅され、妻と囚われていた少女を相手に性行為を重ねることになるが、
それに溺れすぎることなく、脱出の機会を虎視眈々と狙いつづけている。

●ユミ (CV:大葉 じゅん)
身長164センチ、3サイズは84,61,86。
健康的に成熟してる感じ。
人の好く笑みを絶やさない、良妻賢母タイプ。
男性経験は夫(主人公)のみ。
貞操観念は強め。
ベンチャー系の勢いがある会社に勤めている。
真面目でしっかりしており、夫がリストラになっても責めたりすることはなく、
自分が支えなければいけないと健気に思っていたところ、会社の会長の社命で
ある村に伝わる生薬の生産体験レポートを、一ヶ月間その村に住み込むという
カタチで提出するように言われて、それを引き受けたことで今回のことに巻き込まれる。
彼女が出張を引き受けた理由は、新婚なので夫随伴可、旅費その他は全て会社負担、
成果によっては昇進、そして夫のほうにも手当てを出す、場合によっては採用する、
という条件があったから。

●レイコ (CV:古天条 花寿乃)
囚われていた少女。
身長147センチ、3サイズは79,57,78。
小柄で華奢、長い黒髪がキレイな美少女。
しかし今は状況的におどおどしており、縋るような上目遣いで主人公を見つめてくる。
処女。交際経験なし。
もとは令嬢だったが、会社が傾き、結果、前からその美少女ぶりに目をつけていた
出入りの資産家に使用人として売られた。
その資産家が、彼女の性奴隷化をここの村に依頼したせいで囚われている。
そういった経緯から、育ちはいいものの他人を信じられなくなっている。
囚われた主人公たちには、それなりに心を開く。
特に主人公に対しては、
「自分は悪くないのにどうしてこんな目(リストラ・売られる)に……」的なことで通じ合い、
こんな状況でも優しく接してくれたので、自ら処女を捧げ、格別な好意を寄せるようになる。

●儀助
村人。
このシキタリの仕切り役。
年齢は50歳前後。
女を仕込むための若い村人たちが事故で一度に亡くなってしまったため、
主人公にそれをやらせるように仕向ける。
そこそこ頭が切れるし、基本的に女の仕込みに手を下すことはしない。

●豪蔵
村人。
年齢は40歳前後。
大柄で粗野で愚鈍な顔立ち。
猟銃やナタで武装し、女の仕込みにも介入してくる。
主人公の妻(ユミ)を気に入り、ユミに対して執着を見せる。
馬並みの巨根の持ち主。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ005391
ファイル名/ファイル容量
VJ005391.zip / 900.2MB (943925912Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 (Vista/7は1GHz以上)
メモリ
256MB以上 (Vista/7は1GB以上)
VIDEO
VRAM 16MB以上 (Vista/7は128MB以上)
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0004344D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004344D)

シキタリの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「シキタリ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!ラブラブ調教と寝取とらせ

2011年05月10日  

このレビューは参考になった×3人

欠点からあげておくと、短くコストパフォーマンスは悪い。シナリオも薄い。

愛妻ともども囚われて、妻と別の少女(処女)を調教するという話。調教といっても難しいことは全然なくて、たんにエッチしているだけ。相手も嫌がらない。少女は、変で気色悪い村人の中で、普通な主人公が何倍もマシらしく、すぐに好意を寄せてくる。

意外なことに、小汚い村人にレイプされた(されそうになっている)状況下で、主人公に好意を寄せる少女と妻は、エッチの最中に「好き、好き」とか「愛している、愛している」など連呼するので、ラブラブ感たっぷり。

二人のうちどちらを調教するか選択して話が進んでいくけど、調教役がもう1人いるので(声付き、顔なし)、選択しなかった女性は、その調教役がエッチすることになる。つまり、これは自分の相手と同時に、寝取らせる相手を選べることになる。小汚い村人に差し出すのは、愛妻か、健気な少女のどちらか、これが意外と背徳的。

輪姦はなし。主人公意外によるシーンもほんの少し。バッドエンドで多少の寝取られはあるけど、基本は主人公ラブ。

見捨てられた女性による裏切りとかあれば傑作に化けたのだろうけどシナリオが短いかな。他にあまり例の無い作品なのでおすすめ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]