美少女ゲーム > ぱじゃまソフト > プリンセスうぃっちぃずEXCELLENT

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年01月28日
シナリオ しげた
イラスト かんなぎれい
声優 大波こなみ / 朝宮咲 / 北都南 / 手塚まき / 友里杏
音楽 アメディオ
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / ドキワク魔女っ娘バトルアドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

★☆★ドキドキワクワクを実現する3つの要素★☆★
■ドキドキわくわくのストーリー展開
ストーリーは、プレイヤーがヒロイックファンタジーを楽しんでもらうことに重点を置いています。
プレイヤーは、ヒロイン達と一緒に悪を倒すという使命を果たします。
その途中で、様々なイベントや、アクシデントが起こり、起伏の激しいドキドキワクワクな展開が目白押しです。
お話自体も深みを増して、読み応え十分な内容に仕上がっています。
ヒロインの正体や、敵の真意など、様々な謎を解き明かし、
人間関係の因果や、発生する問題をプレイヤー自らが解消していきます。
気づいた時には、主人公とプレイヤーが一体化して、最後は感動のクライマックスを迎えることでしょう。

■派手で気持ちの良い新感覚!魔法バトルパート
『プリっち』では、魔女っ娘ゲーという内容に沿った魔法バトルが楽しめます。
対戦格闘ゲームのように、スピーディーにキャラクターがカットインしたり、
集中線や効果背景などをサクサクと切り替え、気持ちの良い効果音や必殺技ボイス等と連動させて、
動きのあるアドベンチャーを演出!
ミニキャラ素材を使うのとは違った、新しい戦闘システムです。

■エロと萌えと、濃さにこだわったHシーン
そしてエロゲーはやっぱりエロく無くてはいけません!!
エロシーンを重ねることで萌えを実現する『エロ萌え』(萌えエロに非ず!)をテーマに、
学園モノ、寮生活、そして魔女っ娘モノならではのシチュエーションや、
回数にこだわった萌え満載のHシーンを提供します!

★☆★ストーリー★☆★
主人公・御堂真樹は、世界を救うようなヒーロー憧れる、夢見がちでちょっとスケベな学生。
そんな彼の前に、学園の女子ばかりが、何者かに襲われるという事件が起きる。
「俺の出番だ!」と使命感に燃える真樹。
「事件を解決すれば、女の子にモテモテ」という下心もあったり。

真樹は宝物の日本刀を手に取り、調査へ向かう。
そこで目にしたのは巨大なドラゴンと戦う一人の美少女、クルル。
クルルは魔法を使い、鮮やかにドラゴンを一蹴。
その姿に運命の出会いを感じた真樹は、クルルに生涯で1000回目の告白。
勢いでハプニング的なキスをしてしまい、なぜかその魔力を奪ってしまう。
魔法の使えなくなったクルルだったが、
魔力を得た真樹と、二人三脚でなんとかドラゴンを倒す事に成功する。

魔物と戦う力を失ってしまったクルルに対し真樹は、
対魔物組織「魔女っ娘委員会」を、学園内に設立する事を提案。
魔女っ娘ヒロインを集め、共に未知なる魔物と戦う、
華やかでドキドキワクワクの冒険活劇が幕を開けたのだった!

★☆★登場キャラクター★☆★
■クルル (CV:大波こなみ)
魔女界からやって来た魔女界のプリンセス。
天真爛漫な女の子で、喜怒哀楽が激しく、表情がコロコロと変化する。
失敗して極限までへこんでも、すぐ明後日を向いて、前向きに生きようとする。
楽しいことや新しいことがとにかく大好きで、好奇心の代償を被ることもしばしば。
正義感が強く、悪は絶対に許さない。
人間界で起きている魔女がらみの事件を解決しに、人間界へやって来た。

■雀宮林檎 (CV:朝宮咲)
西野坂学園に通う生徒。主人公とは腐れ縁で、小さな頃から同じ学校、同じクラス。
主人公とは仲が悪いわけでもないのに、言動がいちいち癪に障るようで、
いつも喧嘩ばかりしている。
とても活発で体を動かすことが大好き。じっとしているのが落ち着かない性格。
理性のネジがはずれると、止まらなくなる。また、そのネジもはずれやすい。
怒るときの口癖は馬鹿○○○(ち○こ・ち○ぽ・ペニス)
実家の雀宮神社は縁結びの神社として有名。

■春日かれん (CV:北都南)
謎の転校生。
クルルと同じく、普通では考えられない時期に転校してくる生徒。
冷たい印象を持つ女の子。
言葉少なく、あんまり人と喋ったりはしない。
やけに凛々しい言葉遣いで、気丈な感じ。
優等生っぽく見えるが、勉強は不得意。
騒がしい主人公たちの背後で、ボーっとしているのが日常。
左手に本音を語るぬいぐるみを装備している。
転校早々、あんドーナツで買収され、友達になる。
以降、あんドーナツは切っても切り離せないおやつ。

■委員長 (CV:手塚まき)
西野坂学園に通う生徒。実際は、委員長ではなく生徒会書記という役職を担っている。
それなのに委員長と呼ばれるのは、もはやお約束。
委員長らしく、普段は真面目で風紀にうるさい。
そのくせ、自分の風紀は乱れがち。
他人のペースに乗せられやすく、変なことをされてもワンテンポ遅れて怒ることがしばしば。
意地を張る者に対しては、強気。
反面、少しでも下手に出られると許してしまうお人好し。
主人公達の所行に巻き込まれた挙げ句、被害に遭うのは自分だけというパターンが多い。
クルルが転校してきてから、魔法のせいで問題だらけ。
頭を悩ます毎日を過ごしている。

■リリアン先生 (CV:友里杏)
休職した元担任に代わり、主人公達のクラスを受け持つことになる臨時の教師。
外国からやって来た美術の先生。
言動が怪しく、見た目からもボケキャラのように見えるが、根は真面目でしっかり者。
授業の準備もちゃんとしてるし、生徒に対する思いやりもある。
しかし、よく無理するので、常にキャパシティオーバー(テンパっている)。
結局、堪えきれずにボケてしまう不憫なキャラ。
手先が器用で、裁縫や芸術に関してはプロ級の技を持つ。
いつも美術準備室に籠もっては、塑像に精を出している。
へこんだ時の口癖は「はみゅ〜」

■雀宮一恋 (CV:友里杏)
雀宮林檎の妹。
林檎の実家である雀宮神社の巫女さんで、いつも境内の掃除をしている。
姉の林檎をとっても尊敬している。
もちろん、大好き。
清楚可憐で猛烈なまでに素直な女の子。
おっとりまったりとした大和撫子な性格だが、姉譲りの行動力を持つ。
反面、世間に疎く、巫女装束で外出したりするお茶目さん。
最近はケーキ屋に通い詰めで、ケーキ作りが趣味だとか。

■美少女仮面パピリン (CV:??)
蝶の仮面をかぶった謎の美少女。その名もパピリン。
西野坂学園の平和と風紀を守るために日夜戦い続ける正義のヒロイン。
神出鬼没で、その場を荒らしに荒らして去っていく。
蝶のように舞い、蝶のように刺す(?)ことを心がけている。
登場時には自前のラジカセでテーマ曲を流す、相当な用意周到ぶり。
決め台詞は、「闇に紛れて、叱責よ!」
仮面の下に隠れた素顔を見た者は、未だに誰一人としていない。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ005376
ファイル名/ファイル容量
総計 2.51GB
VJ005376.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ005376.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ005376.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ005376.part4.rar / 283.52MB (297288609Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / Pentium4 1.3GHz以上
メモリ
256MB以上 / 512MB以上
VIDEO
VRAM 32MB以上 / 128MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 8.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0004079D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004079D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「プリンセスうぃっちぃずEXCELLENT」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

ギャグ路線からシリアスに

2016年08月18日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

中盤まではハイテンションでギャグや下ネタが繰り返される独特のノリが続くのですが、終盤になるとヒロインの正体、魔女の世界の謎が関わるシリアスなストーリーが展開されます。

良くも悪くも前半と後半の印象が違うので、どちらか片方だけ求める人には向かないかもしれませんが、どちらも楽しめた自分としては、一粒で二度おいしい、そんな印象の作品でした。

戦闘システムも難しくはないけれども、何も考えず勝てるほど甘くない、という絶妙なレベルで良かったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]