({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 bootUP!フォローする
販売日 2011年01月07日
シナリオ 長野ヒロユキ
イラスト 東雲一彦
声優 木村あやか / 本山美奈 / 遠野そよぎ / 松永雪希 / みる / 北都南 / 岬友美 / 葵海人
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 双姉とLOVEエロしちゃうAVG
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■ストーリー
双子の姉『美琴』と『春奈』と共に暮らす主人公——『山城優一』。
数年前、突然の事故で両親を失い互いに引き裂かれる運命にあった。
しかし、叔母である二条出雲が助け船を出し、3人はそのまま両親の住んでいた家で生活を続けることになる。

優しく、そして時には厳しく、まるで母親のように身の回りの世話をしてくれる『美琴』。
がさつで素直じゃない所があるけれど、何だかんだで優一を助けてくれる面倒見のいい『春奈』。

両親のいない生活にあれやこれやと苦労をしながらも、大好きな姉二人との生活を送る優一。
そして両親が亡くなってから数年の月日が流れ、学園に入って二年目の夏休みが訪れた——
今年も去年と同じように退屈で暑い日々が繰り返される。
そう思っていた矢先、思いがけない出来事が優一に起こる。

『ねえ、優一……その、あたしと……付き合ってみない?』

夏休みが始まりと同時にクラスメイトの若葉から突然の告白され、交際を迫られたのだ。
若葉の事は嫌いじゃない。
むしろ好きだ。けど——
二人の姉——美琴と春奈に対して不思議と後ろめたさを感じつつも、揺れる優一の心。
悩んだあげく、優一は何かを吹っ切るように若葉との交際を決意する。
そして翌日——優一はそのことを若葉に伝える。胸の奧にモヤモヤとしたものを抱えたまま……。
モヤモヤとした気持ちの正体——それは二人の姉に対する禁断の想いだった。
だが、そんな優一の想いを断ち切るかのように、若葉は積極的な行動に出る。

『あたしが優一に告白して……OKして貰ったんです。
 だから……あたし達、恋人……っていうには、まだまだだけど、交際することになったんです!』

若葉は二人の姉の前で堂々と交際宣言し、その証拠とばかりにキスをして見せたのだ。
あっけにとられる美琴と春奈。
そんな二人を横目に大胆に口づけを繰り返す若葉。
驚き、困惑、寂しさ、そして悲しみ——
複雑な色を見せるみこ姉と春姉の瞳を横目に見ながら——
自分の心の奥にあった『気持ち』が——
そして、停滞していた『時間』が——前に向かって確実に動き始めるのを、優一は確かに感じていた。

夏休みを通して、恋人として優一が選んだパートナーは——
若葉? 美琴? 春奈? それとも別の誰かなのか?

『びたー&すいーと』

少しだけほろ苦くて、とっても甘い全五章で綴られるLOVEエロ物語が今始まりを告げる。

■登場キャラクター
●山城 美琴(やましろ みこと)
CV:木村あやか

『あら、おはよう、優くん。うふふ、大きなあくび……もしかして寝不足?』

主人公の姉で、春奈の双子の姉。
とても面倒見が良いしっかりとした性格で、すでに他界してしまっている両親に変わって
家事を中心に春奈と優一の面倒を見ている。
家事は得意中の得意。
努力家で、何事にも一生懸命。
ただし機械との相性は最悪らしく、かなりの機械オンチ。
弟である優一のことは、とても大切に思っていて、
時には厳しく、そして優しく、姉として何かと世話を焼いている。
いつも笑顔を絶やさない穏和な人柄だが、時々、思いも寄らぬ大胆な行動を取ることも多い。
さらに起こらせるとやっかいな性格で、ニコニコしながら怒気を発することで、
優一や春奈を震え上がらせることもしばしば。
また、あまり面には出さないが、妹の春奈に負けないくらいヤキモチ焼きだったりする。
美空学園を卒業後、大学に進学せずに家事に専念。
家計を少しでも楽にしようと、昼間を中心にパートとして働いていたこともあるが
身体を壊したことが原因でそれ以降は家事に専念して両親から受け継いだ家を守っている。
大学も行かずに、母親代わりとして家事の面倒を見ている美琴を春奈と優一は気遣っているが、
本人はそんなことまったく気にした様子もなく、笑顔で毎日を過ごしている。

●山城 春奈(やましろ はるな)
CV:本山美奈

『も〜う、なにやってるのよ。ほら、ここ、口元にご飯粒がついてるわよ? たく、子供みたいなんだから』

主人公の姉で、美琴とは双子の妹。
美空学園卒業後、姉である美琴の強い進めもあり大学に進学した。
現在、千原大学の2年生。
双子とはいえ二卵性のためか、性格はかなり違って
大人しく控えめな雰囲気の美琴とはうって変わって非常に活発で、さばさばとしている。
社交上手で交友関係も広いが、ややシャイな部分があり、愛情を素直に表現できない所がある。
特に弟である優一には、ついつい意地悪な言動や暴力的な行動を取ったりしてしまうが、
本当は姉に負けないくらい優一のことを大切に思っており、
何だかんだで優一の面倒を見たり、助けたりしている。
昔から恋愛ごとには苦手意識があるらしく、男性との交際歴は皆無で、恋愛アレルギー気味。
家事関係は姉に任せきりのせいか、料理はもちろんのこと、掃除洗濯ともに苦手。
そんなこともあり姉の美琴には頭が上がらない。
また、大学に進まずに一人で家庭の面倒を見ている美琴に負い目に感じている部分もあり、
姉の助けになればと、船上レストランでアルバイトをしている。
かなり大雑把かつ無防備な所があり、家の中で下着姿&風呂上がりに
バスタオル一枚姿で歩き回ったりしている。
そのたびに慎みが足りないと弟の優一に注意されるが、本人に直す気は毛頭ないらしい。

●藤枝あやめ(ふじえだ あやめ)
CV:遠野そよぎ

『あの、本当にありがとうございました。その……優一さんがすぐ側にいてくれてよかったです……』

お隣に引っ越してきた元人妻。
長く美しい黒髪が目立つ和風美人。
学園卒業後、大学に進学することなく結婚したが、家庭を顧みない夫との間に距離が開く。
さらに不妊症がだめ押しとなり旦那とは離婚してしまった元人妻。
美琴と春奈の中学から美空学園時代の先輩で二人とは旧知の間柄で仲も非常に良かった。
奥ゆかしく、献身的な性格で、他人を思いやり、尽くすのが得意。
反面、物事に消極的な一面もあり、物事をあれこれ考えすぎてストレスを溜め込むタイプでもある。
そのせいか人付き合いは苦手で友人もあまり多くない。
隣に引っ越してきたばかりで勝手のわからない所を、
優一に優しく教えてもらいいけないと思いつつも好意を抱く。
美空学園時代はテニス部に所属しており、楚々とした外見に似合わず、
スポーツ万能で体力もそれなりにあったりする。
お嬢様育ちな所もあり、自宅の鍵をよくかけ忘れる等、無警戒かつ無防備な所が目立つ。

●高千穂若葉(たかちほ わかば)
CV:松永雪希

『あは、ありがと。他の誰よりも、優一にそう言って貰えるのが…あたしは一番、嬉しいかも……』

主人公のクラスメイト。
ボーイッシュな雰囲気を持った日本人の父とイギリス人の母親を持つハーフ。
その美しい金髪と抜群のスタイルは学園でも一際目立っているが、
本人はそういう部分で目立つことをあまり快く思っていない。
元気が良く活発な性格で学園でも男女問わずに人気があり、誰とでも気軽に話すことができるタイプだが、
入学当初はその容姿の件でクラスメイトから奇異の目で見られることに慣れることに出来ず、
クラス……というよりも学校に馴染めないでいた。
しかし、主人公との交流をきっかけにクラスに溶け込んでいくことになった。
学校中の男子から人気があり、ラブレターも毎日のように貰っているが、すべて断っている。
特に下心丸出しで露骨にいやらしい視線を向けてくる男子はやや苦手らしい。
運動神経は抜群で学園では陸上部に所属していて走り高飛びの選手として活躍している。
ただし勉強はかなり苦手らしく、補習授業の常連となってしまっている。
あまりそうは見えないが実は料理が得意で毎日の弁当は自分で作って持ってきていたりと、
意外と家庭的な一面を持っていたりする。
優一と柚子とは学園に入学して以来の友人関係を保っていて仲も非常に良い。
ハッキリと口にしたことはないが、優一に恋心を抱いていて、いつかその想いを伝えようと思っている。

作品情報/動作環境

ファイル容量
総計 2.61GB
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 1.3GHz以上
メモリ
256MB以上 / 512MB以上
VIDEO
VRAM 32MB以上 / 128MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0004066D)

FUTA・ANE ~ふたあね~ bitter&sweetの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「FUTA・ANE ~ふたあね~ bitter&sweet」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!「いけない子作り」にハァハァ、ボテ腹SEXにハァハァ

2011年02月18日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×3人

ヒロインは4人で、全員、主人公の子を妊娠し、ボテ腹SEXにいたります。このうち美琴と春奈は、主人公の『実姉』。ただし、美琴と春奈においては、個別ENDというものが存在しません。美琴あるいは春奈とのSEXシーンはいくつも用意されていますが、物語の終盤に近くなると、3Pがあり、さらに2人同時妊娠 → 3Pボテ腹SEXに到達します。
 2人の姉たちに個別ENDがないのは、主人公が『自分・美琴・春奈の3人およびお腹の赤ちゃんたちによって新しい家族を作っていく』と考えているからです。

 2人の姉たちに共通しているのは、主人公が孕ませようとして膣内射精するSEXを『いけない子作り』と表現していることです。
これは近親相姦や姉×弟の間で子を作ることが背徳行為、反社会的行為であることをしっかり認識しているため。美琴は「優くんの赤ちゃんを1日も早く妊娠したい」と積極的な受胎懇願、妊娠請いをします。一方、春奈は「姉弟の間で赤ちゃんを作るなんて許されない」「子どもなんて作ったら、たいへんなことになるんだからっ」と、主人公の膣内射精を拒む態度をとります。しかし、それは言葉だけで、膣内射精のあとには「またいけない子づくりしちゃった…」と、うっとりつぶやきます。

 面白かったのが、海に泳ぎにいったときに、岩場の陰での美琴とでの子作り。
騎乗位で美琴を貫いているときに、海で遊んでいた人に見られてしまいます。
主人公が堂々と言ってしまうセリフが痛快でした。そしてこのあとも子作りは続行 → しっかり膣内射精。
 また、風呂場での美琴とのSEXでは、膣内射精のあとに膣内放尿ありw

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]