美少女ゲーム > 黒雛 > サナトリウムの雌豚

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 黒雛フォローする
販売日 2010年12月03日
シナリオ 紅羽一葉
イラスト ハサ西
声優 橘みもざ / 氷室百合
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 人体改造猟奇ADV
その他
ジャンル

作品内容

▼【豚の臓器を移植された少女への、容赦ない責め】
豚の臓器を移植され生きる少女。少女の臓器を移植され生きる女。
獣や医療器具と絡めたハードプレイなど、
軍や科学者たちの探究心と欲望に弄ばれ翻弄されるヒロイン達。

▼【物語の進行とともに加速する狂気と悲劇】
自らの研究にしか興味を持たない主人公。
豚の臓器を次々に移植され、自己同一性を失いつつある少女。
主人公を崇拝し、少女に嫉妬するあまり狂気に走りつつある女。
それぞれの思惑や情念が淫靡さに彩りを添えます。

▼【それぞれの視点で綴られる重厚なストーリー展開】
「公衆快楽施設」で好評を博した音声の実装方法を今回も生かし、
「主人公視点」「ヒロイン視点」「サブヒロイン視点」と交錯させ、
ヒロイン一人称部分を一部フルボイス化しました。

■□■物語 -Story-■□■
そう、少女は生きながらに、「雌豚」とされてしまったのである。

仄暗い昭和の歴史の最初の二十年。
世界の全てを巻き込んだ戦争が終わりに差し掛かろうとしていた、最後の数ヶ月。
戦争の残照ともいえる忌まわしい研究は未だに続いていた。

「傷痍軍人ノ前線復帰ノ為ノ予備研究」

帝国軍の秘密機関で行われていたその研究は、戦いに傷つき、人としてすら生きることを
ままならぬものとなってしまった者達を復活させるための研究でもあり……
そして、それらを最後の肉の一片まで使い潰す研究でもあった。

幸いにして、そして不幸にして、その研究の「成果」はただ一人の少女でしかなかった。

『零号被検体・零(れい)』

彼女はとある重病を生来背負って伊豆にある修道会系サナトリウムに収容されていた少女だった。
余命幾ばくもない彼女が、この全てが終わろうとしていた季節まで生きていられたのは
若き天才科学者、尾崎のおぞましい研究の成果のため。

彼は先天的な免疫不全を利用して、ヒトと異種動物間の臓器移植を実現しようと彼女を利用した。

その結果……。

彼女は命と引き替えに、少女としての全てを失うこととなってしまった。
尾崎が移植に利用したのは、人間とその臓器の配置と大きさが似通っている「豚」。
そう、少女は生きながらにして、「雌豚」とされてしまったのである。

そしてこれは、その不幸な少女と、その周囲で起きた出来事の、最後の数ヶ月間の記録である。

■□■登場人物 -Charactor-■□■
●零号被験体:零(ぜろごうひけんたい:れい)
本作のヒロイン。
実験の結果として(過程として)、臓器を豚のそれと入れ替えられつつある。
研究対象としては非常に貴重なのだが、肝心の技術の汎用化が成り立ってない上に戦局がどうにも
ならなくなってるので、現状は軍のお偉いさんの慰み者となってしまっている。
言葉遣いなどは礼儀正しい、それこそ貴族の礼法すら身につけているような少女ではあるが、
知能は手術の影響のせいか、後退している。
度重なる実験と激化する一方のプレイに刺激され、最後の理性も失って終末を導くようになってゆく。

●森田華音(もりた かおん)
サブヒロイン。狂言回し。
古風なナース服を着た看護婦(従軍看護婦)だが、どちらかというと尾崎の助手といった趣がある。
常に寡黙で、発言するときは断定的な口調になるが、尾崎の命令には従順。
華音も尾崎の「作品」のひとつであり、「零」の人間時の臓器は華音に移植されている。
他にもいくつかの実験が施されており、ときおりそれが体調不良や精神の平衡を
欠いたりする形で表面化する。
尾崎を崇拝し、零の美しさや尾崎からの扱われ方に嫉妬し、狂気を深めてゆく。

●尾崎(おざき)
主人公。
「代替人体器官ニ依ル戦傷兵復帰計画」の実働メンバーの一人で、軍属。
階級は帝国海軍所属の技術大尉。免疫学と循環器、及び外科のエキスパート。
自分の「作品」である「零」の扱いについて複雑な思いがあるが、表向きには出さない。
ただし、「零」そして「華音」は研究を昇華させるために必要な実験サンプルであるため、
彼女らを生かすためには何でもする。
基本的にモラルは無く、自分の探求心を何よりも優先させる。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ005225
ファイル名/ファイル容量
VJ005225.zip / 534.62MB (560586140Byte)
CPU
Intel Celeron PentiumIII 500MHz / PentiumIII 1GHz以上
メモリ
512MB 以上 / 1GB 以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.0a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0004169D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004169D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「サナトリウムの雌豚」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

凌辱度MAXなだけにもったいない

2010年12月10日  

このレビューは参考になった×0人

戦時中、軍の被検体として豚の内臓を移植された少女・零の凌辱物語です。
基本的に「雌豚」となった零が理性を失いながら快楽に溺れていきます。

Hシーンも豚との獣姦や、包帯で縛られダルマ状態でのSEX、食ザーなど凌辱色満載でそういったものが好きな人にオススメの1本です。

シナリオの凌辱性やグラフィックの綺麗さなどは、非常にツボに入った作品でしたが選択肢が無い一本道だったのがもったいない。
どうせなら選択肢で調教メニューみたいなのを選べるようにしてくれれば、もっとやりこめるのになーと思いました。
こういう人体改造に抵抗が無い人はプレイしてみると良いと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]