美少女ゲーム > Liar-soft > 赫炎のインガノック -What a beautiful people-

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ストーリー
異形都市インガノック。
積層型巨大構造体から成る完全環境都市(アーコロジー)であったそこは、
10年前に発生した《復活》ですべてが歪んでしまった。
人も、木々も、機関(エンジン)の排煙による灰色に満ちた大空さえも。
ひとつだけであったはずの太陽は、ふたつになって。
恐るべき幻想生物たちが姿を顕し、都市を豊かたらしめる蒸気機械文明さえもが、歪み、
時に異形と化して人々を襲った。
かろうじて変異を免れたのは、貴族の住まう都市上層のみ。
インガノックのごく僅か。
100万を超すと言われる人口が密集する都市下層は、今日も、地上に存在しえないはずの異形と奇病、
異常なまでに発達した暴力的な機関技術が満ちあふれて。
歪んだ空から発生した無限の霧は、都市を完全に孤立させた。
孤立都市にして、異形都市。インガノック。

巡回医師ギーは、今日も都市を歩く。
弱者絶滅を謳う上層貴族の定めた“死の都市法”を無視し、歩き続け、
下層の人々を診療し続ける。
昨日も、今日も、明日も。
両手からこぼれ落ちていく無数の命を見つめて。
10年前に失ったものが、一体何であるのかを確かめるように、歩き続けた。

──そして、出会う。
──ふたりに。

ひとりは、少女。
インガノックの混沌をまるで知らない、黒の少女。
その名はキーア。
人が忘れた“笑顔”を絶やさぬ娘。

もうひとりは、影。
すべての幻想を失った都市において唯一語られる、“おとぎ話”の登場人物。
すなわち、万色に変化する鋼の人影。
その名は《奇械》。
人ならざる鋼の影。
異形を砕く刃の手。
人に“美しいもの”をもたらす、インガノックただひとつの希望──

■キャラクター
【救いを求め、手を差し伸べる男 ギー】
都市下層で巡回医師を生業とする《数式医(クラッキング・ドク)》。
細身の男。
常に憂いを帯びた表情を浮かべている。
元は上層の国立機関大学で学ぶ、年若き医学生であった。
両親を早くに失い、準3級の機関技師として工場で働きながら学費を貯め、
猛勉強の果てに上層の大学へと入学を果たし、1級医師を目指して勉学に励んでいた。
しかし、都市インガノック全層に顕れた《復活》による都市と現実の崩壊により、
それまでに学んだ“設備溢れる医療施設”における“純然たる人間のための”医療技術と知識の
ほとんどは意味と意義を失い、彼は絶望の底に落ちた。
暗黒の日々から10年が過ぎて──彼は新しい知識と力を得た。
すなわち現象数式を操る《数式医》の知識と、己を守る盾となる《奇械》の力である。
もはや人を救うことに意味を持たない《異形都市》と化したインガノックで、
それでも彼は、今日も、誰かへと手を差し伸べ続ける。
例えそれが、明日には死する相手であっても。

【人を見つめ、佇み続ける少女 キーア】 (CV:かわしまりの)
ギーのすぐ近くに寄り添い、彼の生きる姿を見つめ続ける少女。
その瞳は《美しきもの》さえ見通す。
出自は不明。
上層の出か下層の出かもわからないが、下層には慣れていない風。
ギーが絶望と共に《異形都市》をさすらった10年の果てに出会い、
巡回医師としての彼と行動を共にすることになる。
ほとんど笑うことがなく、静かな印象だが、表情自体は(印象を裏切って)相当豊か。
《奇械》の力で自分の命を助けたギーに対して、静かに、無償の好意を捧げ続ける。
混沌たる都市下層にあって、誰へも笑顔を向けることができる希有な人間である。

【空を見上げる猫、溜息の女 アティ】 (CV:野月まひる)
明るさに満ちた、蓮っ葉で皮肉屋な娘。
肉体はしなやかで俊敏に、爪は鋭く、精神はたくましく。でも、本当は──
かつては上層に暮らす商家の娘だったが、《復活》から2年後、
幻想の異人種《猫虎》の特徴が《忌罹病》として体に発現してしまい、上層の正当市民権を失う。
かつての名前はアティ・クストスだったが、クストス家は既に存在しない。
頭の上には猫の耳があり、人間とは異なる
黄金瞳(猫に似た黄金色の瞳。人間のものよりもやや大きい)を右目に持つ。
全体的に“黒猫”の身体的特徴を持つ。
生き抜くために、肉体に幾らかの数秘機関を埋め込み、荒事の場に身を置いている。

【人であり続ける、鋼鉄の娘 ルアハ】 (CV:青山ゆかり)
糸を失った主なき“自動人形”と人々から呼ばれる、鋼鉄の娘。
不完全なる機関人間。
1日のうち多くの時間を、彼女は“停止”して過ごす。
まばたきもせず。自我と感情がごくごく薄い。
けれど、内に閉じ籠もり、喪失したものを求める、誰よりも“人間らしい”娘である。
他の人間たちにはほぼ無反応、もしくは機械的な返答を返すのみだが、
キーアとは言葉を交わさずとも意思疎通ができるらしく、
やがて、よく言うことを聞き、大人しくなつくようになる。

【救済を理解し、死を望む男 ケルカン】
灰色の服に身を包んだ殺し屋。
上層・下層で特1級の危険人物と指定されている。
世界と生の否定と、死の肯定の権化。
死こそがインガノックにおける救いであると嘯き、手にした刃と現象数式で人を殺す。
傷ついた者、病に罹った者──すなわち“弱い者”は死ぬ。
何もかもを奪われる。
それは都市の人々の多くが信じざるを得ない摂理であり、大公爵が定めた都市法でもある。
彼は初め、上層から下層へと降りた処刑執行官であった。
しかし、今や彼の刃は下層民も上層貴族も区別なく、彼自身の判断によってのみ振るわれる。
法を離れ、彼は死そのものと化したのだ。
死ぬはずであった人々と深く関わるギーに対しては、明確な敵意を向ける。

【《都市》の狂気に嗤う、御遣いの少年 レムル・レムル】 (CV:理多)
原初にして最強の《奇械》所有者。
最も《美しいもの》に近く、そして同時に限りなく遠くに在る少年。
その精神は恐怖と狂気と歓喜と至福に満ちている。
大公爵アステアが3年をかけて建造した都市上層の特1級封鎖建築の最奥に閉じこめられており、
生命活動以外のあらゆる活動を封じられている。
一部の上層貴族からは、彼こそが都市インガノックの《復活》の理由そのものであると噂されている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ005213
ファイル名/ファイル容量
総計 1.43GB
VJ005213.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ005213.part2.rar / 697.49MB (731375112Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 1GHz以上
メモリ
128MB以上 / 256MB以上 (XPは512MB以上 / Vistaは1GB以上推奨)
必要解像度
800*600 ハイカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0004484D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004484D)

赫炎のインガノック -What a beautiful people-の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「赫炎のインガノック -What a beautiful people-」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

感動(2) 退廃/背徳/インモラル(2)

世界観が最高にいい

2017年03月27日   投稿数 : 10位

このレビューは参考になった×0人

スチームパンクに興味がある方や好きは絶対にプレイする価値がある作品だと思います。
世界観の表現する文章、音楽ともに最高の出来で、そこに登場する奇抜なキャラたちが更に世界観を引き立てています。
勿論、不満点はいくつかはありますが、それを覆い隠せるほど引き込まれるゲームです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!産業革命時代的な雰囲気を感じるダーク(?)ファンタジー

2012年08月19日  

このレビューは参考になった×3人

ストーリーと絵に引き込まれるようなゲームです。R18要素を期待して買うのはお勧めできません。絵柄が気に入りストーリーが気になったら買って損はしないと思います。世界観に絵柄があっているのでストーリーと相まって気づいた時には時間がかなり進んでしまっている。絵が古いというわけではなく絵から古さを感じる絵柄です。例えは悪いですがまどかマギカの魔女とか使い魔とかそういうものに近いです。どことなく古くて廃退的で背徳的で狂っていてダークでファンタジーで暗くてそれでも何故か輝いているそんな感じです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!女性にもおすすめb

2011年06月23日  

このレビューは参考になった×2人

続編の漆黒のシャルノスが面白かったのでこちらも購入。

ボイスはパートボイス。男性キャラにもボイスがあるのは個人的に非常にポイント高いです。

18禁シーンは比較的あっさりめ。物語を楽しむゲームです。

一応、同社のスチームバンクシリーズの中の1作品ですがこれ単品で楽しめる内容になっています。

このレビューを読むくらいに興味が沸いた方、某動画サイトでインガノックで検索すると1章の戦闘シーンの動画がありますのでそちらで作品の空気に触れていただければと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]