美少女ゲーム > ALcotハニカム > 死神の接吻は別離の味

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年11月19日
シナリオ おるごぅる
イラスト 風見春樹
声優 鮎川ひなた / 五行なずな / 夏野こおり / 一色ヒカル / ,榎津まお / 鈴田美夜子
音楽 マッツミュージックスタジオ
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / きっと死神に恋をするADV
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

「たいせつな人に遺したいものはありますか?」

■ストーリー
小さな海辺の町、日生(ひなせ)。
そこに、ある約束を交わした幼い少年と少女がいた。
強い絆で結ばれたふたりは同じ未来を見つめ、明日がくることを疑わなかった。

3月14日。
運命の日。
少年は自らの想いを伝えようと、少女を海に誘っていた。
だが不慮の事故により、幼なじみだったふたりは想いを言葉にすることなく死別してしまう。

それから年月が経ち、少年は少女との思い出が残る土地で今日を生きていた。
忘れられない人、でも忘れなくてはいけない人。
主人公・天宮 誠(あまみや まこと)は、私立八潮学園の2年生。
誠は近所のレンタルビデオショップでアルバイトをするかたわら、
同じ学園に通い始めたひとつ下の妹・雫(しずく)と平穏な毎日を送っていた。

そんなある日、誠はひとりの不思議な少女と出逢う。
琥珀(こはく)と名乗った少女はその手に巨大な鎌を持ち、瞳には深い碧を宿していた。
「あなたには、私の姿が見えるの?」
周りの人間は、琥珀の存在に気づかない。
気づくことができない。
「そう。あなたも、もうすぐ死ぬのね」

少女は、死神だった。

■登場キャラ
【新島ほのか】 (CV:鮎川ひなた)
「……天宮くんも観たりするの?ああいうエッチなの」

誠のバイト先である、レンタル店"ここのか"を経営するオーナーの娘。
しっかり者で誰にでも優しく、クラス委員長も務めている。
父親からは「お前ら、さっさと結婚しろ」とうるさく言われ、
付き合ってもいないのに誠と公認の仲にされている。
無節操な父親の言動にあたふたすることもしばしば。
よく店の手伝いをしているが、 アダルトコーナーにだけは近づけない

【天宮 雫】 (CV:五行なずな)
「わたしは、いい妹にはなれなかったね……」

主人公である天宮誠の義妹。
義父の連れ子で、親の再婚当時は誠を兄として受け入れていなかった。
現在も口数はさほど多くないが、暇があればお兄ちゃんの部屋に来て、
ベッドを占領しながら女性誌を読んでいたりしている。
「お兄ちゃんはわたしがいないと何もできない」と家事をこなしつつも、
自分の生理用品などは兄に買わせている。
誠のバイト先でホラー映画ばかり借りていくが、
臆病で、お兄ちゃんと一緒じゃなければ観られない。

【琥珀】 (CV:夏野こおり)
「あなたは、どんなをして死んでいくの?」

自らを死神と名乗る少女。
他の人間はまったく気づかないが、誠だけはその姿を見ることができる。
殺人現場で巨大な鎌を手に佇んでいるところを誠に目撃され、
それ以来、頻繁に姿を現すようになった。
ほとんど感情を表に出さず、何を考えているのかわからない。
誠の部屋は居心地がよいらしく、いつの間にか住み着いてしまう。
誠がお風呂で体を洗っているのを、じーっと見るのが好き。
だが、股間に向けられるその眼差しは冷たい。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ005184
ファイル名/ファイル容量
VJ005184.zip / 1018.5MB (1067978845Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / Pentium4 2GHz以上
メモリ
128MB以上 / 256MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 8.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003950D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003950D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「死神の接吻は別離の味」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件