美少女ゲーム > しゃくなげ > みみをすませば

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■□■ストーリー■□■
夏の訪れを感じさせる7月。こんな中途半端な時期に家庭の事情により、
祖母の住む『南星九豆島(みなみほしくずじま)』へ一人転校を余儀なくされた主人公。
転校先は、船で1日以上もかかる自然のあふれる孤島にある学校だった。

島は携帯電話が使えず、人口のほとんどは農業か漁業に従事している。
定期便は1週間に1度。学校は1学年1クラス。
転校初日に教師に連れられて挨拶をする主人公。
挨拶のさなか、クラスメイト達に突然ケモノミミが生えているではないか!?

実はこの島では1〜3日に一度、不定期に『イヤー・タイム』が訪れる。
『イヤー・タイム』の数分間は島にいる人間にケモノミミが生え、
近くの人の考えていることが、その人が喋っているかのように聞こえてしまうのだ。
範囲はだいたい半径10メートルといったところだが、一定ではないとのこと…。
南星九豆島では昔からのことであり、地元民は慣れっこで、余計なことを考えないように
する術を心得ている。

しかし主人公は当然のように「俺の考えているあんなことやこんなことが、
すべて筒抜けにっ!?」と戸惑うことに…

■□■登場キャラクター■□■
◆菊池 七海 (きくち ななみ) CV:五行なずな
物静かで大人びている感じする女の子。
おとなしくて友達の輪の中でも黙ってただ微笑んでいるようなタイプだが、
転校生の主人公を気にかけてくれる優しい娘である。
彼女は実は、人と心が勝手につながってしまう『イヤー・タイム』を嫌っている。

◆小野寺 澪 (おのでら みお) CV:成瀬未亜
年下で、身長も胸囲もコンパクトな女の子。
言葉使いが丁寧すぎてなにを言っても社交辞令や馬鹿にしているように聞こえてしまうため、
すこしそっけなく見える。

またよく考え事をしていて、話しかけても上の空の無口状態になることがよくあり、
級友たちからは少し距離を置かれている。
行動力はあるほうで色々と動き回るが、コミュニケーション不足のため、
それが周囲からは突発的な意味不明の行動に見えることもしばしば。
そして意外にドジな一面もある。

◆島津 晶 (しまづ あきら) CV:一色ヒカル
ひとつ年上の先輩。
島の学校の生徒会副会長で、実質的な生徒のまとめ役。
彼女のおかげで生徒会長の影は薄い。
分類としては素直クールで、人には厳しく接するが、それも愛あってのことなので
みんなも嫌ってはいない。根は優しくて世話焼き。
そんな生真面目な彼女にとって、大神ひなたは天敵。
主人公に学校の案内をしたり、慣れない島での生活の面倒を見たりしているうちに、
最初は手間のかかる弟のように思っていた、主人公のこと……?

◆小金井 茉里 (こがねい まつり) CV:小倉結衣
うるさい妹系。
島の外にあこがれて主人公に色々と質問をぶつけて来る。
主人公のことを先輩とも思わず、色々とちょっかいをかけてくる。

ノリのよさとスキンシップが過剰なことから、学校中の男子生徒から好意を持たれている。
主人公にとっては、男友達と同じように付き合えるタイプ。
外のことには興味津々だが、実は島から出て暮らしたいとは思っていない。

◆大神 ひなた (おおがみ ひなた) CV:倉田まりや
主人公のクラスメイト——のはずなのだが、ほとんど学校には顔を出さない。
たまに学校に来るときも、授業を受けるためではなく、
たまたま気が向いたり勉強以外の用事があるから。
必然的に主人公とも学校外で会うことが多い。

人の迷惑を顧みずに自分のやりたいことをやるので、
その行動がことごとくトラブルの種になる。
主人公を歓迎するために学校で魚を焼いてスプリンクラーを作動させたり、
友達の飼い犬が逃げたのを捕まえるために町中に落とし穴を掘ったり……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ005099
ファイル名/ファイル容量
総計 1.62GB
VJ005099.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ005099.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ005099.part3.rar / 128.29MB (134525802Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 800MHz以上
メモリ
64MB以上 / 128MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1以上
ソフ倫受理番号
受理番号0004090D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004090D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「みみをすませば」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

学校/学園(3) 制服(2) 純愛(2) 獣耳(2)

おすすめ!転校先はケモミミが生えてくる島だった・・・なにそれ羨ましい

2017年05月08日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

転校したらなんとその島はケモミミが生えてくる時間帯がある島だった・・・もうこの設定だけで素晴らしい事が確信できますね。

しかも生えてくる耳の種類は人によって違います。つまりありとあらゆるケモミミ美少女と会うことが出来るというわけです。なんて素晴らしいんでしょう。

本当にこのブランドさんが解散されてしまった事が惜しまれますが、とてもいい作品です。発売は少し前ではありますが是非プレイしてみる事をお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

獣耳度高し

2013年03月25日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

獣耳が生えてくる女の子たちとの学園生活な物語です。

全てのシーンではありませんが、獣耳っ娘とのシーンはかなり多いほうだと思われます。
Hのジャンルとしてはオーソドックスなものばかりなので、あまり苦手になるような要素はないと思います。
ストーリーもほのぼのしてますし、内容量も値段相応にはあると思うので、サンプルを見て気になったら購入してみてもいいと思います。

獣耳が好きな方にオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

王道ラブコメ+獣耳

2010年11月05日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

ほのぼの学園ラブコメが楽しめる純愛系のゲームです。シリアス展開は少なく、ラブコメ的なノリ重視な作品でした。

ストーリー自体は、親の都合で転校してきた主人公が島で出会った女の娘たちと恋をする、というなかなかにベタなものでした。ただ、唯一特徴的なのは、『イヤー・タイム』により女の娘たちに獣耳が生えるという設定です。この設定により、ストーリーへ深みを、エッチシーンに獣耳属性を与えています。ストーリー分岐は簡単になっており、エンディングは各ヒロインごとにあります。

ヒロインの5人の内、「七海」が犬耳、「澪」がウサ耳、「晶」「茉里」「ひなた」の3人が(たぶん)ネコ耳でした。エッチシーンは各ヒロインにつき3、4種類ずつで、その内、獣耳付きのエッチは1種類ずつでした。また、CGの総数が多く、デフォルメキャラのCGも多い事が特徴的でした。

全体としては、ほのぼのとしたラブコメ、だと思います。シリアスな展開が少ないので、難しく考える必要なく楽しめる作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]