({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 KISSNEXTフォローする
販売日 2010年10月15日
シナリオ 米倉ねずみ / 米倉俵
イラスト Ryφ / E=MC^2 / ぽん酢 / 真島悦也 / MARCYどっぐ / Ein現津みかみ / 大前田 / 浜田よしかづ / 葉賀ユイ / よんごー / ひろふみ
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / スラップスティックしのべんちゃー
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■□■あらすじ■□■
親が海外に転勤する関係で、親の知人である日下部家に居候としてやってくることに
なった主人公「神坂小次郎」。
しかし、その家族はみんな忍者だった。
不安ととまどいの中、学園生活が始まり、しか〜も、学園も忍者だらけであった!
日本中から送り込まれてくるご当地忍者達。
彼らのねらいはなんなのか?
忍者VS忍者の闘いが、今はじまろうとしている。

■□■登場人物■□■
●日下部歌澄
主人公の居候先である日下部家の長女。
優等生タイプでスタイルもなかなか。おっとり屋さん。

●日下部花火
日下部家の次女。
姉とは対照的にうるさいくらいに元気いっぱいの女の子。
スタイルも姉とは対照的。ぺったんちゃん。

●不知火咲弥
日下部家とライバル関係にある不知火家の現当主。
日下部家の世話になっている主人公を快く思っていない様子…

●パトリシア金城
主人公とほぼ同じタイミングで転向してきたハーフの女の子。
典型的なカタコト日本語を話す。
愛称は「パティ」

●神酒原小町
主人公の友人である「神酒原佐助」の妹。
引っ込み思案で大人しい女の子。

作品情報/動作環境

ファイル容量
784.8MB
CPU
PentiumII 400MHz以上 / PentiumIII 500MHz以上
メモリ
64MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.0a以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「忍ちっく☆はぁと」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

会話のテンポが良く面白い部分も

2017年12月27日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

登場キャラが多くて、会話のテンポが良い。
HCGのあるヒロインも多い(プレイしたの数年前だけれど、少なくとも10人以上いたと思う)。
既読Skipが遅いなどシステム面が不便で、さらに選択肢や細かい分岐が多かったりして攻略が面倒。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

忍者を勘違いしている作品

2015年08月24日  

このレビューは参考になった×0人

タイトルを見て分かるように忍者な女の子がたくさん登場します
(忍者ではない女の子もいます)
登場キャラが非常に多く15人以上の女の子たちとドタバタな日常を繰り広げていきます

オススメ部分は女性キャラの立ち絵の目や口が動き、イキイキしている部分

マイナスな部分は選択肢が非常に多く、分岐が複雑な部分
(逆に言えばそれだけボリュームがあるとも言える)
時々文章とは違うセリフを喋ったり、違うキャラの口が動いている部分
基本的にほのぼのしつつもノリと勢いでストーリーが進んでいくので気にならないといえば気にならないかもしれません

日本はもちろん世界中から忍者と言っていいのか分からない忍者娘達が登場する、なにか忍者を勘違いしている作品です

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]