美少女ゲーム > Abelsoftware > 十次元立方体サイファー~蒼き月の水底~ 特別ぱっく

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年10月01日
シナリオ ミステリートの脚本家
イラスト すぎやま現象 / 西脇ゆぅり
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 大人向け頭脳ミステリーAVG
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

昭和の趣を残す「月光館」に臨床実験で集められた男女。
一週間を館内で過ごすうちに、予想だにしなかった惨劇が次々に発生する!
独特の構造に様々な謎を秘めた館。
クセの強い登場人物たち。
リアルタイムに進む時間の中で、同時多発的に進行する様々な事件や出来事を乗り越え、
全ての謎を解き明かせ!
周りの風景、人物の台詞、何気ない表情の変化・・・。
微かな兆しを見逃すと、待っているのは<死>あるのみだ!

このゲームは“Abel SOFTWARE”の「不確定世界の探偵紳士」や「ミステリート」に連なる
「探偵紳士」シリーズの世界観を共有したミステリー・アドベンチャー。
これまでのシリーズは主人公が世界レベルの腕を持つ名探偵だったが、
本作の主人公は一介の大学生で“ミステリーマニア”。
プロフェッショナルな探偵とは一味違う行動は、
「探偵紳士」シリーズ中でも異色の展開を楽しませてくれます。

今回原画を担当するのは“すぎやま現象”。
ディフォルメの効いた可愛いタッチの美少女で人気のクリエイターですが、
本作ではシリアスな絵柄の美女も魅力的に描き切り、その実力を存分に見せつけている。
特に登場人物の“表”と“裏”を巧みに描き分けた画力の高さは、
本作のゲーム性と歩調を合わせ、ミステリーの醍醐味を肌で感じさせてくれます。
ミステリアスで恐怖におののくキャラクターの孤独感・焦燥感、
鋭利で尖ったパズルミステリーを楽しみたい方に絶対オススメ!

ヒントモードも登載しているので、謎解きが苦手な人にも優しい仕様です。

■「動的タイムリンク・システム」による緊迫感のある捜査
事件は「現場」で発生する。
その「現場」が何か所もあり、しかも同時多発的に別々の「事件」や
「関連する出来事」が発生した場合、探偵は如何に対処すべきか?
手順をしくじれば、第2、第3の惨劇も起こりうる。
さらには自分の命も危うい……。
そんな緊迫感溢れる状況下での捜査を可能にしたのが「動的タイムリンク・システム」です。

ゲーム中は一定の時間が流れており、行動する度に時が経過していく。
館内の他の人物たちも、時間に沿って独自の行動を取っており、
ある時間には“そこ”にいなくても別に時間にいるかもしれない。
主人公は同時にいくつもの場所に行くことができないので、
人物達の行動を見極めながら捜査しなければならない。
館内の人間は「脳波モニター」を装着しており、
ゲーム中はいつでも館内マップで彼らの居場所が把握できるようになっている。
事件が発生した際は、その時誰がどこにいたかも重要なポイントになるかもしれないので、
脳波モニターのチェックは欠かせません。

■ストーリー
昭和の時代を色濃く残す館——「月光館」。
この館において、とある大企業の実験が行われることになった。
実験の目的は閉鎖空間における心理変化の観察……。
いくつかのルールを課せられ、その上で自由を許された被験者たち。
誰もが簡単で高額なアルバイトだと思っていた。
だが、一人、また一人と消えていくメンバーたち……。
そして無作為に選ばれたはずだった男女に、
奇妙な共通点があることが判明していき……。

●被験者に課せられた4つの“ルール”
・ルール1
『館の敷地内から絶対に出ないこと。』
・ルール2
『昼間に眠り、夜活動すること。』
・ルール3
『脳波モニターを常に身に着けること。』
・ルール4
『一日に一度、必ず月をみること——』

■キャラクター
【不二城拓斗】
『学生ミステリーマニア』
本編の主人公。
アルバイトで生活費を稼ぐために、この臨床試験に応募した。
見事、倍率の高かった高額バイトを射止める拓斗だったが、
思いも寄らぬ事件に巻き込まれる。
自称、苦学生。
重度のミステリーマニアで、アイドラーの探偵に憧れているが、
その才能がこの事件で活かされるときがくるのだろうか!?

「僕には奴の考えが分かる。勘じゃない、これは推理だ!」

【牧田京子】
『多重人格者』
気弱で優しく、かなり臆病な彼女は、自分の意志を
他人に押し通すことが出来ない、か弱い女の子。
しかし解離性同一障害(多重人格)を持っており、
強いショックによって、危険な別人格が登場する。
今回の臨床試験に参加するが、彼女の中では強い葛藤が芽生え、
京子の精神はますます崩壊していくことに……。

「心の葛藤が彼女を生み出すの…クァルが私を支配するの。」

【三上翔子】
『臨床心理学博士』
今回の臨床試験プロジェクトのリーダー。
医師。
何事にも動じない、凛とした優秀な女性。
みなに信頼されている。
月光館で事件が起きたときも、イニシアチブをとり、
パニックを避けることに一役買っている。
医務室にこもり、何をやっているかわからないことが多い。
普段は優しい女性だが、
ときおり、口調が高圧的なものに豹変することがあるが…。
臨床心理学博士。

「こんな事になるなんて…臨床試験のはずなのよ!」

【睦月左京】
『ジャーナリスト』
許可をもらって取材に来た、フリーランスの雑誌ルポライター。
低俗な週刊誌に、主に風俗ネタを提供しているライターだが、
かつては政治家の疑獄事件を暴くきっかけを作ったという噂もある。
どういうコネか、大企業のメテオ製薬の臨床試験に立ち会う許可をもらって、
月光館へやってくる。
少々ぶっきらぼうな所もあるが、基本的に人当たりはよく、
皆と生活をともにするうちに、昼行灯のムードメーカーとして皆と打ち解けていく。

「ここでは何をしても構わないのさ。僕たち以外誰もいないんだぜ?」

【琴風ゆみ】
『仮面をかぶる女』
今回のプロジェクトの為に、月光館に派遣された管理人。
料理や洗濯など、家事全般をこなす女性だが謎が多い。
表面的にはいつもニコニコ、おっとりした性格のやさしいお姉さんタイプだが、
一人でいるときは、笑っていない事が多い。
ときどき眼鏡をかけている。

「一人多いみたいですね。当初の計画よりも…」

【金谷阿佐美】
『人間拒絶症』
明るい外見とは裏腹に、人間拒絶症の女の子。
他人を信じられず、常に一定以上の距離を置きたがる。
常に体の一部に包帯を巻いている。
彼女の過去に、何か関係しているらしいが、過去の話になるといっさいを拒絶する。

「他人は信用できないわ…貴方も例外じゃない。」

【大黒香奈】
『幼き大学院生』
看護婦っぽい外見だが、その正体は大学院に通う才女であり、
メテオ製薬の契約社員である。
三上翔子の助手として月光館に赴任中。
多くの人間が、彼女のスローペースの口調に惑わされるが、
教養・知性ともに高いレベルにあるのは間違いない。
主人公の拓斗とは同年代だが、ジェネレーションギャップに悩まされている。

「実は院生ですから…看護婦じゃありませんよ。」

【日向真琴】
『感情を失った少女』
感情を失った少女。
泣くこともなければ笑うこともない。
無感情、無反応な女の子。
なぜそうなってしまったのかは分からない。
しゃべる言葉も数少なく、何を考えているのか分からないことが多い。
しかし、人付き合いは基本的に苦手ではないらしく、
いつのまにか傍らにいて、一言二言しゃべる場合も多い。
以前も、この月光館に来たことがあると本人は言っているが…

「私は感情が無いから…ゴメン、感動できない。」

【牧田政樹】
『知能指数180』
某有名国立大学の情報科学科に在学中の秀才。
知能指数が異様に高く、それゆえに孤独になりがちだが、
本人はそれでいいと思っている。
しかし、拓斗と論戦をはるのは好んでいるらしく、
次々に拓斗の推理に反証を出してくるライバル的存在。

「僕の知能指数は180だ。君の倍近くはあるだろうね。」

【穂月】
『見えない少女』
館に出没する謎の少女。
なぜか主人公に対して接触しようとする。
銀色の髪の毛に、ゴシックな衣服を身にまとうその美少女は、
ただ「穂月」とだけ伝えてすぐに立ち 去っていく。
館の中にいるのは間違い無いが、いつも姿が見えない。
彼女の目的は一体…!?

「ここに来てはいけない…帰って。今すぐ。」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ005037
ファイル名/ファイル容量
VJ005037.zip / 933.12MB (978445351Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上
メモリ
32MB
VIDEO
VRAM 4MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX8.1以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003945D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003945D)

十次元立方体サイファー~蒼き月の水底~ 特別ぱっくの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「十次元立方体サイファー~蒼き月の水底~ 特別ぱっく」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件