美少女ゲーム > LOST SCRIPT > 蠅声の王 シナリオII

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年09月24日
シナリオ 大槻涼樹
イラスト Vanilla
声優 空乃太陽 / 榊原ゆい / ありす / 遠野そよぎ / 滝川昌 / 左高蹴 / 秋山樹
音楽 たくまる
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / デジタライズド・ゲームブック
その他
ジャンル

作品内容

振れ。決めろ。——己自身で。

■□■ストーリー■□■
ダイスを2つ振り 出た目を合計。
その上で——自らの運命を選択せよ。

主人公、「エス」は農林水産省消費・安全局衛生管理課、特殊防疫対策班、
通称“化け物屋敷[スプークハウス]”のヴァンパイアハンターである。

夜を跋扈する黒の翼、吸血鬼を始めとする夜族は
未だ本邦では公式にその存在を認められておらず、
しかし事実、被害者が増える現状に於いて無策であり続けることもまた愚かしい。
その折裏業として為された策こそがもとより農作物を守る為に
海外から害虫・害獣の防疫・駆除、移入種・外来種・帰化種・侵略的外来種からの
環境保護を担当してきた農林水産省主導による、吸血鬼、喰屍鬼を
ある種の「害虫・害獣」と定義した防疫・駆除担当部署の発足であった。

称“化け物屋敷[スプークハウス]”。
その正体は“鬼を以って鬼を狩る”という発想から生まれた
“ヒトではないハンターによる人外狩り組織”であり、
主人公エスもまたその例に漏れない。

特殊投薬実験“ロトシックス”の効果により
“陽の下を歩ける吸血鬼[デイウォーカー]”となり、
万一にでも組織と人間に逆らわぬ様、定期的にメンテナンスを受けなければ
死に至る時限式の死を約束された、眠らぬ狩人である。

現実を超えた幻術を操る者、理解を超えた理論を操る者、
超常の膂力[りょりょく]を操る者。
様々な闘いを超えて、なお、ダイスを振り合計値を求め自らの運命を切り開け!

作品情報/動作環境

作品番号
VJ005016
ファイル名/ファイル容量
VJ005016.zip / 883.75MB (926684237Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 800MHz以上
メモリ
256MB以上 (Vistaは1GB以上)
VIDEO
VRAM 8MB以上 / 16MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003995D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003995D)

蠅声の王 シナリオIIの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「蠅声の王 シナリオII」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!ダイス目に従うかどうか、その選択権さえあなたの手に

2012年06月30日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

吸血鬼を狩るもの、怪物を屠る怪物の物語、シナリオ第二弾。
ゲームブックとしては、個人的に未プレイの長靴をはいたデコを含めて三番目です。
その分システムは少し改良。ステータスシートや消費アイテム表、メモ帳がゲーム内に組み込まれています。
なお、使用する必要性はありませんので、自前で用意したい方は紙とペンをお手に。
そしてまた、ゲーム内で行われるのはダイスを振る所までですのでそれに従うかはプレイヤー次第。
買ったか負けたかアイテムを使ったかどうか、どこから読み進めるのかさえ自由です。
やっぱり、ランダムにパラグラフ移動などすればわけのわからないことになりますが。
もちろん、今回も14は健在。何度も何度も(14)へが立ち塞がることもあるでしょう。
物語としては前作の直後、あの後日本に渡ってからすぐよりの開始。
前作で生き残った登場人物は全員登場に加え、一名がまさかの復活。新キャラも多数で誰も魅力的。
雰囲気として、古城が舞台であった前作と比べればかなり現代的。
前作ではシナリオ全体に存在した狂気も今回は薄いですが、それは前作が狂気過ぎたせいか。
吸血鬼ハンターという題材が好きな方、ゲームブックに興味のある方には文句無くおすすめ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]