美少女ゲーム > ルネ > 戦乙女ヴァルキリーG

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 ルネフォローする
販売日 2010年09月17日
イラスト 田丸まこと
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 戦乙女ハーレムエピソード満載ADV
その他
ジャンル

作品内容

◆ストーリー
神々と魔族たちの最終戦争・ラグナロクが終了した後のミッドガルドは、いまだ混沌が支配していた。

かつて、暗黒騎士団長を務めていたデュークは天界の至宝・ヴァルキリーたちを虜にし、
ミッドガルドの混乱に乗じて魔界の勢力のほぼ半分を手中にして、
荒れ果てたミッドガルドに自分の王国を建設しようとしていた。

そして、ラグナロク後に一命を取り留めたアリーヤや、父親離れしたヒルデガード、デュークに
骨抜きにされたファフニールなどに国作りを協力させ、夜は夜で肉棒に奉仕させるという生活を送っていた。

そこに、天界に帰ったはずのレイアが戻ってくる。
オーディンが遁走した後のアースガルドお混乱を収めたレイアは、
デュークのことが忘れられずに『ミッドガルドの民を守る』という名目でやってきたのだ。

レイアが戻ってきたことにやぶさかではないデュークだったが、
アリーヤをはじめ、ハーレムにまた女神が増えてしまうということで、ひと騒動が起こってしまう……?!

◆登場キャラクター
●蒼穹の戦女神・レイア
デュークの罠により力の源である黄金の指輪を奪われ調教されてしまった。
その後、嫉妬心に目覚めて暗黒戦女神となっている。
変身後は、デュークとのエッチのことしか考えられない淫乱女神になってしまう。
ラグナロクで別れを告げたものの、デュークのことが忘れられずに、
ミッドガルドの治安を守るという名目で戻ってきたが……。

●暗黒の戦女神・レイア
戦乙女レイアはデュークへの嫉妬心を抱く事で、暗黒の戦乙女(ブラックヴァルキリー)に変身できる。
変身後はデュークのオチ○チンのことしか考えられない淫乱女神になってしまうのだ!

●残月の戦女神・アリーヤ
天界最強の戦女神だったが、レイアの裏切りにあってデュークの調教を受ける。
女としての自我に目覚めたアーリヤは、自分の意思でオーディンと袂を分かち、デュークの側についた。
ラグナロク後、デュークの元に留まったアーリヤだったが、デュークのことをいまだに名前で呼べず、
やきもきしている。そこで、他の女性たちにアドバイスを請うのだが……。

●大地の戦乙女・ヒルデガード
天界を統べる大神・オーディンの娘で、レイアとアリーヤを助けるべくデュークの居城に乗り込んでくるが、
あえなく調教されてしまった。
ミッドガルドの治安を守るという名目でデュークの側にいるが、
父親に実況中継されながら調教を受けたため、他人の視線を感じないとイケない身体になってしまった。

●轟竜騎士団長・ファフニール
フェンリルに代わってデュークの監視役になった魔族とドラゴンのハーフ。
本人は恥ずかしくて隠していたが、処女であることをデュークに見抜かれ、
口止めのために処女をデュークに捧げてしまった。
デュークの手で女にされた後も、周りに処女だったことをバラされたくないため、
デュークの言いなりになっている。

●裏切り者・ロキ
ラグナロクを引き起こした張本人であるロキはアースガルドの隠れ家で次の手を考えていた。
思案のすえ、逃げ出したオーディンの代わりにヒルデガードを傀儡としてアースガルドの新しい盟主に据えて、
自分は裏から彼女を操ろうと思いつく。大胆にもミッドガルドに舞い戻り、
デュークの虜となっているヒルデガードを奪いにやってきたが…。

●みんなのスクルド
見習いの戦女神で、レイアを助けにデュークの命を狙ったのも今は昔。
すっかり、みんなから空気扱いされていじめられる姿が板に付いてしまった。
仕返しに姿を消す薬を飲んでイタズラしまくり、ストレス解消をしていたスクルドだったが……。

●隠れ妻・フェンリル
もともとデュークのお目付け役として魔界の上層部から送り込まれた魔族のエリートだったのだが、
すっかり心を奪われてしまった。
身体は完全に牝奴隷に堕ちきっているものの、態度は素直じゃないまま。
疲れて自室に帰ってきたデュークを甲斐甲斐しく世話するフェンリルだったが…。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ005000
ファイル名/ファイル容量
総計 1.57GB
VJ005000.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ005000.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ005000.part3.rar / 84.85MB (88975596Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / Pentium4 1.2GHz以上
メモリ
512MB以上 / 1GB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003486D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003486D)

戦乙女ヴァルキリーGの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「戦乙女ヴァルキリーG」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

ヴァルキリー!!

2017年05月16日  

このレビューは参考になった×0人

ヴァルキリーといえばこれ!
大分前の作品ですが、各ヒロインが堕ちていく過程や
堕ちっぷりは必見です。
非常に実用的でもあり、また、前作を知らない人でも
冒頭で説明してくれるので、問題なくプレイできます
進行は選択肢形式なので特に手間もかかりません
お手ごろ価格になっているので是非どうぞ

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!無題

2010年09月24日   投稿数 : 5位

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

まず、注意したいのが「戦乙女ヴァルキリーG」となっていますが
「戦乙女ヴァルキリー」のファンディスクではなく
「戦乙女ヴァルキリー2」のファンディスクです。
つまり1だけやって、2をやってないと新キャラとか???になります。

とはいえ、最初に簡単にストーリーの説明が入るので
まったく知らない人でもある程度楽しめると思います。

あと、今回はファンディスクですので、調教はナシです。
もう、調教完了した後日談となっています。
ですので、陵辱色はほぼないです。(一部ありますけど)

まぁ、ともかく、絵のエロさから、声優の演技まで
基本的に文句なしの良作だと思います。
オススメ!!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]