美少女ゲーム > Liar-soft > サルバとーれ!

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 Liar-softフォローする
販売日 2010年08月20日
シナリオ 天野佑一 / 睦月たたら
イラスト ゆりかわ
声優 かわしまりの / 草柳順子 / 歌織 / 花野輪子 / 金田まひる
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / なんでもCHEERS!アドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

主人公は女の子たちを引きつれて「横断歩道が渡れないおばあさん」や
「エロ本を買えない学生」「リストラされたサラリーマン」などを応援する事で、
彼女たちを鍛え、応援団の実力を上げていきます。
実力が上がれば、車に轢かれそうな猫を応援して、逆に車の方をはじき返したりする事が
できるようになります。

町中で応援を繰り返す事で、援団の評判があがり、色々な応援を頼まれます。
依頼の内容は、試合の応援といった真っ当なものから恋の告白など評判に応じて多岐に
わたりますが、それらを全て応援で片づけ、最終的に応援団の存続を認めて貰う事が
ゲームの目的です。
一定の条件を満たしていると、迫る隕石から3回の応援で地球を救うシナリオが
始まったりするなど、シナリオ構成に横幅を持たせ、繰り返し楽しめる作品です。

◆◇◆ストーリー◆◇◆
長岡翔は早川学園の応援団員。その飛び抜けた応援センスは早くから認められ、
次期団長間違いなしと噂されていた。
しかし彼は団長就任を固辞すると、交換留学制度を利用して、
ヨーロッパへと男を磨く旅に出る。

一年後。若干間違った方向に男を磨いて帰ってきた長岡は、彼が留学していた間に
前団長が失踪し、応援団が廃部になった事を知る。
納得できない長岡は、どさくさ紛れに団長に就任すると、新たに団員を集めて団を再結成。
非合法に応援活動を続け、取りつぶされた応援団の再生を目指すのだが、
しかし集まった団員は、なぜか応援活動の経験など無い素人娘さんばかり。

こんな事で果たして長岡は応援団を再生させる事ができるのか──

◆◇◆登場人物◆◇◆
▼長岡翔(ナガオカ・ショウ)
頭は悪いが、無駄に正義感溢れる男。そして常にクール&スタイリッシュ。
元応援団員。以前は応援スピリット溢れる熱血学生だったが、交換留学生としてヨーロッパに
旅立ってから性格が一変、息をするようにキザなセリフを吐くホスト風美青年に変貌
してしまった。
帰国したら応援団が何故か解散していたため、どさくさ紛れに団長に就任し、再建のために
学園───いや、町中を走り回る。
「学校に応援団が必要だという事を、どうしても認めさせてやる!」と、場所を選ばず
支援が必要な人の所に行っては、クールで熱い応援技で後押しをする。
普段はクールなフリをしているが、本当はかなりの熱血漢。
ただし、自分の実力をまったく把握していないため、明らかに手に余る事件に首を
突っ込んで、苦境に陥る事もしばしばある。

▼押川凛(オシカワ・リン)
唯一の正統派応援団員で、失踪した先代の応援団長の妹。
兄がいなくなってから、バラバラになった応援団をなんとかまとめようとするも、
止める事ができなかった。今でもその事を強く悔やんでいる。
生徒会から「規定を満たしていないため、応援団は解散するように」と指示が出た後も、
兄が戻ってくる場所を残そうと懸命に走り回っていた。
副団長として長岡を補佐し、応援団が公認サークルに戻れるよう努める。
が、長岡の非常識さに振り回されているのが実情。

▼エルナ(エルネスティーナ)・インブリー
東欧の片隅にある、だれも知らない小さな国からやってきた留学生で、まるで黄金の滝の
ようなロンドと、プレイメイトに載ってそうなダイナマイツボディの持ち主。
貧乏で寮費も払えず、誰も使わなくなった部室に住み着いていた。
なんか由緒ある家柄の娘らしく、気位だけはやたら高いが、残念ながら経済力がまったく
追いついておらず、強すぎる円に生活を圧迫されまくった彼女は、本国では考えられない
銭形金太郎的ビンボー生活を送っている。
リーダー部を「リーダーを養成するエリートコース」だと勘違いして入部してしまう。

▼橋戸春奈(ハシド・ハルナ)
チアリーディング部員。前団長失踪の原因を知っている数少ない人物の1人。
奔走する主人公をパンチラで翻弄し、応援団再建を諦めるように唆す。
主人公との応援合戦に敗れた後は応援団に入団。いろいろと協力……と言うよりは
デレデレと甘えかかって無垢な主人公を籠絡しようと試みる。が、主人公がその気にると
今度は一転して冷たくあしらう。釣り上げた男にエサは与えない女。

▼河野穂香(コウノ・ホノカ)
クールビューティーという言葉がぴったり来る生徒会長。
強引かつ的確な手腕の持ち主で、会長就任から僅か1ヶ月で絶対会長制とまで揶揄される
ほどに強力な支配体制を打ち立てた。
しかし公明正大な彼女のやり方は、生徒たちのみならず、教師からも好意的に
受け入れられている。
現在は主にやる気も実績もない癖に、予算ばかり持って行く弱小サークルの整理に力を
入れており、その為、要件を満たしていないにもかかわらず、おおっぴらに
ゲリラ的部活動を行っている応援団を目の敵にしている。

▼岡崎旗手
前団長に恩があるらしく、応援団が廃部同然になった後も、ただ1人、団旗を持って
部室を入り口を守っていた。日本語はカタコトしか話せないが、ときおり明らかに
分かっているとしか思えない反応を返す。
無駄に神出鬼没。必要な時はどこにでも現れる、黒豹のような男。

▼吉央川信敬(ヨシオカワ・ノブタカ)
早川学園応援団創設者。明治45年生まれ。
最後の明治人にして、数々の伝説を持つ最強の応援団長。
外見的には小柄なジジイに過ぎないが、その実力は衰えるどころか、往年の頃を
上回ってさえいる。その分脳が衰えていて、最近アルツ気味。
ただ、都合の良い時だけボケが進行するので、偽装の疑いも有る。
応援団再建に奔走する主人公たちを、暖かく見守っているが、応援団OBなので、
その愛は厳しい「試練」という形となって現れる。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004918
ファイル名/ファイル容量
VJ004918.zip / 980.35MB (1027970796Byte)
CPU
PentiumII 300MHz / PentiumIII 500MHz以上
メモリ
128MB / 256MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0003590D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003590D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「サルバとーれ!」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件