美少女ゲーム > flap > りんくす!~キミと精霊と使い魔と~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 flapフォローする
販売日 2010年08月20日
シナリオ 騎西ソアラ / 神堂劾
イラスト 沖史慈宴
声優 藤森ゆき奈 / 宮沢ゆあな / 柚木サチ / 雪村とあ / 上田朱音
音楽 Lip on Hip
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 魔導錬金銃と魔法のハイファンタジーアドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

◆Outline〜あらすじ〜
魔法がありふれた日常である世界・ラクリマ。そんな世界に住む主人公・ユークは、
数々の伝説的な魔術師を輩出してきた伝統あるクロイゼルング魔術学院に通っている。

ユークは魔法が使えない。

だが、元来手先が器用でアイディア少年だった彼は、数年前に設立されたばかりの
錬金科に入学するやいなや、錬金術への才能を開花させ、めきめきと頭角をあらわしていく。

今では魔法薬の調合や魔法アイテムの制作に留まらず、魔法を銃で撃ち出す魔導錬金銃をも独自に開発するほどであった。

それゆえ、数十年ぶりの使い魔の卵誕生のニュースであっても彼にとっては他人事であった。
使い魔も、それを使役し精霊の力を借りるエレメンタルリンカーも、どこか遠い伝説の上の存在でしかなかったからである。

しかし、そのエレメンタルリンカーの候補にユークの妹であるルチルが選ばれることで、
“精霊使い”という存在が一気に身近なものとなる。
妹がそれに連なる魔女の一人になれるかもと思うと、さすがのユークも沸き立つ心を抑えきれなかった。

こうして、ユークを含むラクリマの住人たちは、使い魔の誕生の瞬間を心待ちにしていた。
かつて魔界軍の侵攻をたったひとりで阻止した伝説の使い魔・リンクスの再誕もありうるかも!と。

そんな矢先、何者かの手によって使い魔の卵が盗まれてしまう!
この出来事は国家機密レベルの盗難という大事件として扱われ、秘密裏に捜索がおこなわれた。

そんなことを知らないユークは、市場で買い物をしている最中に怪し気な男と出会う。
その男、空から振ってきたかと思いきや、市場のお店を破壊し、自分も気絶してしまったのだ。

そして、傍らに転がる、見たことのない卵。それを拾い上げたユークだったが、その卵がなんと————!!

こうして、国家機密レベルの事件はユークにとっても重要な事件となった。
なぜなら、エレメンタルリンカーの候補生である彼女たちへ課されるクエスト(試練)に、一緒に挑むことになってしまったからである。

まだ、誰も知らない——彼とエレメンタルリンカー候補生らの運命が大きく動き出したことを。
ラクリマ全体を支配する大きな運命がゆっくり動き出したことを。そして、まだ物語の序章に過ぎないことを……。

◆登場キャラクター
●ラキュハリス・ルチル
主人公の妹でおにいちゃん子。魔法属性は風。
底抜けに明るい性格。(何も考えていないという話も)
お兄ちゃんと一緒にいたいからという理由で学院に入学するも、
そのずば抜けた魔力ゆえ、飛び級して最上級クラス(トレース)に所属。
その上、何の気無しに読んだ文字が、実は現在では失われた知識である古代文字だったりと、
秘めた才能の高さを散見させる。
今回数十年ぶりに使い魔の卵が誕生したことを受けて、エレメンタルリンカー候補生となるが、
その高すぎる能力と相反する外見&性格のギャップゆえ、彼女を妬む者も多い。

●蓮華石(れんげせき)ニナ
東の辺境の地にあるアペカムイ・シモリからの留学生。魔法属性は火。
誰とでも仲よくなれる、明るくて親しみやすい性格。運動神経もバツグンで、探索能力も高い。
性的なことに疎く、よく部屋を裸同然の格好であるいているが、なぜか耳だけは絶対にみせなかったりする。
一風変わった価値観に驚かされるものの、それは彼女の国と学院のある
トレスフォリア共和国では風習が違うためで、決して性に奔放な訳ではない。
どちらかと言えば、一途で古風な考えをしている。
実家の掟が厳しく、早く魔法を極めて国に帰らねばというプレッシャーから、
物凄く頑張っているが、その努力は表に出さない。
ルチル同様、その能力の高さからエレメンタルリンカー候補生の一人に選ばれる。

●プラティーナ・R・クォルケ
エルフの族長の娘で、由緒正しい名門の出。魔法属性は金(破邪・雷)。
高貴な雰囲気を持つ大人びた女性。それゆえプライドも高く、
同じエレメンタルリンカー候補生たちから「ぷらっちゃん」「ぷらっち先輩」などと呼ばれると、
わざわざ訂正させるなど、真面目すぎる一面もある。
人混みが嫌いで、他人を一定以上寄せ付けず、普段から長い手袋をはめている。
狭間の世界・ラクリマと魔界を繋ぐ「封印の扉」を守る鍵の時期継承者。
本人も自分が次の鍵となることを自覚しており、そのことを誇りに思っている。
胸に隠れて見えないが、ペンダントを大事にしている。

●珊瑚
ニナの故郷に近い中華の国・昆明(コンロン)出身。魔法属性は水。
普通の人間よりひとまわりサイズが小さい種族で、仙術で生み出した雲に乗っている。
見た目はロリだが、実は百年くらい生きている仙人の卵。
何年も生きているせいか非常に毒舌家。プラティーナや主人公をからかうのが楽しいらしい。
仙人の癖に食いしんぼ。大食らい。仙術(魔術)はぴか一だけど体力ゼロ。
仙人の国家資格には体力勝負な科目があるため、それを避けるために仙人と同じ資格を持つ
魔術学院の卒業証書が欲しいという非常に俗っぽい理由で学院に入学している。
その能力の高さからエレメンタルリンカー候補生に選ばれる。

●エレット・リクィ
主人公の幼なじみ。魔法属性は土。ひいひいおばあちゃんのベスピアは伝説の魔女。
気弱などじっこ。平らなところでよく転ぶ。努力家でものすごく頑張っているのだがどこか抜けている。
誰かが傍にいてあげないと…と保護精神を刺激されるタイプ。
本当はとても才能溢れる魔女の素質を持っているのに、自己卑下が強くてブレーキをかけている。
メガネを取ると性格が変わって強気モードに変身する(ハンドルを握ると性格が変わる、というような感じ)
前述の四人同様、エレメンタルリンカー候補生に選ばれる。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004899
ファイル名/ファイル容量
VJ004899.zip / 955.13MB (1001524098Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 1GHz 以上
メモリ
256MB以上(Vista/7は768MB以上) / 384MB以上(Vista/7は1GB以上)
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1 以降

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「りんくす!~キミと精霊と使い魔と~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!いいシナリオゲーでした

2012年01月21日  

このレビューは参考になった×1人

いくつかこのブランドのゲームをやって何れも抜きゲ—だったのだったので
購入しましたが、Hシーンは各キャラ2と少なくむしろシナリオメインのゲームでした。

攻略できるのはパッケージの3人(ニナ、ルチル、プラティーナ)。
序盤の選択肢でメインヒロインが決まり、後は一本道です。
なのでエンディングは3つだけですが、そこそこボリュームはありました。

難を言えば展開がお約束なこと、珊瑚とエレットが攻略できないこと。
しかしヒロインとともに成長する主人公は見ごたえがあり、とてもすがすがしいエンドでした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ファンタジー作品

2010年09月17日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

初めて購入するブランドの作品でしたが、
ファンタジー系の世界とその雰囲気に合うビジュアルということで
購入を決定。

天真爛漫な主人公の妹ルチル,明るい留学生ニナ,
真面目なエルフの女性プラティーナの3名が攻略対象です。

主人公のユークは彼女たちとは違い、魔法が使えないため
クラスが低く経験が足りないので序盤こそ足をひっぱりますが
得意分野である錬金術など前向きに行動する、良主人公でした。

シナリオは彼女たちの出生の秘密や、過去や環境を中心に
シリアスに書かれていて、ファンタジーなビジュアルとのギャップがあり良かったです。

攻略順は誰からでも問題ありませんが
ニナ→ルチル→プラティーナで攻略するのがわかりやすいと思います。

ヒロイン、サブヒロインとも中堅の声優さんが出演されているので
スピネル先生やモルガナなど出番の多いサブキャラクターにボイスが
無いことが目立ってしまうということが惜しいところでしたが
ストーリーなど作品は全体的にまとまっていました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]