美少女ゲーム > アクトレス > マージ ~MARGINAL~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年08月06日
シナリオ 小林且典
イラスト Phonon
声優 内村みるく / 桜川美亜 / 蝶野ポプラ / 海乃ほたる / 一姜香 / 飯田空
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■□■ストーリー■□■
管財人の話では、その別荘は欧州から直接運んできた建物で、
祖父が言うにはこの館は無人で、ここ何年も訪れた人間はいないらしい。
だが……。
「ご主人様? ご主人様…ですよね?」

無人と教えられた館でメイド達と出会い、
訝しく思いながらも、主人公は彼女たちと関係を深めていくことに。
やがて明らかになる、彼女たちの意外な正体。
途中で館のメンバーに「とほほん」な巫女を加え、どたばたの毎日が繰り広げられる。
そんな中、浮かび上がってくる 『敵』 の存在とは──

主人公に、祖父が託した願い……。
『おまえには権利がある……繋ぐか……それとも断ち切るか』
物語は、主人公とメイド達の心の交流を主軸としつつ、
意外な方向へと向かってゆきます。

■□■登場キャラクター■□■
【マージ・フォイエルバッハ】
「ご主人様…大好きですっ!」
極度の人見知りで、とほほんとしているが、本来は戦闘的な性格で、卓越した運動能力を持つ。
過去に主人公となんらかの関わりがあったらしく、主人公のことを恋い慕っている。
が、極度の人見知りのため、それが表に出ることはなさそうだ。
他のメイド達からは基本的には信頼され、一目置かれている。
屋敷の庭にある大きな木がお気に入り。屋敷の清掃と、主人公の警護が主な仕事。

【アメリア・フォスリーゼ】
「私は言われたことを、ただ実行するだけです」
いつも冷静で、感情のこもらないしゃべり方をする。
『護衛』と言うメイドにしては不自然な役割を自らに課している女性。
いつも主人公の影にひそむように、つかず離れず従っている。
他のメイド達からは信頼されているが、エリカには恐れられている
(但しこれはエリカの自業自得)。

【フィン・テンニエス】
「懐かしい匂いがするの・・・」
屋敷のメイド長を務める。気のやさしいのんびり屋で、ちょっとぼけたところもある。
いつものほほんとしているため、メイド長向きには見えないが、
何故か皆「フィンには勝てない」らしい。
メイドのとりまとめと、屋敷の料理担当。
普段の性格や動作からは想像もできないが、料理の腕と仕事の速さは人知を超える。

【フォニーム・テンニエス】
「ご主人様だなんて認めないからねっ!!」
メイド長であるフィンの娘。母とは違って、せっかちで思い込みの激しい皮肉屋。
ボキャブラリーは少ないが、その勢いと無茶な理屈で、
相手を負けた気にさせるのが得意。
でも、フィンには甘えまくっている。
おもにフィンの補佐で料理や後片付けを担当。
これも「マムのお手伝い」程度

【エリカ・ブラウン】
「一生懸命さなら誰にも負けにゃいですよぉ」
活発で陽気で能天気。
いつも明るく、冗談ばかり言っていて、基本的にドタバタが好きの快楽主義者だが、
実はとってもきれい好きで、屋敷では清掃担当をしている。
お色気方面の知識をもてあましていて、
主人公にそれを試そうと積極的にお誘いをかけてくる。

【水代このは】
「こ、ここはどこでしょう・・・?」
代々退魔を生業としている水代家の末娘。
一族の者は皆、超一流の霊能者であるため、
まだ未熟な彼女は劣等感をもっている。
はわわな性格の、ドジな巫女さん。
主人公の住む屋敷からただならぬ気配を感じて、
屋敷へと迷い込んでしまう。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004865
ファイル名/ファイル容量
VJ004865.zip / 660.34MB (692416706Byte)
CPU
Pentium4 1GHz以上
メモリ
512MB 以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9.0c 以上
その他
PCM DirectSound対応サウンドカード
ソフ倫受理番号
受理番号0003638D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003638D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「マージ ~MARGINAL~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件