美少女ゲーム > ローズクラウン > 娼母清華 ~背徳の交わり~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

▼ストーリー
深沢悠は母・清華と二人暮しの思春期の男の子。
父を早くに亡くしたものの、父の遺産および保険金で何不自由なく暮らしていた。
母・清華は、基本専業主婦だが、
週に三日ほど昔やっている仕事の手伝いと称して、夜出かける。
同級生の母親などと比べて明らかに美しい母親は、主人公にとって憧憬の存在であった。

そんなある日、悠のクラス(有名私立校)に男女双子の転校生がやってくる。
同年代ながら垢抜けた態度と明るい立ち振舞いで
クラスの人気者となる双子、芹沢茜と正樹。

そんな彼らがなぜかクラスでも地味な存在の主人公に接近し、やや強引に交流を深める。
実は主人公も母親も、転校する前から知っていると告げる二人。
なんと、母親が手伝っている仕事は双子の母親が経営している会社なのだという。
双子は、母親の仕事内容を詳しく知らない主人公に、
一度職場を覗きに来ないかと誘ってくる。
「お母さんにはナイショだよ、ビックリさせたいからね」
妖しく微笑む双子の言葉に従い、清華には内緒で職場を訪問することになる悠。

・・・都内の高級マンションのフロアをぶち抜いた一室にそれはあった。
限られたセレブのみ入会が許される超高級娼館『桜華館』。
そこに母がいた。

「さあ、見てごらんよ、君の母親の本当の姿を、」

ステージの上で、淫らに体をくねらせる母、

マジックミラー越しに、見せられる母の姿。
見知らぬ男のモノに奉仕し、その身を男に差し出す母。

愛する母は、娼婦だったのだ。

・・・・・・双子から告げられる真実、
父親と結婚し引退したのだが、もともと高級娼婦であった母。
表ざたに出来ない裏の資金の洗浄に関わっていた父、しかし予期せぬ死により、
その資金に巨額の損害を与えていたのだという。
まっとうでない損失の穴埋めの代償として、その身体を差し出すことを要求された母は、
ここで多くの男達にその身を差し出し続けているのだという。

「清華さんは人気者だから、まあそのうち、
穴埋めも終わるだろうけど、それが何時になるやら・・・、」

呆然と立ち尽くす悠の耳元に、囁かれる双子の言葉、

「・・・・・・まあ、君が手伝ってくれるなら、ずっと早くお終いにできるかもね、」
「うちのお客さん、最近、目が肥えちゃって、
新しくて刺激的なショーを期待されてるんだ、
・・・そう、たとえば、禁断の母子相姦ショーとか、」

・・・その日、悠と母・清華のまったく予期せぬ、新しい日常が始まった。

▼登場キャラクター
●深沢 清華(ふかざわ せいか)
主人公の母
神々しいまでの美貌、独身時代は娼館のナンバー1。
そこの客として出会った主人公の父と結婚、引退していたが、
夫の残した表ざたに出来ない負債に縛られ、娼婦に復帰。
復帰後もその美貌と癒される性格で娼館のマダム的存在となっている。
愛する息子に自分の過去と現在の職業を知られるのを何より恐れている。
しかし、双子の策略で知らずに息子と性交を重ねることに。

●芹沢 茜(せりざわ あかね)
主人公のクラスに転校してきた双子の姉、
娼館「桜華館」の実質的経営者である「芹沢 真理子」の娘。
年若いがすでに特殊な趣味層へ性的奉仕をしている娼婦
娼館にはやくから出入りしている為、世の中を達観している。
同じような境遇にありながら、普通の学生生活を送る
主人公への苛立ちなどから今回の所業をはじめる。
母親との性交を唆したり、自らの身体を用いて、
主人公に性の手ほどきをしたりと、翻弄していく。

●芹沢 真理子(せりざわ まりこ)
主人公のクラスに転校してきた双子の母親。
高級娼館「桜華館」の実質的経営者。
主人公の母親「清華」のかつての同僚、高級娼館「桜華館」オーナーの愛人となり、
双子を出産後も娼館を維持している。
清華に対して、常に人気No1であったことや、幸せな結婚生活を送ったこと等、
根深い嫉妬心を持っている。
そういった心情を吐露したことから、双子の主人公に対する策略が始まる。

●芹沢 正樹(せりざわ まさき)
双子の姉である茜とよく似た美少年。
姉の策略と手助けするが、主人公へ感情的なさわりがあるわけでなく、
基本、享楽主義者で楽しければそれでいい。
倒錯したセックスショーの一環として舞台に立つこともある。

●深沢 悠(ふかざわ ゆう)
クラスでは地味な存在だが、母の血を受けた実は美少年。
母に対する感覚は崇拝するような憧れ、憧憬。
思春期を向かえ、美しすぎる母にドギマギする日々。
突如、転入してきた双子によってその想いと日常をかき乱されていく。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004831
ファイル名/ファイル容量
VJ004831.zip / 856.82MB (898440661Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 800MHz 以上
メモリ
512MB / 1GB 以上 (Vistaの場合 1GB以上 / 2GB以上)
HDD
1.5GB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1b 以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003928D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003928D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「娼母清華 ~背徳の交わり~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

おすすめ!おっぱいおっぱい

2015年05月07日   投稿数 : 5位

このレビューは参考になった×0人

めちゃくちゃエロいです。
何がエロいって出てくる女性キャラのキャラが立っててHシーンが物凄く盛り上がります!!
肉感的な身体に蠱惑的な声もたまらない!!

母との禁断のラブラブエンドあり。同級生とのラブラブエンドあり。母親NTRエンドあり。
エンドも色々。
個人的にお気に入りなのは茜とのラブラブエンド。
イジメっ子からの華麗なるツンデレ変身!!
ラブラブいいよラブラブサイコー!!

オッパイスキーな方にはたまらない作品です。
激オススメ!!!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

母も良いが双子の姉も

2013年11月15日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

母親が借金返済のため、娼婦をしており、それをやめさせるために主人公が母親と行為を持ち、娼婦をやめさようとするゲームです。

母親メインで、内容には寝取られ、輪姦、フィスト以外にも純愛や妊娠などもあります。選択次第では母親と性行為しないということもできます

個人的には転校生の双子の姉がよく、専用ルートでは、娼婦から普通の女の子の反応をして、とても予想外でいい意味で裏切られました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!涸れるまで萌えた

2011年06月16日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

炎上しました。絵が、いいよ、いい。シナリオもよかった。
ゲームは、母が、同級生の自宅マンションで、娼婦をしてるのを、主人公が知ることから始まります。
その同級生親子が鬼畜で、清華と主人公との交媾を迫ります。当初、何も知らずに受け入れる清華。相手が息子だと知ってからも、唯々として交わります。
同級生の少女茜とのレッスンもいいですね。
ショーの形で交わり続ける、母と息子の結末は?
是非、DLしてお楽しみください。絶対に裏切らない作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!近親モノですがイチオシは茜です

2010年08月11日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

公式HPにて茜の絵とキャラに惹かれてプレイしてみたら大当たりでした。

Hシーンは3/4程度がお母さんこと精華です。強制・和姦・寝取られ等々、娼婦として働く母に主人公が葛藤しつつも欲情するというシナリオに則ったHシーンは一通りおさえられており、なかなか悪くありません。マルチエンドが用意されておりますので、あらすじから想像される期待にも十分応えてくれました。

で、
Hシーンの大体1/4が茜です。
この娘は、不快に感じない狡猾なイジメっ子かつツンでアレで可愛いエロいという、すこぶるおいしいキャラだと思います。これ大事。
フラグ確定前における主人公の翻弄されっぷりは「本当にエンディングまで辿り着けるのか!?」と不安さえ覚えますが、フラグ確定後における茜のキャラ立ちっぷりにはプレイヤーが翻弄されました。これには胸が熱くなるほかありません。

DL販売のフルプライスとしては高めの値段ですが、感じるものがあれば先ず公式HP閲覧と体験版を試してみるとよろしいのではないかと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]