美少女ゲーム > Gray-zone > 妹と幼馴染みの性奴指導~これ以上中に出すのはやめて!~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 Gray-zoneフォローする
販売日 2010年07月09日
シナリオ 肉うどん
イラスト 寿猫鈴
声優 桜城ちか / 計名さや香
音楽 def
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 嫁いでいく妹と強気な幼馴染みを中出しで俺のものに仕込みまくる!AVG
その他
ジャンル

作品内容

◆ストーリー
酒に溺れては仕事を解雇され続ける父親に嫌気が差している主人公。
両親の離婚から今まで苦労したこともあり
お陰でひねくれた性格になったことからクラスでも浮いている存在だった。
3年前、両親が復縁し、妹と再会。
甲斐甲斐しく世話を焼いてくれる妹に主人公は少しだけ心が癒され惹かれていく。
しかし相手は自分の妹であり、戸惑うばかり。
そんななか、他の男と結婚することを妹から嬉しそうに報告され、
主人公の中でなにかが壊れていく。

結婚式当日。
花嫁衣装を着て幸せそうに涙する妹を前に、主人公が取った行動、それは妹を奪うことだった…。

◆登場キャラクター
●柏原比奈姫(かしわばら ひなき)
ちょっとドジな感じがある。非常に明るく、基本的には性に対して無知。
主人公の妹で、ちょっと素行の悪くなっている兄を心配している。
成績は優秀で、家庭的なところがあり、将来の夢はお嫁さん。
母の友人の息子である幸彦と幼馴染で小さいころに
お嫁さんになるといってそのまま付き合い、結婚したが…。

●佐川良子(さがわ りょうこ)
幸彦の妹。比奈姫のことを本当に妹のようにかわいがっており、
兄と結婚した比奈姫を大事に思っている。
性格は明るく、優しいお姉さん。穏やかだが意思の強いところもある。

●柏原一郎
主人公
少し小太りの不良。あまり素行が良くなく、けんかっ早い。
幼いころ、両親が別居になっていたが、3年ほど前に復縁。
もともと、いい加減な男親に育てられていたので、粗雑でちょっと暴力的なところがある。
再会した妹に心を打ち解けていく。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004790
ファイル名/ファイル容量
VJ004790.zip / 218.65MB (229273959Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / PentiumIII 1GHz以上
メモリ
512MB以上 / 1GB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1以上
注意事項
アニメーションサンプル













ソフ倫受理番号
受理番号0003914D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003914D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「妹と幼馴染みの性奴指導~これ以上中に出すのはやめて!~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

ピックアップ

おすすめ!正攻法には外法を、理論には口封じを、邪魔者には破壊工作を!!

2010年07月12日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×10人

「惚れた女の為ならば、世界中を敵に回す事も厭わない」という言葉を耳にした事がある方も多いかと思われますが、この作品の主人公・柏原一郎は、最愛の妹・比奈姫を繋ぎ止めておく為ならば「何だって捨ててやるさ!」という、まさに前述の言葉を具現化した感じのキャラだったりします。やり方は外法まみれですが、ある意味潔いかもしれません。
結婚式当日に一郎によって眠らされ、廃工場に目隠しをしたまま鎖で繋がれて監禁され、連日性的開発を施される比奈姫が、相手が一郎だと知った時の「お兄ちゃんにされるなら、いいの」というセリフが凄く印象的でした。比奈姫は幸彦と既に籍は入れているものの、2人がエッチする事は全く無い(場合によっては、縛り上げた幸彦の眼前でエッチを見せつける事も)ので、近親愛+寝取り・略奪願望のある方にとってのパーフェクトヒロインと言っても過言ではないでしょう。
対して良子は、プレイして感じた僕的ポジションは「イタ過ぎるヒロイン」でした。一郎と比奈姫の関係を知り、正攻法と綺麗事と理論武装で一郎を追い詰めようとする(良子視点での一郎は、最愛の兄から妻を奪い、恥をかかせただけでなく、あまつさえ監禁して近親相姦に及んだ最低の鬼畜野郎)も、一郎の外法と人海戦術によってことごとく返り討ちに遭い、最終的に全てを壊されてしまいます。
エッチイベントは、比奈姫は和姦・調教系が多いのに対し、良子は鬼畜・凌辱系がメインとなります。尚“寝取られ”とは異なるものの「大勢の男に輪姦される」「他の男のモノを受け入れる(処女貫通の相手はどちらも一郎です)」という描画が含まれる為、これらの表現が苦手な方は、あらかじめその事を念頭に置いて下さい。
「好きな女を繋ぎ止めておく為ならば、邪魔者は徹底的に排除する!!」という展開を好む方には特にお勧めです。独特の爽快感・達成感が味わえます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]