美少女ゲーム > ドラゴンフライ > 痴漢レストラン1B

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年07月16日
年齢指定
作品形式
動画 / ビジュアルノベル
その他
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for Movie」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

森の中のレストランに恋人の咲来とやってきた俺たちだったが、そこは異常な世界だった。

まさか咲来が料理されるなんて……。料理される、といっても彼女が殺されて人肉をふるまわれるわけでじゃない。
咲来が料理を引き立てる材料になるのだ。
彼女は恥辱と凌辱を尽くされ、徐々に理性を無くしつつあるのは明らかだった。
食前酒のワイン、サラダと狂った料理が続く中、今度は巨大な鍋がテーブルに運び込まれた。
それこそ小さな人間ならすっぽり入りそうな鍋だ。

「こちらが特製フォン・ド・ボーになります」と支配人が説明する。
嫌な予感がよぎった。鍋の蓋を開けるとそこには野菜や子牛の骨らしき見慣れた食材の中に混じって全裸の咲来が……。
奴らは、俺がこのふざけた鍋の中で咲来とセックスすることを望んでいるのだ。

———「六話 フォン・ド・ボー」より

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004782
ファイル名/ファイル容量
VJ004782.zip / 183.11MB (192007634Byte)
CPU
Pentium 333MHz 以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player Ver9以降 / 収録時間:26分
ソフ倫受理番号
受理番号0003079D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003079D)

痴漢レストラン1Bの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「痴漢レストラン1B」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件