美少女ゲーム > ωstar > 彼女×彼女×彼女 ドキドキ フルスロットル!

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 ωstarフォローする
販売日 2010年07月02日
シナリオ 猫コスメ / 和泉万夜
イラスト 八宝備仁
声優 有栖川みや美 / 紘川琴音 / 牧野真穂 / 青川ナガレ / 榊るな / 田中一郎
音楽 SAM
その他OPテーマ:『彼女×彼女×彼女 〜今夜はぎゅっと抱きしめてね〜』 唄:中山★マミ
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 同居型エロ萌えADV
その他
ジャンル

作品内容

物語は本編から約1年後。
恋人となった5人のヒロインたちとのアフターストーリーが、ラブいちゃ全開でついに登場!
さらにかわいく、もっとエッチにパワーアップしたヒロインとの甘くてとろけるような日々が、
再びアナタを誘惑しますッ!!
もちろん夢のようなハーレム展開も♪

【秋奈's Story】
あれから1年、春臣とのラブいちゃライフはエスカレート。
水泳部の活動に身が入らないで怒られてばかりの秋菜。
春臣に夢中になりすぎているせいだと自ら戒め、次の大会まで 「春君断ちをする」と宣言する。
「春君とエッチしちゃうと、私、春君のことしか考えられなくなっちゃう。
こういうのってやっぱりよくないと思うの」

【夏実's Story】
卒業を控え、進路が気になりだした春臣。将来を考えた時、頭に浮かぶのは夏実さんのこと……。
このままずっと夏実さんと、みんみんアイスで働いていきたい。
そう考えた春臣は、夏実にプロポーズすることに。
だが、なかなか言い出せず すぐにエッチ。はたしてふたりは……。

【真冬's Story】
夏実がアイス協会の集まりで、秋奈が水泳の合宿で他校へとそれぞれ一週間家を留守にすることに。
ふたりっきりになった真冬と春臣は当然エッチ三昧の日々を送る。
そんな楽しい日々が終わりに近づいたある日、ふたりは海へデートに出かけ、
この一週間を振り返るのだったが……。

【翠's Story】
春臣は翠とのデートプランに困り、雑誌の記事にあった『今かっこいいのはワイルドな男』
『アウトドアデートがおしゃれ』 などを真に受け、翠を山に連れて行く。
最初は喜んでいた翠も、蚊に喰われたり熊に遭遇したり、
散々な目に遭い、完全に機嫌を損ねてしまう……。

【鈴蘭's Story】
朝、眼鏡なしで登校してきた鈴蘭。眼鏡をかけていないだけでなく、普通にしゃべれるようにもなっていた。
急激な変化にみんなは驚き、理由を尋ねるが鈴蘭ははぐらかす。
そしてその異変の陰には、あっと驚く理由が隠されていた。

【ハーレム Story】
ある放課後、下校途中の商店街で春臣がたまたま福引をして、奄那土島旅行の招待券を当ててしまう。
ペアなので、翠と鈴蘭に招待券を譲る春臣。
織節家へ戻り夕食時にその話をすると、夏実の提案でみんなで奄那土島へ旅行にいくことになった。

★★★登場キャラクター★★★
●織節秋奈(おりふし あきな)
次女、主人公と同い年。
しっかり者で家事も勉強も運動もできる優等生で、おまけにかわいい。
主人公が通う学園のアイドル的存在。
何かと主人公の世話を焼きたがり、ちょっと焼きもちやきな一面も。

●織節夏実(おりふし なつみ)
長女。巨乳美女。おっとりとした優しい性格。
お酒がまったく飲めず(匂いだけで酔ってしまう)、飲むと酒乱になる。
占いが大好きで、常にあらゆる占いをチェックしている。ですます調でしゃべる。

●織節真冬(おりふし まふゆ)
三女、主人公の1コ下。あまり感情の起伏がない娘。本が好き。
しかし性への好奇心は強く、いつも官能小説を読んでいる。
真冬がオナニーをしているところを主人公は何度か偶然見てしまう。
悪戯好きで負けず嫌いな面も。

●白檀翠(びゃくだん みどり)
主人公のクラスの学級委員長。クールできりっとした女の子。
ちょっとだけ高飛車な感じ。よく四字熟語や名言を引用。
何故か春臣を敵対視している。

●姫野原鈴蘭(ひめのはら すずらん)
主人公のクラスメイトで、主人公に一目惚れし、ストーカーする天然ボケの少女。
ほわほわした性格だが性欲が強い。
ほとんどしゃべらず花言葉で会話する。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004756
ファイル名/ファイル容量
総計 1.83GB
VJ004756.part1.exe / 762.94MB
VJ004756.part2.rar / 762.94MB
VJ004756.part3.rar / 345.75MB
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 1GHz以上
メモリ
512MB以上 / 1GB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1a以降
ソフ倫受理番号
受理番号0003761D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003761D)

彼女×彼女×彼女 ドキドキ フルスロットル!の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「彼女×彼女×彼女 ドキドキ フルスロットル!」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

前作と同じくグラフィックが綺麗

2014年03月12日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

「彼女×彼女×彼女」の続編物です。相変わらず絵のクオリティが凄かったですね。とはいえファンディスクなので内容の少なさに関しては目をつぶりましょう。前作には無かったプレイが色々ありますのでCGを見てアリだと思えば、購入してみると良いかもしれません!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!パイズリプレイが素晴らしい

2011年11月06日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

前作、彼女×彼女×彼女 〜三姉妹とのドキドキ共同生活〜のファンディスク。
汁量に関しては、前作と変わりなく、何度も回数を重ねて、濃くなっていく感じ。
どちらかといえば、中出しでの、連続射精のほうが多い。
3回4回と射精し膣内から、大量の精液が、ドロドロと溢れてくる。

今回は、念願の3姉妹とサブキャラとの6Pハーレムルートが存在する。
ファンディスクのため、前作をやってからのプレイを推奨。
CG数は、少なめだが絵が安定しているので、前作が気に入れば、問題なく遊べる。

前作はフェラの要素が高く、今回はパイズリプレイが素晴らしい。
特に鈴蘭のパイズリは、かなり良い。
また、一部前作で登場したCGが、
アニメーションするおまけ要素も追加されている。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!翠と鈴蘭ディスク

2010年07月05日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

本編では、3P係だった二人それぞれ個別にエンディングがあります
ですので、どちらか片方が好みという方には、本編よりもむしろこちらがお勧めかもしれません

ファンディスクということもあり、内容的には若干少なめですが、まぁ許せる範囲でしょう

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

サブキャラ強化

2010年07月02日   投稿数 : 7位

このレビューは参考になった×1人

「彼女×彼女×彼女」のファンディスクのようなもので3姉妹とのアフターストーリーやおまけに過ぎなかった2人のサブキャラのHシーンが収録されている。
それぞれのストーリー展開も違っててアイスまみれのパイズリとか、水着でのH、野外Hやら眼鏡を取ると喋れて淫乱になるといったシチュエーションが楽しめる。
若干ボリューム不足を感じるかもしれないが絵と乳が好きなら満足できる内容かと。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!Love-love Life After-Year

2010年07月02日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×4人

本編である[彼女×彼女×彼女 〜三姉妹とのドキドキ共同生活〜]から1年後のアフターストーリーが収録されたファンディスクに当たる当作品ですが、本編に無かったシチュエーションが数多くあります。
あまり詳細に書くと、プレイする楽しみが半減すると思われますので、1つだけ明かすと、本編では花言葉しか喋らなかった姫野原鈴蘭が、ファンディスクであるこの作品では、ちゃんとセリフを喋ります!!
また、本編では主人公・志木春臣に対する感情が千差万別だったヒロイン達が、この作品では全員好意的であり、真の意味でのハーレム気分も味わえます。
尚、若干「BL入ってんじゃね?」的な内容が含まれますが、そこはまぁ、おまけギャグ的に楽しむのが得策かと思います。
色々な特殊シチュは抑え気味になっているものの、本編にも存在しなかったシチュが新たに盛り込まれているので、[彼女×彼女×彼女 〜三姉妹とのドキドキ共同生活〜]をプレイされた方は、引き続きこちらの作品もプレイして戴くと、より一層楽しめると思われます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]