美少女ゲーム > EX12 > 巫女は狂宴の中に

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 EX12フォローする
販売日 2010年07月09日
シナリオ チャック雅 / まこっちゃ
イラスト 神崎直哉
音楽 赤犬D
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 外道アドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■あらすじ
『若本五郎(わかもと ごろう)』は大学教授。
務める大学は一流だが、何事も大雑把で面倒くさがりの五郎はその中では落ちこぼれだった。
講義は適当、研究は他人任せ、無断欠勤多数など、問題を数え上げればキリがない。
それでもこうして五郎が今の地位にいられるのは、元々五郎が無能なわけではなく、
ひとたびやる気になればその研究意欲と成果は目を瞠るものがあるということを現理事が知っていて、
五郎を気に入っているからだった。
そして『立川勝也(たちかわかつや)』という有能な助手に支えられているのも、
その要因の一つである。
そのワイルドながらどこか愛嬌のある風貌と大雑把な性格が
学生の人気を集めているということも関係あるかもしれない。

だが、当然ながら五郎の存在に納得できない人物もいた。
五郎と同じく考古学の研究を行う女教授、『畑山実路(はたやまみゆき)』もその一人だ。
いや、むしろアンチ五郎派の最たる人物とも言える。
実路はことあるごとに難癖をつけ、五郎をうんざりさせていた。
実路の目には、五郎はただのいいかげんな人間としか映っていないのである。

そんなある日、実路は五郎の大学内における実態をレポートにまとめ、提出した。
五郎を大学から追い出すためだ。
レポートは会議の場で取り上げられ、教授達の間で問題となった。
そのことによって話は理事会でも持ち上がり、こうなっては理事長も庇いきれず、
五郎の進退問題にまで発展した。
結果、一定期間内に新たな研究とその成果を発表できなければ、大学を追放になることが決定した。

五郎は「冗談じゃねえ」と頭を抱えたが、決定事項である以上、
なにはともあれ結果を出さなければどうしようもない。
勝也の手を借り、すぐさま大学の資料室を漁り始めた。
生活がかかっていることが幸いしたのか、久しぶりに五郎の灰色の脳細胞は活性化を始め、
膨大な資料の中から気になる記述を見つけ出した。
それは、ある男が二つの不思議な玉を使って潮の満ち干きを操ったという伝承だった。
しかし、五郎はこの伝承とよく似た話を知っていて、その話は宮崎県の伝承だ。
─なぜこんな離れた島に、宮崎県に存在するものとそっくりな伝承が…?
長らく沸き起こらなかった研究意欲がこみ上げる五郎。
その脳裏には、今まで自分を見下していた実路の悔しそうな顔が描き出されていた─。

■登場キャラクター
●主人公:若本五郎(わかもと ごろう)
大学教授で、考古学者。務めている大学は一流だが、五郎はその中の落ちこぼれ。
真面目にやれば実力はあるが、あまり努力をしようとはしない。
何事も適当・大雑把で、自分勝手。心に棚をいくつも持っているタイプの人物。

●阿澄春乃(あずみ はるの)
どこにでもいそうなごく普通の少女。
何事も可もなく不可もなく。
八方美人で、皆の仲裁役。

●藤本日和(ふじもと ひより)
健康的で明るい少女。
しっかり者で気立ても良い。
春乃の親友。

●十川流(とがわ ながれ)
見た目の男っぽさに悩む少女。
大雑把で手が早いところはあるが、基本は女性的。
すぐウジウジ泣き、悩む。

●瀧野恋(たきの れん)
引っ込み思案な少女。
その上いつも暗い顔をしている。

●志乃森優香(しのもり ゆうか)
メガネっ娘。
よく慌ててドジをするが、一度失敗したことは繰り返さない努力家。

●藤本久美(ふじもと くみ)
『藤本日和』の姉。
いつも優しげでおっとりしているが、芯は強い。

●畑山実路(はたやま みゆき)
大学の教授で、五郎の同僚。
周囲には柔らかい物腰で受けが良いが、五郎のことは見下しており、何かとキツく当たる。
五郎を大学から追放しようと画策する。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004725
ファイル名/ファイル容量
VJ004725.zip / 465.93MB (488561254Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentimIII 500MHz以上
メモリ
64MB / 128MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「巫女は狂宴の中に」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

拷問(2) 巫女(2)

巫女は狂宴の中に

2014年08月28日  

このレビューは参考になった×0人

本作はもともとたっちーブランドで発売されていたものです。

序盤はある島を訪れた主人公が島の巫女さんたちと仲良くなる普通の恋愛物っぽいのですが、中盤からは一転、ブランドカラーどおりのハードな展開になります。
リョナ、拷問的要素が強いので、そういう方向が好きな人にはいいでしょう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

万人向けではない作品

2014年02月22日   投稿数 : 10位

このレビューは参考になった×0人

作品自体はけっこう前に発売されていますので、少々古く感じる部分がありますが、それ以上に内容が特化している作品です。
序盤はなかなか憎めない主人公とそれを取り巻くヒロイン達がとても良い雰囲気だったのですが、中盤(本来の作品内容としては序盤?)から一気に純愛とは正反対の内容に変わります。
そのため万人向けはしませんが、中途半端の妥協もなく特化しているので、この種類のジャンルが好きな方には非常におすすめな作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]