美少女ゲーム > EX12 > 魔世中ハ我ノ物

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 EX12フォローする
販売日 2010年06月25日
シナリオ チャック雅 / まこっちゃ
イラスト 神崎直哉
音楽 赤犬D
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■ストーリー
主人公である『緒方星四郎(おがた せいしろう)』は莫大な資産を抱える資産家。
両親はすでに他界し、これといった親戚もおらず、遺産はすべて受け継いでいる。

星四郎の表向きの仕事は『霊ヶ岳学院(たまがおかがくいん)』の保健医。
だが両親の死後、裏家業である軍事兵器の研究開発・密売を受け継いでおり、現在二足のワラジを履いている。

幼少時より頭脳明晰・容姿端麗・運動神経抜群で、周りと摩擦を起こすこともなく生きてきたが、
星四郎はその裏で常に満たされない思いを抱えていた。
世の中がつまらなくて仕方なかったのだ。自分が支配する世の中ならもっと面白くできるのに────。

そしてある日、ちょっとした好奇心から、古い書物に書かれていた悪魔を召還する儀式を行う。

偶然にも悪魔は星四郎の前に姿を現した。だが見様見真似のため悪魔は結界から飛び出し、
星四郎の身体を乗っ取ろうとする。ところが、星四郎は悪魔よりもはるかに黒い魂の持ち主だった。
逆に悪魔を乗っ取り、完全に自分に取り込んで悪魔の力を自分のものとしてしまう。

ここにいたって星四郎の満たされぬ欲求は爆発した。手に入れた悪魔の力を精一杯活用し、
世界を支配しようと考えたのだ。

その力を使って着実に邪悪な計画を実行に移してゆく星四郎。

だが、その超常的な力を察知して動き始めた集団があった。
日本政府直属の非公式な部署───『内閣特別対策室』────。
超常現象等の事件において、実被害が無視できない状況下にある場合に動く、特別編成された部署である。
その構成員のほとんどは特殊な力を持つ人間で構成されている。

特別対策室の存在を知り、その動きに気づいた星四郎は、その構成員を手に入れたいと考えた。

そして星四郎は、新たなる邪悪な計画を練り始めた─────。

■登場キャラクター
●主人公:緒方星四郎(おがた せいしろう)
職業:霊ヶ岳学院(たまがおかがくいん)保健医
特技:悪魔使い
見た目は普通の人間で、むしろ優しげ。普段は霊ヶ岳学院学園の保健医だが、
実態は莫大な資産を持つ資産家。裏では軍事兵器の密売にも関わっている。
退屈な日常に終止符を打ちたいと考えている。

●城ノ内葉子(じょうのうち ようこ)
職業:内閣直属特殊事態特別対策室所属の所員で、A班班長
趣味:特になし、あえて言えば武器類の手入れ
特技:射撃
好きなもの:キムチ
嫌いなもの:テロリスト

通称『特対室』A班のリーダー。主に物理的な障害の排除等を担当。
とにかく真面目で実直、口数も少ない。聡美ほど電脳機器に通じて
いるわけではないが頭もよく、頭脳労働も肉体労働もこなす。仲間
の信頼も厚い。元陸自で、階級はニ曹。

●榎本クリス(えのもと くりす)
職業:霊ヶ岳学院二年で、特対室A班所属
所属部:特になし
趣味:特になし
特技:あえて言うなら超能力
好きなもの:漫画(読むこと)
嫌いなもの:いじめ

『特対室』A班のメンバー。純粋なアメリカ人だが、幼少時に再婚した母親の連れ子であり、
現在の父親は日本人。ただし、数年前に両親とも事故で他界している。
小さい頃から日本に住んでいたため、英語は苦手。
生まれつきの超能力者であり、その見た目からも常にいじめられる立場にあったため、
ほとんどの人間に対して心を閉ざしている。無口で鋭い
印象があるが、実際には常に裏切りに怯える脆弱さを持っている。ESP能力よりも、
サイコキネシス等の物理的な影響を及ぼす力が強い。雷撃で相手の戦闘力を下げる「バロールの邪眼」を持つ。
目の色はアイスブルー。

●各務純(かがみ じゅん)
職業:大和川学院三年、巫女を務め、特対室A班所属の所員でもある
所属部:弓道部
趣味:料理
特技:おいしいお茶を入れること
好きなもの:日本茶
嫌いなもの:不潔なもの

『特対室』A班のメンバーで、少し離れた大和川学院に通っている。
普段は神社で巫女としての務めを果たしている。舜とは仲の良い姉妹。
少々天然なところもあるが、物静かで優しげな印象とは裏腹に芯が強く、頑固。
対策室では主に心霊現象等を担当し、妹と行動を共にすることが多い。強力な神通力を持つ。

●各務舜(かがみ しゅん)
職業:大和川学院二年、特対室A班所属
所属部:陸上部
趣味:昼寝
特技:紙細工
好きなもの:姉の入れたお茶
嫌いなもの:鱗のある生き物(魚類・爬虫類など)

姉の純と同じく『特対室』A班のメンバー。神社の生まれだが巫女は継がず、
知り合いの陰陽師のところに弟子として転がり込み、修行を積んだ結果、
師をはるかに越える力を身に付けた。形式的で、実際に物理的影響を引き起こすことができない師と違い、
式神を呼ぶこともできる。少々あまのじゃくなところがあり、皮肉めいた口調が口癖。
態度にはあまり出さないが、姉のことは両親以上に大事に思っている(別に変な意味で)。

●大河内聡美(おおこうち さとみ)
職業:特対室A班所属
所属部:特になし
趣味:携帯のストラップ収集
特技:ブラインドタッチ
好きなもの:ミルク(ようは牛乳。一日一杯必ず飲んでいる)
嫌いなもの:タバコ

『特対室』A班所属で、主に情報収集・分析とコンピューター管理を担当している。オペレーター的存在。
メンバーの中ではもっとも頭が良いが、どちらかというとウィズダム(賢明)よりは
インテリジェンス(知識)の意味合いが濃い。明るく元気で、綾と共にチームのムードメーカー。

●白木沢綾(しらきざわ あや)
職業:高山学園(学年はヤバそうだからナシ:笑)、特対室A班所属
所属部:特になし
趣味:お菓子作り
特技:スポーツ・運動全般
好きなもの:兄のような存在感のある男性(ようは兄属性:笑)
嫌いなもの:虫全般、特にゴキブリ・蜘蛛

『対策室』A班のメンバーで、西洋魔術を操る。魔術的見地からの検証を行う必要のある事例は少ないので、
主にメンバーのサポートが任務。かつて大陸から渡ってきた魔術師が残したといわれる魔導書と
杖を代々受け継ぐ家に生まれ、現在は綾が受け継いでいる。綾の両親を含めほとんどの先祖は
魔導を形式的なものとし、信じていなかったが、綾は類まれなる才能と努力で物理的な現象を
引き起こせるほどに解明、行使が可能。だが内面はまだまだ子供で、チームのマスコット的存在。
とても良い子である。兄弟がおらず、兄のような存在に憧れている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004719
ファイル名/ファイル容量
VJ004719.zip / 473.48MB (496481410Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentimIII 500MHz以上
メモリ
32MB / 64MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7以上

魔世中ハ我ノ物の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「魔世中ハ我ノ物」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

おすすめ!往年の名作鬼畜ADV

2015年11月26日  

このレビューは参考になった×0人

古き良き鬼畜陵辱エロゲーの名作です。現在では珍しいくらいの容赦ない鬼畜さは陵辱というよりは完全に拷問レベルですね。攻略ヒロイン数も多く各ヒロインの個別孕ませボテ腹ENDまで完備、隠しヒロインまでいるとサービス精神満載です。CG、シナリオともに高品質な良作ですし、ハードな陵辱を愛する方には是非お薦めしたい名作です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ストーリーより調教

2015年01月27日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :


 根本的なストーリー、設定はあるのですが、所謂燃える展開は皆無で、あくまで調教を補完するストーリでしかないので、陵辱ものにもストーリー性を求める方は要注意。
 基本的に一本道とそれ程変わりなく、女の子に負ける展開(敗北BADEND)もないので、勝つか負けるかと言う戦いを制した上で女の子を陵辱したい見たいと言う方も。
 逆に、それ程難易度が高くないので、兎に角調教シーンを見たいと言うのならお勧めです。

 エッチシーンは所謂、快楽系と言うよりSMと言うかリョナと言うか。まさしく鬼畜丸出しですね。悪魔の力があるからか普通なら死ぬだろうと言う事も平気でしますし、放置して……なんて展開も。

 個人的に毒っ気のないプラトニック嗜好っぽいの女の子が悪堕ちして正反対な雰囲気になったのが痛い反面、ツボでした。
 ヒロイン達はそれぞれ個性的なのできっと一人はお気に入りの女の子を見つけられると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

容赦のない凌辱調教ゲーです

2013年02月03日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

金も権力も強力な超常能力も持つ主人公が、正義のヒロインを凌辱調教するお話です。

とにかく主人公のやることに容赦や慈悲がありません。ヒロインを屈服させる”エロゲ”であるにもかかわらず、遠慮なく拷問にかけ、あるいは精神的に崩壊させます。実際に選択次第でヒロインは自我を崩壊させてしまいます。

とはいえ、そこまでグロテスクかというとそうでもありません。流血描写はありますが、四肢が吹き飛んだり内蔵が見えたりすることもなく、普通の凌辱エロゲよりも多少きつい描写があるかなといった程度です。焼印を捺すシーンもありますが、捺さないような選択肢も存在します。

悪堕ちも魅力の一つでしょう。ヒロイン達全員に、悪堕ちエンドが存在します。いずれも衣装の色が変わったのみなどということはなく、きちんと変更されていますし、悪堕ち後にやっていることもぬるいものではありません。

ちょっときつめの凌辱や悪堕ちがお好きであれば、手にとってみてはいかがでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!鬼畜の真髄です。

2012年08月17日   投稿数 : 10位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

まず悪魔にも勝ってしまう、真っ黒過ぎる主人公がプレイしていてかなり良かったです。
主人公の周りにいる女性を悪魔の力を使って無理矢理陵辱して堕としていく内容になっています。
ただ、その堕としていく内容が半端ないぐらい鬼畜な内容になっています。選択次第では死にます。
ただ、堕ちとこまで堕ちてしまえば結構従順のなるので以外と可愛いと思ってしまいました。
ですが、かなり鬼畜な内容のゲームですので免疫のないかたは買ってはいけませんよ。
逆に中古でもプレミアがついて高価になっているので、鬼畜なゲームが好きな方には内容、価格的にも大変おすすめです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!この世は所詮弱肉強食

2010年08月17日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

「もしも某有名マンガの名悪役が主人公になったら?」このゲームを端的に
説明するとこうなります。一言で申せば「悪の華」!もう凄いですねこのゲーム(笑)
(誰を指しているかはタイトルでお察し下さいw)

 主人公の「悪の華」ぶりが凄まじく、そういった点を吹き飛ばしてくれます!
陵辱目的や自己が動く理由が「そのほうが面白そうだから」という理由。
また、この作品にはヒロインを墜とす「悪墜ち」ゲーの側面もございます。その手法が
ある種「力技」なのですが「己の力が余りにも圧倒的過ぎて力技を感じさせない」
というのも大きな魅力。ピカレスクロマンとしてはある種最高ですね。

 後、前半部分が純愛パートなのですがこの部分の出来も結構良いです。女の子のリアク
ションが可愛いとか甘酸っぱかったり、サッパリとしてたりする物語で前半のみの純愛譚
でも良かった気が(笑)

 難点はシステム周りがやや簡素なこと。また、注意点として陵辱パートはとにかく
半端ではありません。ある意味「リアル」なのでそれ相応の「覚悟」をして下さい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!無題

2010年07月22日   投稿数 : 5位

このレビューは参考になった×1人

悪魔の力を手に入れた主人公が世界征服を狙うお話。
なんですけど、ストーリーがすっっごく面白いです。
もちろん、陵辱物としてHシーンもエロくてすっごいいいです。

表の顔である人当たりのいい保険医だけでも、陵辱物としては十分なのですが
裏の顔である悪魔使いや、死の商人といった顔も絡めてくるので素晴らしい!!
力でゴリ押しするのではなく、策略も練るのがいい感じ。

ただ、陵辱シーンはけっこうキツめなので
女性がヒドイ目にあうようなものは駄目、という方はキツいかも。
陵辱大好きという方には大変オススメ!!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]