>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■□■ストーリー■□■
ウェルガリア王国の辺境で、蛮族が勢力を強める中、ロックラ王は蛮族鎮圧のため、自ら軍を率いて出陣する。
民衆の声援を浴びながら旅立つ王の背中を、王子は乾いた笑いを浮かべて見送る。
そして王子は夢想し欲情した。

宝満な肉体を持つ母、ラムリッサと、しなやかな体と若さを持て余している姉、エルラーナの肉体を。
王子は、男としての自分を意識したときから、この二人の肉体を独占する事を欲していたのだ。
そして時は来た。いまだ聞き分けのいい息子、可愛らしい弟と思っている
二人の母娘を我が物にするため、王子は宮廷の影に身を潜めた。

エルラーナは、剣術の稽古が済んだ後、物陰で婚約者の名を呟きながら、若い股間をまさぐっている。
ラムリッサは、絶倫の夫の不在に火照った肉体を、慣れた手付きで慰めている。
王子は、母と姉の乱れる姿を見て、欲情を抑えながら、二人を我が物とする
繊細一遇の好機と確信し、欲望の暴走を企てている……。

■□■登場キャラクター■□■
●エルラーナ・ウェルガリア
B90 W55 H81
ウェルガリア王国の王女。
凛とした態度、美しく整った顔立ち、母親ゆずりの豊満な肢体を持つ。
大貴族の息子の美青年と婚約しており、エルラーナは容姿端麗な婚約者に恋心を抱いている。

バージンではあるが、溢れ出る欲求を持て余している。
男には厳しく、主人公に対しても厳しい態度で接するが厳しさに徹しきれず、
厳しい態度をとった後はついつい言う事を聞いてしまい甘えさせてしまう。

「わたくし達は家族ということでしょう!」

●ラムリッサ・ウェルガリア
B95 W58 H83
ウェルガリア王国の王妃。
愛情深い性格で、慈母のように国民から慕われている。
慈母のように優しく温かみのある美貌を持ち、子供を生んだとは思えぬほど若々しく豊満な肢体である。
ロックラ王との夜の営みは激しく、ラムリッサの身体はかなり開発されている。
子供達を溺愛し、特に末子の主人公は甘く育てられている。

「坊やの方が悪いのです。だから今日はかわりにわたくしが坊やを苛めましょう」

●ガリアス・ウェルガリア
ウェルガリア王国の王子。王位継承権第一位。
背丈は母のラムリッサの胸くらい。可愛らしい顔立ち。
物心付くころから美しい母と姉に家族以上の愛情を感じていたが、次第にそれは歪んだ欲望へと変っていく。
姉や、母よりも体力はないものの、そこいらの大人よりはよほど知識がある。
父ゆずりの旺盛な性欲のため、当然男女の知識も。
母と姉以外の女性は路傍の石程度にしか思っていない。

見た目は幼く、可愛らしいといっていいような容姿だが、内心は大人顔負けの淫らな欲望が渦巻いている。
淫らな欲望を可愛らしい容姿に隠して母や姉に甘える。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004705
ファイル名/ファイル容量
VJ004705.zip / 642.19MB (673387012Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 1.3GHz 以上
メモリ
512MB / 1024MB以上
HDD
1GB以上
VIDEO
VRAM 8MB以上 (Vistaの場合32MB以上)
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 9以降
ソフ倫受理番号
受理番号0003719D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003719D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「秘姫妃−愛 ~嵌める母娘の気持ち良さ~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

おすすめ!ミーもしたい事

2015年07月09日  ミロクの世 さん

このレビューは参考になった×0人

極悪ショタなガリアスが、ママとお姉ちゃんを調教してしまう快作です。清々しく変にドロドロしたところがないので多くの人に勧められます。ミーは、エルラーナもよいが、ラムリッサの方が魅力的です。王妃さま調教ネタは、明らかに王女さまより少ない。私情ですが、エルラーナとラムリッサが、より肉付きが良くムチムチした熟れた体型だとさらに良い。高貴で貞淑な気品ある仕草と淫らに熟れた豊満な肉体・過剰な色香が融合して、はしたなく乱れると最高に美しい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!母と姉を堕とす

2015年01月11日  フー さん

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

主人公である王子の少年が実の家族である母(王妃)と姉(王女)を手に入れる物語。
近親相姦ではありますが、ヒロインは二人とも体を持て余しており、そこを突かれて結構簡単に堕ちる展開。
そのため背徳感はあまり感じません。しかし、Hシーンは数と尺、さらには内容と全て申し分なし。
イラストを気に入られたのなら、それだけで購入しても良いと思います。

なおエンディングは母・姉・ハーレムと三種類ありますが、選択肢が分かりにくいので、そこは繰り返し作業になり、少し苦労するかと思われます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

王妃と王女の華やかさがいい

2013年05月16日  ki2 さん 投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

本作のウリは、王妃と王女の華やかな容姿。
姫と言いつつ道端の野花のような作品が多い中、咲き誇る大輪の花といった風情は実によろしい。

たいして、シナリオやキャラクター付けはあっさり気味。
二人とも即堕でタブー感はあまりない。
もうちょっと葛藤などがあったほうがよかったかな。

シーン数は19個。各シーンの尺の長さも十分で、値段分のボリュームはちゃんとある。
姫モノが好きで、ヒロインのCGが気に入ったら、買って損は無いと思う。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]