美少女ゲーム > ローズクラウン > ぼくらの孕孕スクールライフ ~クラス全員中出し完了~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

▼ストーリー
時代は遠くもなく近くも無い近未来。
日本の少子化は、更に加速をましてとどまる所を知らない。
事態を重く見た政府は、社会の管理化を徹底。
それから、暫くのときが流れる。
社会は管理される事が当然となり、人々は何の抵抗もなく受け入れるようになっていた。

少子化対策として、政府は子供達を一定の年齢に達した時点で、特別な施設に集めて教育を施す。
それは、事故や病気などでの現象の歯止めの為と、効率的に人口を増やしていく為の二重の意味を持っていた。
だがその政策が、自然の摂理を歪めた為か、人間の種としての本能を捻じ曲げてしまう。

極端に下がった男性比率。
狂った歯車はその歩みを止めることなく、とうとう男女比1:10という比率に達してしまう。

その上、更に政府を悩ませたのは、人間にも繁殖期とも言える時期が発生してしまったことだった。
既に人口が減り少子化が進んでいる中、更に人口増加に歯止めとなってしまう状況に、政府の管理は更に徹底されていく。

男性に女性を複数担当させて、全ての女性に妊娠出産を行わせること。

性的関心が減っている若い世代に、子作りの仕組みや方法まで全て教育する、国家の存亡をかけた一大プロジェクト。

もっとも、その施設に集められる子供達には、性への無関心こそが当たり前であるのだが……。


主人公・菅井慶次(すがい けいじ)は、思春期を迎えると
今まで感じたことの無い感覚(女友達にドキッとする、性器が固くなる等)を覚え不思議に思っていた。

そんなある日、我慢の限界に達した慶次は自身の体調の変化を担任の桜郁恵(さくら いくえ)に相談する。
そこで改めて知らされる現在の社会の情勢と、出産の義務化。

クラスに戻り、クラスメート(男女比率のため、慶次以外全員女性)に慶次の発情を伝える郁恵。
この日から、慶次のクラスの授業は『全員妊娠』を目指す特別カリキュラムに移行した。
さっそく実演として、郁恵とSEXの実践をさせられる慶次。

そして、その後は、他のクラスメートとも。

こうして、全てのヒロイン達の破瓜を経て主人公・菅井慶次とヒロイン達の子作りの日々が始まる。

▼登場キャラクター
●瑞樹雛(みずき ひな)
優しくて思いやりあるヒロイン。
主人公ともっとも親しく、世話焼きの幼馴染タイプ。
常に主人公の面倒を見ていて、じつは結構嫉妬深い

●時雨果歩(しぐれ かほ)
明朗快活で、元気。
気が強く姉御肌だが、意外な乙女な所もある。
主人公のことを気に入っているのに、つい強く出てしまう。

●葉月麗(はづき うらら)
ロリっ子担当。人懐っこく無邪気。
少し気が弱くて泣き虫なところもある。
引っ込み思案で赤面症気味。
主人公の事は、お兄ちゃん的扱い。

●信沢 麻美(のぶさわ あさみ)
ゆったりとした口調と、独特の間を持つおっとり担当。
のんびり屋さんで、あわてる事は無い。
口調は遅くとも頭の回転は速く、更にギャップが生まれていく。
憎まれないタイプのムードメーカー。

●夢路 みくり(ゆめじ みくり)
男っぽい性格のボーイッシュなボクっ子。意外と繊細。
もちろん性知識を持っていなかったが、それを知らされた後も、
主人公が嫌いなわけではないが(むしろ好き)行為を極端に恥ずかしがる。
しかし、非常に敏感で、キスだけで羞恥と快感で気を失うぐらい。

●香坂 冴子(こうさか さえこ)
めがねっ子。クラスの委員長。
憎まれ口をきくが、実は照れているだけ。
強い自分であろうとしての勘違いと、天性のどじっ子ぶりから周りの失笑を買う。
努力家で頑張りやだが、空回りする。

●菖蒲 萌花(あやめ もえか)
双子の姉。
控えめな性格でぼーっとしていて、なにを考えているかわからない。

●菖蒲 朋花(あやめ ともか)
双子に妹。
姉とは違い性格は至って活発で、運動全般が得意。

●桜 郁恵(さくら いくえ)
主人公のクラスの担任。
優しく温厚であり面倒見も良い。
自らも歩んだ道を生徒達にも進ませる手伝いをする。

●菅井慶次
本編の主人公。勉強も普通で、スポーツも平凡。
気は優しくて押しに弱い。
芯は通っているだが、この状況に戸惑いつつも義務として受け入れていく。
意外と執着心が無いかも?

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004650
ファイル名/ファイル容量
VJ004650.zip / 1.34GB (1439253932Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 800MHz 以上
メモリ
512MB / 1GB 以上 (Vistaの場合 1GB以上 / 2GB以上)
HDD
1.5GB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1b 以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003674D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003674D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ぼくらの孕孕スクールライフ ~クラス全員中出し完了~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!クラスの女子全員とエッチしまくります

2010年09月21日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

クラス全員の女の娘を孕ませるためにエッチしまくるAVGです。とにかく、朝、昼、晩とエッチ三昧なゲームです。

ストーリーとしては、男女比率の変化&少子化に対抗するために、割り当てられた女の娘全員を孕ませるというものです。とは言うものの、そもそも登場する女の娘&主人公には全く性に対する知識がなく、一から先生に教わっていく形となっています。そのため、最初は基本的なプレイしかありません。しかし、何度も繰り返すことで色々なプレイをするようになっていきます。エンディングは2種類で、全員を孕ませたエンディングとそれが出来なかったエンディングです。個人的には、どちらもハッピーエンドともバッドエンドともいえないようなエンディングだった、と思います。

ヒロインは8+1人です。Hシーンは「雛」、「果歩」、「麗」の3人が4シーンずつ、「郁恵」が1シーン、その他のヒロインが3シーンずつでした。また、この他にヒロイン同士の組み合わせにより3Pと5Pが存在します。1シーンの長さも長く、一回で終わることはほぼなかったです。

全体としては、エッチシーンを楽しむゲームです。難しい分岐もなく、手軽に遊べてボリュームのある作品だと思います。値段は高いですが、それに見合った実用性の高い作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]