美少女ゲーム > MOONSTONE > 妹 わたし、どんなことだって…

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 MOONSTONEフォローする
販売日 2010年05月21日
シナリオ 神堂劾
イラスト 鷹乃みすづ / 村瀬かすみ /
声優 日向裕羅 / 長崎みなみ / 北都南
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

昼は温厚で優しい好青年だが、夜になると不可解な性的衝動に駆られ、
義妹・涼音を犯す、凌辱者になってしまう主人公・氷室健一。
涼音は、主人公が元に戻ることを願って、健気にも主人公から強いられる
恥辱行為を受け入れるが、その行為は徐々にエスカレートする。

主人公は主人公で、夜の狂気の自分を知っており、また恋人・福永みどりの存在もあって、酷く思い悩む。
主人公の不可解な発作には、自殺してしまった父親や、近所に住んでいた
奇妙な発言をしていたお姉さんの存在が大きく関わっているようだが……。

まるで解離性同一性障害(=二重人格)を描いたサイコミステリー小説「ジキル博士とハイド氏」のエロゲー版。
はたして、物語の結末には何が待っているのか……!?

■□■ストーリー■□■
氷室健一(主人公)は、両親は既に亡くなっており、義妹の涼音と二人で暮らし、互いに最も大事な存在だった。
ある夜、健一は異常な性的衝動に駆られ、涼音を犯し、処女を奪ってしまう。
翌朝、正気を取り戻した健一は、昨夜の涼音への乱暴は夢であって欲しかったが、そのレ○プの痕跡ははっきりと残っていた。
健一にとって、悔やんでも悔やみきれない痛恨事だった。

当然、涼音との仲はギクシャクしたものになった。
涼音は、兄が何らかの病気になったのだと思い込もうとしたが、健一の不可解な発作は夜毎に起こり、その度に犯され……。

■□■登場キャラクター■□■
●氷室涼音
主人公の妹。物静かで、やや内向的なタイプ。小さい頃は良く、兄の背中に隠れていた。
主人公の事が大好きだが、夜の淫辱を境に二人の関係は一変してしまう。
主人公は病気ではないかと考え、その後に続く淫辱にも、いつか元に戻ってくれるはずと、健気に耐え続ける。
主人公とみどりが付き合っている事は知っており、その事を寂しく思ってもいる。
家の喫茶店でバイトをしており、その制服姿が可愛らしいと近所でも評判。

「もう……もう、許して……おにいちゃん……。」

●福永みどり
主人公の幼馴染であり、恋人。バレー部所属にしてエース。
とても元気が良く気持ちの良い人物で、仲間からの信頼も厚い。
男女問わずに人気があるタイプ。割と甘えんぼで主人公にだけは良く甘えてくる。
しかし最近は部活の方が忙しく、余り遊べないため、内心では寂しく思っている。
しかも主人公の態度が微妙によそよそしくなってきたりして、次第にその事を気に病んでいく。

「い、嫌じゃないんだけど……恥ずかしくって……その……んんっ。」

●野々原未鈴
明るく元気な女の子。
みどりや主人公の事を非常に慕っており、二人はお似合いであると考えている。
思わず二人の将来設計の事まで妄想してしまったり。
なので、二人の仲を壊そうとするものに対しては、強い敵対心を抱く。いわば恋に恋している。
また涼音とも仲が良くて、たまに家に遊びに来たりもする。
喫茶店の常連である。病院の院長の娘。そのせいなのか、幽霊などのオカルトなネタが好きで、
病院で幽霊を見た事がある、といつも言っている。……そんな彼女も、夜の主人公の毒牙にかかって……。

「そ、その……あ、あたし……初めてで……だから……。」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004644
ファイル名/ファイル容量
VJ004644.zip / 683.61MB (716818073Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumIII 500MHz 以上
メモリ
64MB / 128MB以上
HDD
1.2GB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 8.0以降
ソフ倫受理番号
受理番号0003420D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003420D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「妹 わたし、どんなことだって…」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

ピックアップ

調教と陵辱、そして純愛も

2010年06月02日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×6人

突如現れた別人格によって義妹、幼馴染み、後輩を犯してしまうAVGです。基本的には義妹が中心となっています。

ストーリーは、ある日突然、主人公に別人格が目覚めた所から始まります。この人格は、とても自己中心的な性格で、義妹である「涼音」を自分のしたいように犯していきます。主人公は意識があるのに体が言うことを聞かない状態で、「涼音」を汚してしまったことに後悔しつつ、この状態にすごい恐怖を持って日々の生活を送っていきます。
その後、幼馴染み兼恋人の「みどり」や自分を信頼している後輩の「未鈴」を巻き込んで、物語りはさらに加速していきます。物語は、過去に起こったある「事件」を中心に展開していき、その真実にたどり着けるかどうかが、物語のキーの一つとなっています。
また、選択肢は多めとなっていて、エンディングもハッピーエンドとバッドエンドを含めて多彩です。

CGは、「涼音」がダントツで一番多く、「みどり」と「未鈴」はその半分程度ずつという感じです。「涼音」のCGは、調教的な内容のものが多いのが特徴です。「みどり」と「未鈴」は純愛系と陵辱系が混在していました。

全体として、コンプリート難易度がかなり高い作品だと思います。エンディングの数が多く、バッドエンドにもCGがあるケースが多いので、腰をすえてじっくり気長にプレイする人にオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]