美少女ゲーム > LOST SCRIPT > 蠅声の王

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2010年05月28日
シナリオ 大槻涼樹
イラスト Vanilla
音楽 たくまる
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / デジタライズド・ゲームブック
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■□■ストーリー■□■

OPS(超常現象事務局)の新米ハンター、
アインは師であるリゼイルと共に吸血鬼がいると目されるとある廃村へ潜入した。

そこはかつて、吸血鬼のコロニーとして機能していたとされるコード593、南米地区第三無名都市。
巨大な軌道エレベータの基底部が遺された、赤道直下の忘れ去られた村。

そこでアインは一人の男と出遇う。

寸尺の45口径銃 “悪機(あくき)" 、
そして日本刀 “八咫(やあた)" を持ち吸血鬼を狩る、
農林水産省消費・安全局衛生管理課 特殊防疫対策班、通称“スプークハウス"の眠れぬハンター。エス。

果たして、君は彼らの往く手を導き、吸血鬼を討ち滅ぼすことができるのか。

ダイスを振り、パラグラフ(選択肢)を縦横に移動して読み進むLOSTSCRIPT、
デジタライズド・ゲームブック第一弾。

蠅声[さばえ]の王。

──ヒトは誰かの血ではなく、ひとすくいの水で存えるというのに。

1.吸血鬼に噛まれたのが童貞、または処女である場合。

対象者は“吸血鬼の意志に関わらず"後天性の吸血鬼となる。自由意志を持ち、奴隷ではない。
但しその能力は殆どが遺伝せず、また遺伝しても継代毎で急速に劣化する。

1.吸血鬼に噛まれた非童貞、非処女は通常、喰屍鬼[グール]となる。

彼等は己の“父"筋から時折その“玉雫・玉紅"を下賜[かし]されることで存在を繋ぐ、
隷属的存在である。

つまり喰屍鬼にとって主の血は重要なエネルギー及び麻薬的液体であり、
彼らは心理的に主に逆らうことができない。

さばえ:蠅声・狭蠅・五月蝿

○古代文献における悪神の表現
○火山活動等の自然現象を神話的に比喩したものという説も
○陰暦五月ころの群がり騒ぐハエ。俳諧六月の季語
○本来は蜂の羽音を指す語とも

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004639
ファイル名/ファイル容量
VJ004639.zip / 956.51MB
CPU
PentiumIII 500MHz以上
メモリ
128MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.0a以上
その他
ホイールマウス必須
ソフ倫受理番号
受理番号0003670D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003670D)

蠅声の王の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「蠅声の王」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!懐かしいと思うか新しいと思うか今もやっているのか

2012年03月31日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

吸血鬼という存在が物語の題材として扱われるようになってから多く紡がれた、吸血鬼ハンターの物語の一つ。
発売された頃に話題になりましたが、この作品最大の売りにして特徴はそのゲームとしての形式。
ゲームブック、その形に徹底的にこだわっているのがこの作品です。
選択肢の結果やダイス等のランダム要素の結果によって支持されたパラグラフへと読み進めるのが当然の基本形。
しかし、それはあくまでも「ルール」です。プレイヤーが無視しようと思えばいくらでもできるもの。
故に、この作品はあらゆるフラグ管理がプレイヤーに一任されています。
普通にプレイしてもいいし、HPや所持アイテムの増減、ダイスの出目さえ無視して好きなように読み進めてもいい。
どのタイミングでも自由に他のパラグラフへ飛ぶこともできますから、どこからどう読むかも自由です。
もっとも、いきなり適当なパラグラフに飛んだら話の繋がりが見えずに訳が分かりませんが。
私はあまりゲームブックの経験がありませんでしたが、それ故に新鮮で楽しくプレイすることができました。
ゲームブックプレイヤーにはニヤリとできるパラグラフとして、14も用意されています。
また、シナリオ自体も面白く、キャラクターもそれぞれに魅力的。
それぞれが自分に定めた決意や新年の下に行動していく様は、やはりかっこいい。
全体に漂う退廃的な雰囲気と耽美さは、吸血鬼という題材そのものが持つ要素でありましょうか。
吸血鬼に関する物語が好きな方、ゲームブックプレイヤーや経験はないが興味があるという方におすすめ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]