美少女ゲーム > Milky > 魔法少女アイ 【Vol.3】 魔法少女覚醒

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 Milkyフォローする
販売日 2010年05月21日
シナリオ 村上恒一
イラスト 聖月(キャラデザ)
声優 阿谷ほのか / 梅干丸夢千代 / 乃鳩架菜 / 白井綾乃 / 笠原准 / 鈴美巴 / 宮脇正道
その他 敷島博英(演出)
年齢指定
作品形式
動画 / WMV形式アダルトアニメーション
その他
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for Movie」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

激しい悪霊との戦いの後、アイは姿を消し再び何事もなかったかのように秋俊の日常は流れていた。
しかし秋俊の心にはアイとの出会いが大きくその想いは日々募っていった。

そんな中、再び悪霊が牙を剥き出し学園を襲った。
一人目の犠牲者は、結亜の同級生である聡恵だった。
行方不明となった聡恵を心配する結亜の気をよそにアイへの想いに耽る秋俊。
そんなとき、結亜までもが何者かに攫われた。
必至で結亜を探す秋俊はふとした事から一連の事件と悪霊の正体を知った。

その驚くべき正体とは……アイは再び現れるのか!?……うねりを上げた無数の触手が学園を襲う!!

大人気18禁PC「魔法少女アイ」アニメシリーズ第三弾が、パワーアップしていよいよ登場!

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004626
ファイル名/ファイル容量
VJ004626.zip / 359.23MB (376681114Byte)
CPU
PentiumII 333MHz 以上
メモリ
128MB
必要解像度
800*600 ハイカラー
その他
Windows Media Player Ver9以降 / 収録時間:30分

魔法少女アイ 【Vol.3】 魔法少女覚醒の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「魔法少女アイ 【Vol.3】 魔法少女覚醒」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!突貫ファックが最高レベル!

2010年09月17日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

今や触手をメインとした魔法少女シリーズで知らない人はいないのではないでしょうか?
触手で魔法少女といえばアイちゃんですよね?

三作目となるこの作品はゆあの壮絶な処女喪失シーンの後、メインであるアイちゃんが機械触手で体内を蹂躙されます。
胎内や内臓を金属質の触手で引っ掻き回されるのを想像するとたまりませんねw

そして極めつけは大腸から小腸、胃を貫いて口から出てくる突貫ファック!!
あの太さの触手で体内を貫くのなら腹部はもっとボコボコに拡張させて欲しかったのと、口から触手が出てくる瞬間と、触手を一気に引き抜くシーンをもっと描いてほしかったというのが悔やまれますが、個人的にはもう十分満点クラスなので、アイちゃんはこれからも永遠に私のおかずですw

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]