美少女ゲーム > catwalk/catwalkNERO > デミウルゴスの娘 俺だけの巫女姫

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

◆ストーリー
交通事故により意識不明となった半年後──夢枕に巫女が立った。
「これを預かって下さい」──彼女が俺に手渡したのは、白木の鞘に入った懐刀。
「この懐刀が失われると、この国に大いなる災いがもたらされます」その言葉を残して、巫女は消えた。
翌朝、奇跡的に目を覚ました俺の手に、しっかりと握られた懐刀。退院後──家に帰った俺の前に、
ふわふわと漂う巫女さんがあらわれた。
彼女の名は、玉依姫(たまよりひめ)──記憶を無くした正体不明の存在。
しかも、彼女は、俺だけに見え、俺だけが触れられる巫女さんだった!!
時夫同じくして、俺の周囲に不気味な者たちの影が見え隠れし始める俺の命を狙う謎の修道女と黒服の男たち。
生命の危機に、俺は玉依姫の懐刀で他人の心を“斬る”力を得てしまった!
果たして、俺が得たデミウルゴスの力とは?
その力で、俺は、家族や大切な人の命を守る事が出来るのだろうか!?

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004600
ファイル名/ファイル容量
VJ004600.zip / 725.25MB (760480530Byte)
CPU
PentiumIII 1GHz以上
メモリ
256MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX5以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003625D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003625D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「デミウルゴスの娘 俺だけの巫女姫」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!無題

2010年06月14日   投稿数 : 5位

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

ポリフォニカの原画の人が原画をやってるエロゲー。
ポリフォニカが好きな私としましては
「DLで発売しないかなぁ」と常々思ってたのですが
ついに発売ですよ!!

Hシーンは無理矢理が多いかな?
陵辱と呼べるほどキツくはないですけど。

あと、Hシーンの数こそ少ないですけど、一回のシーンが比較的長めですので
まぁ、H目的で購入しても損はないかと。

ストーリーもなかなか面白く、伝奇物が好きな人にはオススメだと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]