美少女ゲーム > StrikeS > 女教師たちの狂宴 ~ハーレムモード~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 StrikeSフォローする
販売日 2010年04月30日
シナリオ 天城悠理
イラスト 高橋レコード
声優 青山華 / ヒマリ / 渋谷ひめ
音楽 オフィス山根22
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

「爆乳保健女教師」「軟体プリマ女教師」「桃尻体育女教師」それぞれの
キャラクターが総出演の、エクストラショートハーレムストーリー。
単体ソフトにはなかった多人数プレイがメインで、それぞれのソフトの後日談的な内容。

■□■ストーリー■□■
首尾よく3人の美しい女教師を隷属させた主人公「秀一」。
今日も授業が終われば、退廃的な快楽の宴が待っている。
もはや、廊下で目を合わせるだけで、何をするのか理解できるほどになった
可愛い牝犬女教師たちを引き連れて、悠々と保健室に向かう。
カーテンを閉め、鍵をかける音が、肉欲のるつぼを開く合図となる。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004586
ファイル名/ファイル容量
VJ004586.zip / 79.48MB (83346025Byte)
CPU
Pentium4 1.3GHz 以上 / Pentium4 2GHz 以上
メモリ
512MB 以上 / 1024MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c 以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003614D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003614D)

女教師たちの狂宴 ~ハーレムモード~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「女教師たちの狂宴 ~ハーレムモード~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

年上(2) 保健医(2) 女教師(2)

おすすめ!値段に惹かれて買って正解ですよ

2013年07月23日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

魅力は何といっても安さですね。落とす過程は無いですが、エロ描写オンリーで、実用性にはとても優れています。
安いけど不安という人は問題無く買って良いですよ。落とす過程やストーリーが必要と言う方は、やはり本編を買っておまけとして買う方が良いかと。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!堕ちた教師と

2010年07月28日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

私自身はここに至るまでの3作品じつは購入しないで、値段に引かれて買ったのですが、すでに攻略キャラが堕ちきっているので、色々話はすっ飛んでますけど、別にそこまで気になる程ではありませんでした
内容は充実していましたし、音声付きでこのボリュームでしたら、全然お買い得だと思います
年上が好きだったり、何より奴隷によるハーレムが好きなら迷わず買いで問題ありませんよ

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]