({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

■■■ストーリー■■■
中南米の地方都市、エル・ガダ。
ここでは年に一度、秘密裏に行われているイベントがある。
犯罪組織『ウロボロス』が主催する地下格闘トーナメントだ。
このトーナメントでは、選手の勝ち負けがギャンブルの対象になっており、
一日に数十億の金が動くと言われている。
国際麻薬取締機構(IDEO)の優秀な捜査官(エージェント)である
王 麗華(わん りーふぁ)はこのトーナメントを主催している『ウロボロス』の幹部
イフリート(主人公※名前変更可)を検挙する証拠を入手するため、
参加選手の一人として潜入捜査をしていた。
しかし、イフリートは麗華を罠にかけて拘束し、その身体を思うままに凌辱する!
果たして、麗華の運命は?
謎の組織『ウロボロス』とはいったい?!

■■■登場キャラクター■■■
●王 麗華(わん りーふぁ)
国際麻薬取締機構の捜査官。正義感が強く、やや高慢な性格。
科学者だった父親が犯罪組織に加担してしまった過去を持つ為、悪人には容赦しない。
クンフーによって鍛えられた身体ひとつで、どんな任務にも望むことができるため、
上層部の信頼も厚いものの、いつもやりすぎてしまうので、
部内では『始末書の麗華』と呼ばれている。

●カーリィ(かーりぃ)
インドで発祥した伝説の格闘技術カラリパヤットの使い手。
身に付けた格闘技以外の記憶を全て失って放浪しているところを、組織にスカウトされ今に至る。
主人公を監視する役目をもった、無感動無表情な娘。
実は、先天的にふたなり体質。

●秋月 はるか(あきつき はるか)
猪突猛進。思い立ったら吉日タイプ。
体育会系っぽく細かい事にこだわらないさっぱりしたところも。
テレビで中継された麗華の活躍に憧れて、地下闘技場までやってきた行動力のありすぎる女の子。

●イフリート(いふりーと)
詳しい生まれや本名は不明。
スペインの牛追い祭りの最中に、素手で雄牛の角を叩き折って殺したところを悪の組織
『ウロボロス』にスカウトされる。
フランスでの諜略活動中に、記憶を失っていたカーリィを保護。
彼女の容姿や体術の美しさに惚れ込み、自分の傍に置いている。
組織の世界征服には全く興味が無く、本人の目的はあくまで美しいものの収集で、
そのためなら他人を傷付けることも厭わない。
強さと美しさを結びつけた独特の感性を持ち、どんな相手でも本人が醜悪と感じた者や
無様な人間に対する容赦は無い。
しかしながら、敗北した者でも本人の審美眼に適った相手は厚遇する事がある。

作品情報/動作環境

ファイル容量
1.5GB
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / Pentium4 1.2GHz以上
メモリ
128MB / 512MB
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0a以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0003486D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「美脚エージェント・麗華「くやしい! こんな卑怯なヤツに負けるなんて……」」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

格闘家が堕ちていく姿がいい

2014年05月07日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

トーナメントの勝利と敗北それぞれにイベントシーンが用意されており、フィニッシュ時には外と中の選択が可能。
また各キャラクターもかわいらしく、本ブランド特有のムチムチ
感もいい。シーンも多く、実用性も高し。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]