美少女ゲーム > スワンマニア > 中出し孕ませ母娘どんぶり

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

◆◇◆ストーリー◆◇◆
幼い頃に父が亡くなり、母は父の仕事を継いで海外へ。そのため母親の顔はほとんど覚えていない。
写真はあるが…子供を捨てた親の顔なんて見たくない……だから見た事なんて無い。
家族は姉だけで、親族の援助を受けながら二人暮しを続けていた。
そんなある日、母親が帰ってくるという連絡が俺達の所へ来た。
けど…そこに現れたのは、小さくて可愛らしい女の子。
家に妹は居ないし、親戚の子でもないその子は……なんと、俺達の母親だったのだ。
子供っぽくてハチャメチャで、しかも…エロスにオープンな人で…翻弄されっぱなし。
突然の家族全員での新しい生活に…俺は戸惑いを隠せないでいる。

◆◇◆登場キャラクター◆◇◆
▼水島広樹(みずしまひろき)
父が他界し、母親も小さい頃から海外にいるため、姉と二人暮しだった。
だから、いきなり現れた母親にどう接すればいいのか分からず、悪態を付いてしまう。
…ただ、相手が母親といえど…エッチなスキンシップならば…吝かではない。

▼水島瑠花(みずしまるか)
誰もが見惚れるほどのスタイルを誇る大学生、大人のお姉ちゃん。しかも巨乳。
家庭的な性格なため、母親代わりをしていて、何でも言うことを聞いてあげようとするくらい広樹を溺愛している。
自らの性的な知識に自信が無いので、未だ結ばれる気配が無いのが悲しい所。
萌えポイント:純粋で献身的なお姉ちゃんがエッチに乱れる様子。

▼水島蜜柑(みずしまみかん)
低身長、貧乳、くびれ無し…母親なのに体が小さく、妹っぽく見える若々しさ。
海外生活が長かったからか、エロい事に関してオープンである。
仕事面では優秀な人だが、実生活では子供っぽい性格をしているのが玉に瑕。
明るく元気で悪戯好き。行動や言動は豪快かつ大胆。
その小さい体をいっぱいに使って主人公にエッチを教えるべく迫ってくる。
萌えポイント:母親なのに、身も心も子供っぽいところ。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004491
ファイル名/ファイル容量
VJ004491.zip / 510.61MB (535416271Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 1GHz 以上
メモリ
512MB / 1GB 以上
HDD
600MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX 8.1 以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「中出し孕ませ母娘どんぶり」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!「ロリ系実母」「豊満な巨乳の実姉」を孕ませ → ボテ腹SEX

2010年04月08日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×4人

『どう見ても、主人公より年下にしか見えない実母』というのは、最初かなり抵抗がありました。しかしながら、プレイしていくと『実母』・『未亡人』・『経産婦』としての蜜柑の顔を、随所に見ることができます。
 SEXの膣口愛撫のとき、「俺はここから生まれてきたんだね」という主人公に対し、「そうよ…ママのお腹で育って、ここから必死に出てきたの」と答えるシーン。子宮を突き上げられて、「そう、そこ。ヒロくんと瑠花ちゃんが入っていたとこよっ」と答えるシーン。 
 また、主人公に対し、「『俺のこれが欲しいのか?』って、あの人みたいに言ってみて」と、亡夫がかつて言ったセリフを求めるシーンなど。これらのシーンでは、蜜柑の声は(いつものロリ声と違って)やや大人っぽい、色っぽい声になります。

 なお、非エロシーンでも、瑠花の体調不良を見て一発で妊娠を見抜いたり、母娘同時妊娠ルートで、授乳訓練用ビデオで懸命に勉強しようとする瑠花に対し「そんなの、わたしが教えてあげるのに」と言ったり、瑠花の出産時の苦労話や、主人公の出産時の思い出話をしたりするなど、『母親』『経産婦』ならではの発言が多いです。

 瑠花は、(母親と異なり)姉×弟の近親相姦へのためらい、禁忌の意識が強く、なかなか前に踏み出せません。蜜柑に唆されて、主人公に「抱かれるために」来たものの、アナルSEXです。直腸内射精のあと「どうして姉弟なんだろうね」とつぶやくなど、描写が丁寧。もちろん中盤からはふっきれてSEXしまくり。

 蜜柑ルート、瑠花ルート、母娘同時孕ませルートすべてに妊娠 → ボテ腹SEXあり。瑠花ルートで、「初めて互いの『名前』を呼び合い」ながらのボテ腹SEXにはハァハァでした。
 また、母娘同時孕ませルートでの、ダブルボテ腹ズリは、アングルも良くて大興奮させられました。同時孕ませの醍醐味だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]