美少女ゲーム > キャラメルBOX > ボクの手の中の楽園

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年03月05日
シナリオ ほしまる
イラスト クロサキ
声優 風音 / 春乃息吹 / かわしまりの / 桜坂かい
音楽 ZIZZ
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 西洋ファンタジー風異世界ADV
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

——その日、世界は凍り付いた。——

■□■ストーリー■□■
ヴァルデマール歴 343 年、不毛で凄惨な六年戦争がひとつの会議によって停戦を迎えるも、
その最中に発生した大嵐によってふたりの賢王が波に飲まれ、世界はまるで凍り付いたかの様に停滞期を迎えた。
西の祝福コルンは、戦争により傭兵王と多くの兵を失ったことで衰退。
東のミドルトン帝国は、貴族間の醜い皇位継承争いと、かねてより問題となっていた
隣国兵の侵入により、絶え間ない疲弊が住民に更なる圧政を強いることとなる。
祝福コルン領邦、離島エーデルでは、周辺国の衰退する中、腐食銀と呼ばれる
旧時代の遺産の存在によって俄に活気を帯び始めていた。
しかし町が活気付くと比例して「人間が凶暴化する」謎の事件が多発し、年を追う毎にその被害者が膨れあがっていた。

ヴァルデマール歴 347 年。
航海中に転覆した船舶から、ひとりの青年が離島エーデルに漂着する。
記憶を失いながらも不思議と事件に吸い寄せられていったその青年は、エーデルに伝わる蝶の伝説に触れ、
次第に世界を取り巻く、目に見えぬ暗雲の中へと足を踏み入れていくことになる。

——戦争終結から四年。
嵐の夜に凍り付いた世界が、静かに、けれど確かに、再び時を刻み始めていた。

■□■キャラクター紹介■□■
▼ユウ(主人公)
離島エーデルの浜辺に漂着していた冒険者風の青年。
命に別状は無かったが、漂流の影響からか記憶の多くを失っていた。
記憶を失いながらも非常に前向きで、礼儀正しく、争い事を嫌う穏やかな性格をしている。
いつも絶やさぬ笑顔で、自然と周囲の警戒心を解いてしまう、本人も無意識な特技を持つ。
男性として標準的な体格をしており、背中に腐食銀製のアルテファクトと思しき
立派な両手剣を背負っているものの、構えるその仕草は素人そのもので、剣の所有者では無い事を窺わせる。

▼テア・ボールシャイト(Thea Bohlscheid)
[身長]166㎝
[B/W/H]B81/W59/H80

エーデル辺境伯デューリング家に仕える女騎士。
若くして薔薇騎士団長の任を与えられた。
規律を重んじた言動が多く、性格は極めて事務的で冷淡——かと思いきや、
会話下手に加え表情の変化に乏しいことが、彼女をそう見せているに過ぎない。
幼い頃から剣を手にし、手先は器用で刃物の扱いは得意としているが、料理その他家事全般は苦手。
両親の形見であるアルテファクトの短剣を右腰に、兄の形見である細身の長剣を左腰に佩いた
彼女の剣技は、優雅でありながら鋭く、現鉄騎士団長を押し退けエーデル随一と呼び声が高い。

▼エリノア・ベッシュ(Ellinor Besch)
[身長]168㎝
[B/W/H]B90/W58/H89

一年前、宮中伯ヴァーリア・クーニッツの口添えでエーデル薔薇騎士団に所属することになった女騎士。
騎士団に名を連ねるに相応しい剣の使い手で、豊かな教養と
知識を有していたこともあり、騎士団内でその存在感を増しつつある。
が、能力としては申し分無い一方で、官職に就くことは頑なに固辞し続けるという、掴み所のない一面を持ち合わせている。
性格は完璧主義にして融通の利かない頑固者。
口数の少ない方ではないが、能力の劣る者に対しては、年齢性別問わず
厳しい態度を取ることから、他人を極端に遠ざける傾向にある。

▼クリスティアーネ・デューリング(Christiane Duhring)
[身長]155㎝
[B/W/H]B71/W50/H70

薔薇騎士団に所属する女騎士にして、デューリング家のひとり娘である少女。
団長テアに憧れて騎士団に所属するも、宛がわれた副団長の地位とは裏腹に身体は弱く、剣技も決して高いとは言えない。
性格は非常に素直でかつ表裏が無く、領主の娘でありながらにこやかで礼儀正しく育っているため、
騎士団内では腕に不相応な職に名を連ねながら、騎士団の女性達の妹的な存在になっている。
趣味としている読書から様々な知識を得ており、殊、アルテファクトに関しては知識だけではなく鋭い鑑定眼も見せる。

▼ルーツィエ・クーリー(Luzie Coulee)
[身長]158㎝
[B/W/H]B84/W57/H82

エーデル旧市街の宿に逗留する冒険者。
宿ではティム・アルノルトと名乗り男性に変装しているものの、残念ながら
どこからどう見ても凛々しい少女そのもので、周囲からは奇異の目を向けられている。
沈着冷静で豊富な知識を持ち、魔術にも精通している。
口調も視線もどことなく他人を見下した印象で、貴族や騎士など、権力を有する者達を極端に嫌う傾向にある。
一方で自分の変装が見抜かれるはずがないとおかしな自負があるのか、女性扱いされると
赤面し怒鳴り散らしつつ否定する等々、年相応の愉快な一面も持ち合わせている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004450
ファイル名/ファイル容量
総計 2.5GB
VJ004450.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ004450.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ004450.part3.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ004450.part4.rar / 268.1MB (281123499Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 2GHz 以上
メモリ
256MB / 1024MB以上
HDD
3.0GB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.0 以降

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ボクの手の中の楽園」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

萌え(2) ファンタジー(2) 燃え(2)

世界観が良い

2012年05月05日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

緻密に構築された幻想的な世界観と分かりやすい文章、および魅力的な登場人物がプレイヤーを物語の中へ引っ張ってくれます。シナリオが長過ぎることも短過ぎることもないので、あまり時間がない人でもお手軽にプレイすることが出来るでしょう。ただ、個人的には物語のラストがやや物足りない展開になってしまったことが勿体無かったように思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!飛べ、舞い踊れ蝶たちよ

2010年04月08日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

キャラメルBOXが送る、相変わらず世界観の完成度がとてつもない中世風ファンタジー。
歴史や伝承、魔術や錬金術などの設定は細かく見事に作られながら、
それに任せて大風呂敷を広げることなく、一つの島の中で物語が纏められており、綺麗に終わります。
確かに少々短い印象もありますが、テーマや世界観を考えればこのくらいがいいのではないかと。
ただ、ルートによって主人公の素生や四年前などの種明かしの度合いがかなり違います。
攻略順によっては、目新しい情報が一切開示されないままのすっきりしない終わりもありますので、注意を。
個人的な推奨攻略順はルーツィエ(ティム)→クリス→エリノア→テア。最初の二つは逆でもいいかも。
あと、主人公はかなり紳士的。行動がいちいち格好いい敬語キャラです。ただし年齢不詳。
広い範囲の人におすすめできる作品ですが、特にファンタジー世界観が好きな方々に。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]