美少女ゲーム > unicorn-a > 詩篇II ~再誕のカタストロフ~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 unicorn-aフォローする
販売日 2010年02月19日
シナリオ 天崎カケル / 高橋直樹 / 卯月一葉 / 中江庸嗣 / 薬矢元八郎
イラスト 小倉みゅう / 西脇ゆぅり / あまぎみちひと / 弥舞秀人
声優 香澄りょう / 成瀬未亜 / このは / ももぞの薫 / 歌織 / 小次狼 / 水純なな歩 / 古河徹人 / 杉原茉莉 / 小次狼 / 花南 / 中家志穂
音楽 SOUND HOLIC
年齢指定
作品形式
シミュレーション / ファンタジーシミュレーションアドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

【ストーリー】
詩篇69章—
戦乱をもたらしたその禁忌の力が今再び解き放たれる——
人々の信仰の礎となる聖典「詩篇」。その中でも、編纂者の意図を超え力ある書として生まれおちた「詩篇69章」。
かつて起きたバランレインによるハイドパイル侵攻作戦。その裏には禁忌とされたその力をめぐり、壮絶な争いがあった。
魔剣ベルフェゴールを持つアクバルと打倒したフェリクスは聖剣エルゼスフィアーによって
「詩篇69章」を封じ戦いは幕を閉じる。
あれから20年—
バランレイン軍によって蹂躙されたハイドパイル領は、英雄フェリクスの統治のもと復興し、人々の顔に笑顔が戻ていた。
そんな中、ハイドパイルのスラムで、孤児たちと何でも屋を営むジャン・デュポンに
聖剣エルゼスフィアーを盗むという仕事が舞い込む。破格の報酬につられ、依頼を受けるジャンだったが、
それはイィルクーン大陸全土を巻き込む大いなる激動の始まりだった。
ジャンは運命のうねりに翻弄される中で、五人の女性と出会う。
その出会いはさらなる変革を引き起こす。
激動の果てに掴む未来は何を見せるのか—

【世界観】
物語の舞台となるのは「イィルクーン」地方。
前作の主人公であるフェリクスが治めるハイドパイル領、新王を迎えた聖王国「クランヴァール」、
クランヴァールの王女を妃として迎え関係を強めた法王国「エディンガルド」、
戦に敗れ壊滅状態となたか大陸西方の雄「バラレイン」など前作と関係の深い場所や人物が登場します。
さらに今作では「バランレイン」の北方にある魔導兵器を用いる軍事国家「エレクトス」が登場。
世界観にさらなる深みを加えます。

【登場キャラクター】
◆ブランシュ・ルクレール
ハイドパイル騎士団に所属する女騎士。
本人の才能や努力により、屈指の精鋭ぞろいであるハイドパイル騎士団において、登用されてから日が浅いが
リルフィニア(前作のメインヒロイン)から重用されている。
ブランシュにとってリルフィニアは目標であり、憧れである。しかしリルフィニアにあこがれ、
そうなろうとするあまりに堅物となってしまい、素直になれないことも多い。

◆ルネ・フォルトゥナ
エール族の末裔で両親は健在だが、アリア(前作のヒロインのひとり)のに気に入られ義娘となった。
アリアには劣るものの強い力を秘めているが、しかしうまく力を制御して引き出すことができないため、
普段は見せないがそのことを気に病んでいる。
普段は気まじめだが、親しい人に対しては歳相応の無邪気さを見せる。
特にソフィアと仲がよく、王女と巫女という互いの立場と関係なく友人関係を築いている。

◆ソフィア・ベルツェリウス
エディンガルドの王女でマリーとジークフリートの娘。
非常に高飛車でわがままだが、これは王女だからというわけではなく、召喚能力と弓の才能という
自分の能力に対する自信からきているものである。
だからこそ、自身が認めた相手からは対等に扱ってもらう事を望んでいる。
ルネとは王女と巫女という互いの立場と関係なく友人関係を築いている。

◆イルマ・イェーガー
行方不明の兄を探し、情報を得るために人が集まる宿屋で看板娘として生活していた。
エレクトスに兄がいるらしいと知り、エレクトスが進軍したハイドパイルに向かう途中でジャンたちと知り合う。
男勝りで熱血系だが、宿屋で働いていたという事もあり、料理や裁縫など家事は得意で女の子らしい一面もある。
胸の小ささが悩み。

◆ネリー・ブラン
バランレイン出身でガイストの目を持つ女性。オルヴァガイストの知恵を受け継ぐものは
いなくなったため、自身の力が何なのかはわかっていない。
しかしその力を直感的に使いこなしており、魔力の流れを見ることで、占い師として生計を立てている。
また聖剣エルゼスフィアーと交信することができ、その言葉をジャンたちに伝える。
掴みどころのない性格で、たいていのことには動じず笑って済ます、ある意味すごい人物。変わったモノが好き。

◆ジャン・デュポン
20年前の戦乱から復興したハイドパイルだったが、そこには新たな問題があった。
家や家族を失ったもの達がコミュニティをつくり、そこに瓦解したバランレインから
難民が加わり町の一部はスラムと化していた。
そのスラムで孤児と共に何でも屋を営む青年がいた。
過去の記憶がない彼は自分に対しての皮肉をこめてジャン・デュポン(非常にありふれた姓と名)と名乗っていた。
生きるため、そして孤児たちを生かすためならば、彼には地位も名誉も、法すらも関係なかったのだ。

◆アロイス・ランジュレ
聖剣エルゼスフィアーを盗み出すように依頼した男。
ジャンの過去について何かしらを知っている様子がある。
エレクトス軍に指示を出しており、実質的な最高権力者である。
エレクトス軍のクランヴァール、エディンガルド侵攻は彼の指示であり、詩篇69章の力を狙っている。
魔道の力が弱いエレクトスにおいて禍々しいまでに驚異的な魔力を誇る。

◆ライナルト・イェーガー
エレクトス軍・部隊長。イルマの兄で、旅先でアノーアと出会い恋仲になるが
アノーアの村が襲われた際に、戦闘力の高さを買われそのまま操られる。
アロイスと同じくベルフェゴールのかけらから作り出された魔剣をもっており、
魔剣の力を試すための実験台として操られている。
量産型魔剣であり、アロイスのものより威力は劣るが充分脅威である。
ライナルトとしての意識はほぼなく、アロイスの命令を忠実にこなす。
しかしアノーアの危機には過敏に反応する

【特別強化版】
「詩篇II」をより多く楽しんでいただくために、ユニットのステータス、マップの構成を変更した
「特別強化版」パッチを同梱しています。
特別強化版を適用する事で、敵ユニットの配置や行動パターン変更、ステータスの強化等が行われ、
より手応えのあるシミュレーションパートを楽しむ事ができます。
こちらはシミュレーションゲームが得意な方、手ごたえを求める方にお勧めいたします。
この特別強化版を適用すると、ノーマルとハードの両方が強化されます。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004398
ファイル名/ファイル容量
総計 2GB
VJ004398.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ004398.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ004398.part3.rar / 519.04MB (544249397Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / 2GHz以上のCPU
メモリ
128MB 以上 / 256MB 以上
HDD
2.5GB以上
VIDEO
DirectX9.0c以上に対応し、64MB以上のVRAMを搭載したグラフィックアクセラレータボード
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX9.0c以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002770D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002770D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「詩篇II ~再誕のカタストロフ~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

萌え萌え騎士戦略 チュウ

2012年06月18日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

前作の戦いから20年、世界はどう動くのか?!
・・・な〜んて少々大袈裟に表現してみましたが、この作品は
前作を知らない方でも大丈夫な作り、ご安心を。

まぁ、一口に申せばこの作品はガ○ダムでいうところの「ポ○ットの中の戦争」という感じですね。
前作が全体的に悲壮なだがドラマチックな物語ならばこちらは甘酸っぱいな思春期青春譚って感じ。

戦闘システムは基本的に前作と同じですが、難しいですね。
何が難しいかって、戦隊のバランス的に・・・。前作の場合
フェリクス、リルフィ、ウルリカと壁役が3人いたわけです。
が!今回の場合壁役がジャンとブランシュしかいない。

もう少し突っ込むと前作は前衛3中衛1後裔2、今作は前衛2中衛2後裔2。
ですが中衛の一人は基本的に魔法攻撃主体なので、実質後衛
ですので序盤からバランスよく育成しないと後半で詰まります。(冗談でもなんでもなく)

この作品の良い点は、前作のネタを上手く生かしていることと
話全体が明るいことですね。特に前作のサブキャラまで
会話の中とはいえキッチリ織り込んでいるのはファンとしては嬉しいものです。

逆に残念な点はせっかく魅力的なキャラがいるのに物語が
共通化していること、前作は共通化している部分があっても
ラスボスの打倒の仕方は別でした。これは非常に残念です。

もうひとつはユニーク武器。前作は「笑えて且つ使える」でしたが
今回は正直使いにくいです、さらに見た目が変化しない(これ重要)
必殺技と攻撃のときはさすがに変化してくれますが、ノーマル状態が変化してくれないと・・・。
前作のユニーク武器の出来が良かっただけに無念です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]