美少女ゲーム > ルネ > エルフの双子姫・ウィランとアルスラ「私はどうなってもいいから、お姉様には手を出さないで……!」

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ストーリー
様々な種族が暮らすレイテトリア大陸。
この大陸には、2つの大きな国があった。
一つは人間が支配する国『スヴェルバニア』
今一つはエルフが支配する国『フレルデニア』である。
かつてエルフ達は貴族と呼ばれ、人間を遥に超える能力と長寿、
そして魔道の叡智により永らく世界の主として繁栄していた。
しかし、元々エルフの奴隷として使役されていた人間達の一斉蜂起により独立が果たされ、大陸は分断。
それから、両国……両種族の永きにわたる対立が始まった。
個々の能力に勝り魔法を自由に操るエルフに対し、数に勝り様々な道具を駆使する人間。
不毛な争いは、どちらに分が傾くということもなく、危うい均衡を保ちながら幾年もの歳月を重ね続けた。
そして、現在——
長引く争乱に両種族達は、すっかりと疲れ果て、戦いの意義を見出せなくなりつつあった。
元より、互いの種族を根絶やしに出来る筈もないことは分かりきっている。
おびただしい血を流し続けた果てに得られるものが、
それだけの甲斐があるものか……人々はとっくに気づいていた。
やがて、双方の国王は和平交渉への道を探るようになり——
幾度かに渡る使者の行き来を経て、遂に一つの結論へと合意するに至った。
それは、過去の歴史の慣わしに用いられた血の交流。
即ち、互いの跡取りを結婚させ、血族とさせるということである。
無論、その結論にたどり着くまでに、様々な紆余曲折があったことは言うまでもない。
大国同士の、それも異種族による婚姻なのだ。
特にプライドの高いエルフ側……中でも、王族や支配階級に多いハイエルフ達には、
根強い反発の声も大きかった。
だが、それではどうするべきなのか……いざそれを問うた所で、
彼らに民衆を納得できるだけの案がある訳ではなかった。
このまま戦いが長引けば、徒に互いの国力を消耗し、それが更なる混乱、分裂を呼び起こす可能性もある。
事が急を要する中、それが実現に至ったのは、当事者たるフレルデニアの第一姫、アルスラの存在が大きい。
かねてより両種族の対立に深い憂慮の念を抱いていた姫は、
自分の身が和平の礎となるのならば喜んでと、賛意を示したのだ。
彼女はハイエルフの誇りを持つことと、人間と対等に接することは何の矛盾もないと説き……。
この不毛な関係を一刻も早く解消すべきであると、憂慮の言葉を表明し、両国の民衆から高い賛意を得た。
当の姫君からそう言われては、反対派もそうそう強く突っぱねることは出来ない。
かくして——
大いなる大陸の分断は、この婚儀を境に再び一つへと戻り、
長い動乱も終わりを告げる……そんな期待に世界は包まれていた。
尚も慎重な協議を重ね、やがて吉日が選ばれる。
そして、結婚式の開かれる前日。エルフの姫は供を引き連れ、人間の国との国境にさしかかっていた……。

■登場キャラクター
●ウィラン・ラステイル・アマスティラ
ハイエルフ
エルフ王国・フレルデニアの次代を担う双子姫、その妹姫にして第二姫。
その立場と非凡な剣の腕をもって、
『明星の戦姫』として名を知られており、同王国の聖騎士団長をつとめている。
性格は勝気で生意気なお嬢様。
エルフ以外の種族を見下しているが、それはそういう教育を受けてきた影響によるもの。
本来は姉同様に心優しい娘である。

●アルスラ・マギスティル・アマスティラ
ハイエルフ
エルフの王国・フレルデニアの次代を担う双子姫、その姉姫にして第一姫。
おしとやかで優しく慎み深い性格で、エルフと人間の争いに心を痛めていたため、
和平の礎となるべく、人間の王家に嫁ぐことを決めた。
その魔力は国の中でも並ぶ者が無く、自身の穏やかな性格とも相まって『黄昏の麗姫』の二つ名で呼ばれる。
王族の娘だが気取ったところが無く、家事が好きなど家庭的な面も。

●メイリーン
ダークエルフ
古(いにしえ)からエルフと対立しているダークエルフ族の娘。
一人で大陸を放浪していたときに人間の盗賊団に捕まりそうになるも、主人公に助けられ
九死に一生を得る。その時から主人公にその身を捧げ、
以来、優秀な副官として付き従う。彼女にとっては主人公が全てであり、
彼が望むなら自分の命さえいらないと思っているので、主人公以外には冷徹に接する。
ただし、主人公と二人っきりになると子供のように甘えてくる。

●リンナリンナ
魔族と人間のハーフ
魔族の父親と人間の母親の間に生まれた娘。同族から出来そこないとしてつまはじきになり、
悪い人間に角のある魔物として捕獲され、奴隷として見世物小屋で働かされる。
あるとき、奴隷市場で他の奴隷と交換されるところを商隊ごと主人公の部隊に襲撃され、
金品と一緒に強奪されるときに彼女が魔族だと気付いた主人公の気まぐれで解放される。
解放されてはみたものの、行くあてもないので主人公達の後についてきてしまい、
しかたなくそのまま隠れ家の掃除や洗濯などの家事を担当するメイドとして雇われている。
うっかりミスも多いが明るく健気な女の子。

●???
主人公の前に現れる、魔族の少女。
ほとんど言葉を発することもなく、表情も変わらないため、何を考えているのか、その目的なども不明。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004346
ファイル名/ファイル容量
総計 1.63GB
VJ004346.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ004346.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ004346.part3.rar / 147.27MB (154422934Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / Pentium4 1.2GHz 以上
メモリ
128MB / 512MB 以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003393D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003393D)

エルフの双子姫・ウィランとアルスラ「私はどうなってもいいから、お姉様には手を出さないで……!」の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「エルフの双子姫・ウィランとアルスラ「私はどうなってもいいから、お姉様には手を出さないで……!」」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!無題

2010年02月08日   投稿数 : 5位

このレビューは参考になった×3人

堪能させていただきました!

騎士である妹も、姫である姉も、とても素晴らしい!
「お前がやらなけらばもう一人にやってもらうだけだ」
「姉様(もしくは妹)には手を出さないで!」
といった感じに脅迫して、調教していくゲームですね。
調教の段階と選択によっては、姉妹同時調教も可能!そうでなくちゃ!

双子姫を調教する以外にも
部下に探索させて、調教に使用できるアイテムを見つけてきたりとか
周囲を探索して、捕虜をゲットして、ついでに軽く調教してみたりとか。
メインの調教以外も色々できるのがいいですね。

あと、処女率も高いので、「処女大好き!」という方にもオススメかも。

EDも色々あるみたいですし、ストーリーも面白いので、
かなりの間楽しませてもらえるソフトだと思います。 オススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]