美少女ゲーム > flap > Rain memory−あまやどり−

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 flapフォローする
販売日 2010年01月22日
シナリオ 神堂劾
音楽 EIM with SOUND IMAGE♪
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 夢と現(うつつ)が交錯する不思議感覚アドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

★ストーリー
いつもの街並みをいつもの時間に、車で通りすぎる。
今日は、今日こそは大学の講義に出るはずだった。
だけど………気が付いたら車を路肩に止めて駐車していた。
(この分じゃ……また講義をサボるつもりなのかな、僕は)
そう思いながら、ハンドルに顔を伏せる。
サボる理由は?
——雨が降っていたから。
カメハメハ大王のような理由だと、自らを省みて苦笑する。
僕は、雨が嫌いだ。
理由は…………なんなのだろう。自分でもよく判らない。
そんなもやもやを振り払おうと顔を上げる———と。
そこに、雨宿りをする彼女—玲音(れいん)—がいた。
自分でもよく判らない。
でも、気が付くとドアを開けて、彼女を招き入れていた。
雨の日に雨(レイン)という名前の子を乗せる——。
その偶然に、僕はきっと自分が嫌いな雨を重ねてしまうのだろうと思っていたのだけど……。
そうは、ならなかった。
こうして、止まっていた「雨−レイン−の記憶」が、再び動き始める。

★登場キャラクター
■主人公:青葉真(あおば まこと)
医学部医学科1年生。
雨が苦手。というより「嫌い」。
両親も医者であり、入院施設もあるそこそこ大きな病院を経営している。
難関を突破して医学部に入学したにも関わらず、いつの間にか自分が医者を志した理由を
明確に思い出せなくなっており、現在はあまり真面目に講義には出ていない。
女の子をナンパするような性格ではないのだが、なぜかヒロインに惹かれてしまう。

■雨宮玲音(あまみや れいん)
主人公が卒業した学園に通う3年生。チアリーダー部所属。
外見からはやや大人しい感じを受けるが、しゃべるとかなり快活で積極的な性格。
主人公を「おにいさん」と呼び、口調は基本、砕けた感じでたまに丁寧語。
主人公とは初対面のはずだが、彼のことをすでに知っているような素振りを見せる。
と同時に、主人公自身も記憶と噛み合わない不思議な感覚に襲われていく。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004341
ファイル名/ファイル容量
VJ004341.zip / 334.09MB
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / Pentium4 1GHz 以上
メモリ
256MB / 384MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX 8.1 以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Rain memory−あまやどり−」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

彼女の正体は…

2013年06月16日  

このレビューは参考になった×1人

大学生の主人公が雨宿りをする少女を車に乗せて
その車の中で過去の記憶を回想するという内容の作品です。
主人公は彼女と過去に面識があったようなのですが、
一度のプレイではわからず、その真相は複数回クリアした人にしか分かりません。

『可愛らしいヒロイン』よりも『深いストーリー』を好む人にお勧めの作品です

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]