PCソフト > StudioRing > はじめてのおてつだい

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年01月22日
シナリオ まちゃ吉 / 麦茶々・°・(ノД`)・°・
イラスト いちりん / みゃ〜 / Sin-Go
声優 草柳順子 / 安玖深音 / 榊原ゆい / 成瀬未亜 / まきいづみ / 涼森ちさと / あさり☆ / もっち / 須藤彦一 / 天天 / 佐々木あかり / 森川明大 / 佐倉凛 / 紬叶慧 / 新田祐一
音楽 カレーまん
その他テーマソング:『ハートのベルはring ring ring』 唄:ましろゆき
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / おてつだいあどべんちゃあ
その他
ジャンル

作品内容

★ストーリー
夏休みが始まる前、僕はお世話になっている大家さんから、とんでもない事を頼まれた。
「今月はいろいろ修羅場なの。和彦くん、メイドカフェを頼めるかしら?」
僕が住んでいるマンションの一階にある『カフェ・ツインズ』のことだ。
「娘達もいっしょに手伝ってくれるから、よろしくね」
キョトンとする僕を残して大家さんは立ち去っていった。
そして、妹みたいに思っていた双子の女の子と、
メイドカフェを営むことになったのだ…

作品情報/動作環境

作品番号
VJ004334
ファイル名/ファイル容量
VJ004334.zip / 1.07GB (1144058618Byte)
CPU
PentiumIII 1GHz以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX5以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003338D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003338D)

はじめてのおてつだいの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「はじめてのおてつだい」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!はじめてシリーズ最終作

2015年05月07日  

このレビューは参考になった×0人

お留守番から続くはじめてシリーズ最終作
今回は攻略ヒロインが6人に増え、またカフェを運営というシミュレーションパートが増えました
ここの部分は何度もプレイするとめんどくさくなってしまうかも
前作と比べてコスプレエッチシーンや、1人あたりのエッチシーンは少なくなったものの
CGのクオリティなどはそのままなので
この値段でこれはオススメです

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!Twins Story Vol.4

2010年01月28日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×3人

[はじめての双子シリーズ]の最終作に当たる作品で、双子達とカフェを運営して行くシミュレーション系アドベンチャーです。
従来の双子シリーズと大きく異なる点として、今までは1組の双子が攻略ヒロインだったのに対し、この作品では3組6人が攻略対象で、ロリ系双子(成瀬あゆか・まゆか)のみならず、ショタ系双子(桃野ゆうき・いつき)、アダルト系双子(宮前ひとは・ふたは)と、バラエティに富んだ組み合わせになっています。
ゲームは日単位で進んで行き、毎朝お勧めのメニューを決め、ウェイトレスの双子達(桃野姉妹と宮前姉妹は後から参入)に午前と午後のシフトでそれぞれ[接客・料理・掃除・休憩]の内からどれをやらせるかを割り当てます。ただし、休憩以外の役割には1種類につき2人までしか割り当てる事が出来ません。与えられた役割をヒロインが上手くこなしたか失敗が目立ったかによって、その日の売り上げが上下し、それがひいては主人公の給料にも影響する仕組みになっています。
尚、舞台となる【カフェ・ツインズ】は週1回休みがあり、この日は選んだ双子とデート出来たりウェイトレス修行を手伝ったりと、様々なイベントが起こります。
それと「過去のツインズがゲスト出演する」という定番イベントは、この作品でもしっかりと存在し、[はじめてのおるすばん]の観月しおり・さおり、[はじめてのおいしゃさん]の朝倉ゆうな・まいな、[ななみとこのみのおしえてA・B・C]の西村ななみ・このみがゲスト出演し、ストーリーに華を添えてくれます。
印象に残ったのはあゆかの寝ボケイベントでした。寝惚けて主人公のベッドに潜り込み、夢現な所をまゆかの一言で一気に目覚め、あわあわする姿は笑えました。
コスプレ要素は極端に減ってしまったものの、人数が増え、ボリュームが増しているので、それを差し引いても十分に満足出来る内容と思われます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]